【タント ジムニー ムーヴ ワゴンR…】ダイハツvsスズキ 歴代名モデルで選ぶベストナイン


 21日のイチロー選手引退、ご覧になってましたか。企画担当はBS日テレで会見を見させていただきました。最後まで鮮烈な印象でしたが、今年のプロ野球があれで全部持ってかれたような印象も正直否めません(まだ開幕もしていないのに)。

 さて、そんなところで「もしあのメーカーがプロ野球球団だったら、あのクルマはどのポジションだ?」なんてことを考えてみました。

 今回は永遠のライバル(といいつつ、スズキ・トヨタの協業検討なんてニュースも入ってきてたりしますが)スズキとダイハツでシュミレーション。名車もあれば珍車もあり、多くの特徴的なモデルを世に出し続けてきたスズキ、ダイハツの両メーカーだからこそ楽しめる企画。

 やりだすと、意外とハマる!?

※本稿は2019年2月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年3月10号


1.センター

●スズキ スイフトスポーツ(2003年登場・現在は4代目)

「走攻守」三拍子揃った、とはまさにスイスポのようなクルマのためにある言葉じゃないだろうか。特に速さで魅せる現役(現行)モデルならこのクルマをおいてほかになし。海を渡ったばかりのイチロー選手になんとなく重なります(守備位置はちがいますけども)

●ダイハツ ストーリア(1998年登場・2004年現役引退)

 車体サイズや排気量など、「世界最低燃費車」として名を馳せた名選手シャレードの後継者。「X4」はラリーでも活躍。2004年、双子のルーキーブーン(とトヨタのパッソ)のデビューの影で惜しまれつつ引退したが、ポテンシャルの高さを見てほしい!

2.ショート

●スズキ ワゴンR(1993年登場・現在は6代目

 守備範囲の広さ=広い購買層ですもの!

●ダイハツ ムーヴ(1995年・現在は6代目)

 守備範囲の広さと堅実性(=安全性)で魅せるのがムーヴ。

次ページは : 3.ライト

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ