【ロードスター、NISMO…】 300馬力未満で楽しいクルマ 9選

【ロードスター、NISMO…】 300馬力未満で楽しいクルマ 9選

EUで現在進められているようなCO2規制が進むと、GT-RやNSXを始めとした大パワーの名だたるクルマたちが存亡の危機に立たされる。日本が世界に誇る名車たちがいなくなってしまうのは寂しいし、何より「日本のクルマ、大丈夫か?」なんて不安にも駆られてしまう。

しかし、300馬力未満でも楽しいクルマはたくさんある。ハイパワーを誇る名車にも負けない「走る歓び」を与えてくれるクルマたち。そんな趣旨で、モータージャーナリストの清水草一氏にお話を伺ってみた。

※本稿は2019年2月のものです
文:清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年3月26日号


■大パワーはほんとうに必要か?

年齢的な問題もあり、個人的には「もうパワーの時代は終わった!」と思っている。まあ、これまでずいぶんパワーのあるクルマに乗ったってこともあるけれど、もうパワーはいらん! パワーなんてほどほどで充分! 軽快なクルマのほうがずっと楽しい! もう300馬力なんて、全然イラナイっすよ!

私はフェラーリを乗り継いでるけど、今は270psの328が実にちょうどいい。ホントはこんなにもいらないんだけど。

ということで、300ps以下で運転が楽しいクルマを、国産車中心に、9車種、10モデル挙げてみよう。

●トヨタ/スバル 86/BRZ

間違いなく世界の傑作。世界的に超希少な小型FRスポーツだ。この楽しさはボクスター/ケイマンに匹敵するでしょう。

207ps/21.6kgmの出力を発生する2Lの水平対向4気筒エンジンを搭載。ボディサイズも絶妙

●ホンダ ジェイドRS

超不人気なれど、この低重心高性能シャシーと1.5Lターボの組み合わせを知ったら背の高いミニバンなんか乗ってられん!

ミニバンボディでありながら走りが評価されたジェイドRS。1.5Lターボを搭載する

●ホンダ シビックハッチバック

スポーティなシャシーに、1.5Lターボと6MTの組み合わせは、ボディの大きさを感じさせない小気味よさ。

ホンダ シビック ハッチバック

●マツダ アクセラ

まもなくフルモデルチェンジだけど、基本がイイので現行モデルでも充分楽しい。

アクセラ(写真は現行型)

●日産 ノートe-POWER NISMO

ワンペダルドライブは、それだけでかなり刺激的です。

ノートe-POWER NISMO

●スズキ スイフトスポーツ

国民車に推したくなるほど間口が広くて万能、それでいて超楽しいスポーツハッチ。

140ps/23.4kgmを発生する1.4Lターボを搭載。先代の1.6L、NA時代も楽しかった

次ページは : ●マツダ デミオ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ