ロッキー/ライズをロックオン!! ホンダのコンパクトSUV「WR-V」が年内登場ってマジっすか

ロッキー/ライズをロックオン!! ホンダのコンパクトSUV「WR-V」が年内登場ってマジっすか

 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズによって火が着いたコンパクトSUV市場。この全長4mクラスのマーケットに参入しようとホンダも動き出した。新興国向けモデル「WR-V」を転用し、日本へ投入しようというのだ。早速その詳細をお伝えしよう!

文/ベストカーWeb編集部、写真/ホンダ

■ヴェゼルよりも270mm短い全長は4060mm

2016年に新興国向けにデビューしたホンダ WR-V
2016年に新興国向けにデビューしたホンダ WR-V

 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズの全長は3995mm。ちょっと長くてよければヤリスクロス(4180~4200mm)やヴェゼル(4330mm)もあるのだが、SUVはとかく大きく見えることもあり、「ロッキー/ライズのサイズがいい」と考えるユーザーは少なからずいる。

 そんなユーザーを取り込もうと動き出したのがホンダだ。前述した通りホンダにはヴェゼルがあり、フィットのアクティブ仕様としてクロスターもあるのだが、よりオフロード色の強いコンパクトSUVに商機ありと判断したようだ。白羽の矢が立ったのは、東南アジアや南米で市販してきた「WR-V」だ。

 そもそもWR-Vとは、3代目フィットをベースとして2016年にデビューした新興国向けSUV。それが2022年末にフルチェンジして2代目へと進化したのだが、これがまた端正な顔付きで実にカッコいい! 北米のCR-Vやパイロットにも通じるたたずまいなのだ。

 ちなみに初代はブラジルとインドで生産されたが、この2代目はインドネシア製造。おそらく日本にもこのインドネシア製が輸入されるはずだ。

 肝心のボディサイズだが、全長4060mm×全幅1780mm×全高1608mm。全長はヴェゼルよりも270mm、フィット クロスターよりも35mm短い。いっぽうグローバルモデルだけあって全幅が1780mmある点は注目。ロッキー/ライズとの棲み分けはこの全幅が決めるだろう。

次ページは : ■もちろんホンダセンシングも標準装備!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!