デビューしてから7年でもマジで売れてるホンダフリード!! 新型シエンタよりイケてるのはどこだ? 

■車内の広さを実感させるミニバンらしい外観

シエンタのボディフォルムは、ミニバンらしい室内の広さを実感させるもの
シエンタのボディフォルムは、ミニバンらしい室内の広さを実感させるもの

 シエンタは2022年に登場した現行型で、サイドウインドウの面積を広げて車内の広さを強調するが、フリードは以前からミニバンらしい外観が特徴だった。全高もフリードが少し高く「ミニバンらしさ」を重視するユーザーに人気だ。

■2列目にキャプテンシートを設定

フリードの3列仕様は2列目にキャプテンシートを選択することができる
フリードの3列仕様は2列目にキャプテンシートを選択することができる

 ミニバンの2列目では、セパレートタイプのキャプテンシートが高い人気を得ている。両側にアームレストが装着されて座り心地が優れ、少し豪華な気分も味わえる。2列目の中央が通路になるから、2/3列目の移動もしやすい。3列目の乗員が2列目に移り、スライドドアから乗り降りできて便利だ。

 シエンタの2列目はすべてベンチタイプで、キャプテンシートは選べない。その点でフリードは、全グレードの2列目にキャプテンシートを用意した。

 しかも一般的にキャプテンシートの価格はベンチタイプよりも高いが、フリードは逆だ。開発者は「キャプテンシートは人気が高く、大量に販売されるから、ベンチシートよりも価格を安く抑えることができた」という。

■3列目シートの足元空間が広い

フリードの3列目シート
フリードの3列目シート

 身長170cmの大人6名が乗車した時、2列目に座る乗員の膝先空間を握りコブシ1つ分に調節すると、フリードでは3列目の膝先が握りコブシ2つ分になる。シエンタは、同じ測り方で握りコブシ0.5個分と狭い。

 その代わりシエンタは、床と座面の間隔がフリードよりも40mm広い。従って腰が落ち込んで膝の持ち上がる窮屈な姿勢になりにくい。つまり一長一短だが、足元空間を広く確保したい場合は、フリードが広々としていて快適に感じる。

■3列目を格納する時のシートアレンジが簡単

フリードの3列目シートは跳ね上げ式となっている
フリードの3列目シートは跳ね上げ式となっている

 3列目を格納して荷室容量を拡大する時、フリードでは、3列目を単純に左右に持ち上げて固定すれば良い。

 しかしシエンタは、3列目を2列目の下に格納する。そのために2列目を一度持ち上げてからその下に3列目を収めて、2列目を再び元に戻す必要がある。3列目が完全に格納されて荷室に張り出さない半面、シートアレンジの操作は面倒だ。フリードなら簡単に扱える。

■4気筒エンジンを搭載

ホンダフリードの1.5L 4気筒エンジン
ホンダフリードの1.5L 4気筒エンジン

 シエンタは現行型でノイズを抑えたが、登り坂などでアクセルペダルを踏み増した瞬間、直列3気筒エンジンの粗い音質が聞こえることがある。その点でフリードは、ノイズの音量は小さくないが、直列4気筒だから音質は馴染みやすい。フリードなら耳障りには感じない。

■シエンタを超えるフリードの魅力

フリードのハイブリッドシステムは1世代前のi-DCDとなっている
フリードのハイブリッドシステムは1世代前のi-DCDとなっている

 フリードの発売は2016年だから、2022年のシエンタに比べると、古さを感じる機能が多い。まずフリードのハイブリッドシステムは、i-DCDと呼ばれるタイプだ。今のホンダ車が搭載するe:HEVに比べて世代が古い。2WDのWLTCモード燃費は20.9km/Lで、シエンタGやZの28.2km/Lを大幅に下まわる。

 フリードは操舵感も鈍く、シエンタに比べて手応えが曖昧だ。このほか今の技術進歩が著しい衝突被害軽減ブレーキや運転支援機能も、フリードは設計が古い。従ってフリードとシエンタを総合的に比べれば、設計の新しいシエンタの魅力が強い。

 ただし車内の広さを想像させる外観、2列目のキャプテンシート、余裕のある3列目の足元空間、3列目の簡単な格納方法など、ミニバンにとって重要な機能とデザインには、発売から7年近くを経過したフリードに注目すべき点が多い。

 つまりフリードの販売が好調な背景には、前述のN-BOXによって変化したホンダのブランドイメージもあるが、それだけで売れ行きを伸ばしたわけではない。フリードのミニバンとしての優れた商品力が強みになっている。

 そしてフリードは、2024年の前半にフルモデルチェンジを受ける可能性が高い。次期型は現行型のセールスポイントを踏襲した上で、ハイブリッドはe:HEVに刷新され、衝突被害軽減ブレーキや運転支援機能も進化させる。

 コンパクトで実用的という、ホンダのブランドイメージに沿った新型車に発展するから、再び売れ行きを伸ばす。

 逆にミドルサイズミニバンのステップワゴンは、相変わらず販売面の苦戦が続き、復活するLサイズのオデッセイも売れ行きを伸ばすのは難しい。今のホンダの国内販売は、N-BOXとフリードが支えるが、最も重要なことはミドルサイズ以上のテコ入れだ。

このことはミニバンに限らず、SUVのZR-Vやハッチバックのシビックにも当てはまる。

【画像ギャラリー】ホンダフリードを詳細写真でチェック(25枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します