デビューしてから7年でもマジで売れてるホンダフリード!! 新型シエンタよりイケてるのはどこだ? 

デビューしてから7年でもマジで売れてるホンダフリード!! 新型シエンタよりイケてるのはどこだ? 

 2022年にモデルチェンジを行って販売好調なトヨタシエンタ。そのライバルといえば、ホンダフリードだ。デビュー以来7年が経過しているが、いまだにホンダで一番売れているミニバンである。大人気のフリードだが、新型シエンタより優れている部分はどこなのだろうか?

文/渡辺陽一郎、写真/ホンダ、ベストカー編集部

■ホンダ車の中で2番目に売れているフリード

ホンダフリードはデビューしてから約7年が経過しているが、一番売れているホンダのミニバンだ
ホンダフリードはデビューしてから約7年が経過しているが、一番売れているホンダのミニバンだ

 2022年には、トヨタノア&ヴォクシーや日産セレナなど、3列シートのミニバンが豊富に登場した。その中で、登録台数の最も多い車種がトヨタシエンタだ。直近の2023年1~3月には、1か月平均で約1万2380台を登録した。

 シエンタは2022年の発売だから設計も新しく、コンパクトミニバンとあって価格は割安だから、ミニバンの販売1位になるのも納得できる。ミニバンの販売2位はヴォクシーで、1か月平均約8840台を登録した。3位はノアで8790台であった。

 注目されるのはミニバンの販売4位だ。ホンダフリードが1か月平均で約8360台を登録している。フリードの発売は2016年だから、7年近くを経過した設計の古いミニバンだが、登録台数は2022年に登場したノアやヴォクシーに迫る。

 フリードの売れ行きは、ホンダ車では2番目に多い。ホンダの国内販売で1位の車種は、国内のベストセラーでもあるN-BOXで、2023年の1か月平均届け出台数は約2万2420台だ。この売れ行きは別格だが、ホンダで2位に入ったのが、約8360台のフリードだった。

 常識で考えると、ホンダの国内販売2位はフィットだろう。伝統あるコンパクトカーで認知度も高い。現行型の発売は2020年だから、設計も新しい。それなのに2023年1~3月の1か月平均登録台数は約6200台だ。設計の古いフリードの74%しか登録されていない。

こちらはライバルのトヨタシエンタ。2023年1~3月には、1か月平均で約1万2380台を登録
こちらはライバルのトヨタシエンタ。2023年1~3月には、1か月平均で約1万2380台を登録

 またホンダには軽自動車のN-WGNもあり、この登場も2019年だから比較的新しいが、2023年の1か月平均届け出台数は約4480台だ。ベストセラーのN-BOXとエンジンやプラットフォームなどの基本部分を共通化しながら、N-WGNの売れ行きは、N-BOXの20%ときわめて少ない。

 以上のように今のホンダの国内販売は、N-BOXとフリードを双璧として成り立つ。その切っ掛けは、初代(先代)N-BOXの大ヒットだ。2011年に登場して好調に売られ、2017年に発売された2代目の現行型は、魅力をさらに高めて国内販売の1位になった。

 その結果、ホンダのブランドイメージも影響を受けた。今では「ボディが小さくて実用的なクルマを造るメーカー」になり、スライドドアを装着して背の高いコンパクトなN-BOXとフリードに人気が集中した。

 N-BOXとフリードの外観と価値観は似ていて、ホンダの国内販売を支える存在だ。前述のフィットやN-WGNは、この2車種にユーザーを奪われて売れ行きを下げた。

 そこでフリードとライバル車のシエンタを改めて比べたい。フリードが発売から7年近くを経過しながら好調に売られる背景には、ホンダのブランドイメージの変化もあるが、優れた商品力も影響を与えている。その魅力をシエンタとの比較で明らかにしたい。

次ページは : ■車内の広さを実感させるミニバンらしい外観

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!