[GT-Rは? NSXは? スープラはどうなる??] 消滅!? 前に乗っておきたい 日本の300馬力オーバー車 10選

 EUが進めているCO2の新規制。簡単に説明すると、メーカーごとに生産するクルマ全体のCO2排出量の上限が定められ、それを超えると1グラムごと(!)に罰金が課される、というものだ。

「メーカーごとの規制値」なので、いきなり「このクルマはもう売ってはいけません」と特定のクルマが指定されることはないのだが、いずれにせよハイパワー車、大きな馬力のクルマたちはだんだん肩身の狭い思いをしてゆくことは間違いないだろう…ということなのだ。

 ハイパワーを誇るクルマたちを楽しめる時代。その終焉が確実に迫ってきている。そうなると、考えたくはないが最悪消滅してしまう車種もあるかもしれないわけだが……。では、もしほんとうに消滅してしまうならその前に乗っておきたい、今後貴重な存在になりそうなモデルはどれだろう?

 GT-R、スカイライン、WRX STI、アルファード・ベルファイア、そしてスープラ。名だたる日本の300psオーバー車から、自動車ジャーナリスト 国沢光宏氏と岡本幸一郎氏が選ぶベスト10は次のとおりだ。

※本稿は2019年2月のものです
文:国沢光宏、岡本幸一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年3月26日号


■規制の違うアメリカではなくならない?(国沢光宏のベスト10)

 EUのCO2排出規制、問題になるのは燃費である。ということで、電気を組み合わせたパワーユニットのクルマなら生き延びられます。好例がNSX。電池搭載量を増やすなど、いくつかの対応策を打てば対応可能。

 また、スープラのような車種も、トヨタとBMWはハイブリッドやPHV技術を持っているため、生き延びることはできると考えていいだろう。逆に私が挙げた10車種についちゃ極めて難しいんじゃなかろうか。

〈国沢光宏の今乗っておきたいベスト10〉
1位 日産 GT-R[NISMO含](570ps)
2位 スバル WRX STI[RA-R含](308ps)
3位 トヨタ ランドクルーザー(318ps)
4位 ホンダ シビックタイプR(320ps)
5位 レクサス LC500(477ps)
6位 日産 フェアレディZ[NISMO含](336ps)
7位 トヨタ マークX350RDS(318ps)
8位 スバル WRX S4(300ps)
9位 トヨタ アルファード/ヴェルファイア(301ps)
10位 レクサス LX570(377ps)

 これらのモデルを見るとパワーユニットからして古く、燃費の改善は無理。考えてほしい。WRX STIに搭載されている2Lターボ、1980年代の技術です。いまだにポート噴射だしアイドリングストップさえ付いておらず。トヨタの5L V8も古い。

結論から言うと、国沢氏、岡本氏ともに今乗っておきたい1位に挙げたのはGT-Rだった。ただしこれは、もし本当に規制が進めば間違いなく消滅してしまうだろう1台でもある、ということに他ならない

 というか、大排気量エンジンは、それだけで生き残れないと考える。ただアメリカがEUと同じ規制内容にするかといえば、そんなことないと思う。

 むしろトランプ政権におけるアメリカは、この手の規制を緩めていく方向。スープラの場合、アメリカ市場がメイン。ナスカーもスープラのシルエットで今年から参戦するほど。

最高出力329㎰へとパワーアップした限定車が昨年登場するなど、進化を続けるスバルWRX STI

 アメリカでは厳しいCO2排出規制を適用する動きにならないため、2021年から販売できなくなるようなことなどないと思う。当然ながら我が国はアメリカの意思が強く反映される社会システムになっており、大きな問題はないでしょう。

 とはいえ、問題はほかにある。CO2排出規制より決定的な高性能車に対する規制となるのは騒音規制である。2022年から始まる『フェーズ3』と呼ばれる騒音規制、先日もスープラを開発した多田さんや、GT-Rの田村さん、NSXの水上さんなど雑談中、話に出たのだけれど、エンジン音を皆無にしても、高性能車はタイヤ騒音でアウトになる厳しさだという。つまりエンジンでなくモーター駆動のクルマも高性能タイヤ履けばアウト。

トヨタはセダンの車種ラインナップの整理進めていると言われており、マークⅩの消滅は早い?

 高性能車はグリップのいいタイヤを履かなければ成立しない。しかも騒音規制、日本も導入される方向。新型車に装着されているタイヤはすべてECOカーのような低転がり&低騒音タイプになっちゃうと思う。

 ただし! これまたアメリカが口出ししてくると考えます。アメリカ製のグッドイヤーとかについちゃ認可されるなんてことだってありうる。いずれにしろアメリカはEUと違う。そう心配しないでいい?

■やっぱりGT-Rが乗っておきたい1位(岡本幸一郎のベスト10)

 最も乗っておくべきクルマは、やっぱりGT-Rをおいてほかにない。ひたすら速さを追い求め、世界の列強にも衝撃を与えた走りはインパクト満点。こんなクルマ、もはや不世出。いずれファイナル版が出たら、なんとかして手に入れられないかと筆者も思っている。

〈岡本幸一郎の今乗っておきたいベスト10〉
1位 日産 GT-R[NISMO含](570ps)
2位 レクサス RC F(477ps)
3位 レクサス GS F(477ps)
4位 トヨタ GRスープラ(340ps)
5位 日産 フェアレディZ[NISMO含](336ps)
6位 日産 スカイライン350GT(306ps)
7位 レクサス LX570(377ps)
8位 ホンダ シビックタイプR(320ps)
9位 スバル WRX STI[RA-R含](308ps)
10位 ホンダ NSX(507ps)

 2位以降はいろいろな見方ができるが、筆者がこれは! と思っているのがレクサスのFモデル。5Lという大排気量の自然吸気V8エンジンなんて、いまや世界的にも貴重な存在に違いなく、実際にドライブしてもパワフルかつ豪快で爽快な吹け上がりは絶品。というわけでRC Fと消滅がウワサされるGS Fを挙げた。

今年1月にエンジン特性も見直されたマイチェン仕様が公開されたレクサスRC F。日本登場は5月予定

 LCも入れたいところだが、LCのキャラからするとハイブリッドのほうが似合う気もして、今回はゴメンナサイ。

 そしてスープラはその次あたりか。これまたいまやV8よりも貴重な直6エンジンは、プロトタイプに乗った時もやはりイイ音させていたのが印象的だった。市販版にも期待。

 次いで、こちらも忘れてはいけないフェアレディZだ。エンジンも足回りも粗削りなところは見受けられるが、それも含めどうこういってもZは歴代ずっと独自の世界観を持った日本の宝。走りの洗練度がずっと高いNISMOがお薦め。

320psを発揮する最強のFFスポーツを誇るシビックタイプRは、国沢氏が4位、岡本氏が8位にランキング

 同じく日産の双璧ながら、すっかり存在感が薄れているスカイラインも、実は大いに見どころアリ。「世界最速のハイブリッド」を謳う350GTは、0〜100加速も5秒を切るだけあって、実際かなりの速さ。3.5L V6に強力なモーターという組み合わせも、今後ますます貴重になりそう。もっと目を向けるべき価値のある1台だ。

 なかなかないという意味では、LXもそうだ。こんなに豪奢な和製オフローダーなんてこのクルマだけ。ウルトラスムーズなV8エンジンも好印象。かなり異端な存在だが、そこがこのクルマの魅力。気になるならぜひ今のうちに。

SUVでふたりともベスト10内に入れたレクサスLX。国沢氏は10位、岡本氏は7位にランクイン

 一方、2Lクラスにも興味深いクルマがある。この2台、どちらを上にするか迷ったが、エンジンフィールとコンセプトの突き抜けっぷりで、シビックタイプRを上にした。かたやWRX STIは、この価格でこの性能が手に入るのは驚異的。さらに、完熟のEJ20に敬意を表わしたい。どちらもぜひ味わっておく価値のあるクルマたちだ。

 そしてNSX。もちろん超絶スゴイ1台ではあるが、価格が高すぎて、ぜひ乗っておくべしと言いづらいし、NSXなら規制が厳しくなってもハイテクでカバーしそうな気もするので、この順位にて失礼します。

スープラはBMWがハイブリッド技術を持つため生き延びる可能性があるとして、国沢氏はランク外とした


【番外コラム】 消滅しても仕方なし? 残念な300psオーバー車は?

●国沢氏が選ぶ5車

 ここで挙げた5車種、そもそもまったく売れていない。カタログに載っていること自体、凄いと逆に感心します。300㎰を超えている、という意義も薄い感じ。消えゆく運命か。

●日産 シーマ(306ps)
●日産 フーガ370(333ps)
●日産 スカイライン350GT(306ps)
●ホンダ レジェンド(314ps)
●レクサス IS350(318ps)

●岡本氏が選ぶ5車

 V8もあればと思わずにいられない高級車たち。とくにLSは北米でも低迷しているのはまさしくそれが理由では? あとはCVTが残念なWRXとか、デザインが残念なレジェンドとか…。

●レクサス LS500(422ps)
●トヨタ センチュリー(381ps)
●日産 シーマ(306ps)
●スバル WRX S4(300ps)
●ホンダ レジェンド(314ps)

残念な300㎰オーバー5車に、ふたりとも選んだのはシーマとレジェンド。月販2桁台では…さすがに仕方がない?

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ