トヨタ 新型クラウンスポーツ登場でもハリアー人気は続く予感

トヨタ 新型クラウンスポーツ登場でもハリアー人気は続く予感

 ついに、2023年秋にトヨタ 新型クラウンスポーツが発売開始する!! 今回は、SUVのリーダー格である「ハリアー」とどう戦っていくか、検証してみた。とても気が早いと思うが、どのような戦いが見れるのだろうか!? 

文/佐々木亘、写真/TOYOTA、PORSCHE

■前評判の高いクラウンスポーツとはどんなクルマなのか

HEVが2023年秋頃、PHEVは2023年冬頃に発売予定となっているクラウンスポーツ
HEVが2023年秋頃、PHEVは2023年冬頃に発売予定となっているクラウンスポーツ

 発売予定が2023年の秋以降と公式HPに明示されたクラウンスポーツ。昨年(2022年)7月、クラウン4台が登場し度肝を抜かれたワールドプレミアから、間もなく1年が経過する。

 前評判の高いクラウンスポーツが、トヨタSUVのリーダー格ハリアーとどう戦っていくのか、両者の未来を考えていく。

 真っ赤なボディカラーが印象的なクラウンスポーツ。乗り降りしやすいパッケージングと、俊敏でスポーティな走りを楽しめるとトヨタがうたう、新しい形のSUVだ。

 現在発表されているスペック(数値は開発目標値)を確認していこう。

 ボディサイズは全長4710mm、全幅1880mm、全高1560mm、ホイールベースは2770mmだ。タイヤサイズは21インチを予定し、乗車定員は5名となる。

 パワートレインのくわしい情報はまだない。HEVとPHEVが用意され、ともに駆動方式は4WD、純ガソリンエンジンの搭載予定はないようだ。

 ホイールベースが長く、フロント・リアのオーバーハングは他の国産SUVと比較して短く感じられる。

 個性を出しながらも美しくまとめられたエクステリアは、欧州高級SUV群にも引けをとらないだろう。

 デザインに関しては一級品という評価も多い中で、気になるのは走りの部分。今後、登場時期が近づいてこれば、クラウンスポーツの本質である「スポーツ」の部分も明らかになってくるはずだ。

■クラウンスポーツと同門「ハリアー」との対決を考察!! 

高級感のあるデザインや上質な室内空間で高い人気を誇るハリアー
高級感のあるデザインや上質な室内空間で高い人気を誇るハリアー

 クラウンスポーツとハリアー、両者のボディサイズを比較すると、全長は現行ハリアーの方が、30mm長い。

 しかし、全幅はクラウンスポーツが25mm広く、全高は100mm低くなる。ハリアーをよりロー&ワイドにしたのがクラウンスポーツだ。

 インテリアでは、ハリアーが落ち着きや静寂といった、大人のプレミアムを引き出しているのに対し、クラウンスポーツからはアグレッシブな躍動感を感じられる。

 ホールド感の高そうなスポーツシートからは、ハリアーとは対照的な激しさが垣間見えた。

 価格面ではHEV・PHEVに加えて、純ガソリンエンジンがあるハリアーが有利か。HEVに対して安いという点は、ハリアーのアドバンテージになるだろう。

 ここまで比較をしてきたが、同門対決となったときに、どちらかに分があるとは言い難い。

次ページは : ■ハリアーとクラウンスポーツの協力関係がSUV市場の将来を活性化させる!!  

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します