やっぱりヤバいR32GT-R!! 盗難防止の奥の手をオーナーが解説

やっぱりヤバいR32GT-R!! 盗難防止の奥の手をオーナーが解説

 ここ数年大きな問題となっているのが自動車の盗難だ。統計などではランドクルーザーやプリウスの台数が多いが、その裏で1990年代の希少なスポーツモデルも大きな被害を受けている。今回はR32型スカイラインGT-Rのオーナーが、実体験をもとに注意するポイントを指南する。

文/藤田竜太、写真/ベストカー編集部、日産、マツダ、スバル、Adobe Stock

■狙われる1990年代のスポーツカー

人気の高いR32GT-Rは窃盗団の標的になることもしばしば
人気の高いR32GT-Rは窃盗団の標的になることもしばしば

 先日、知人が購入した新車がようやく納入されたので、近所のカーセキュリティショップを紹介してあげた。

 自分のR32型日産スカイラインGT-Rのセキュリティもインストールしてもらったショップなので、紹介しつつ最近の盗難事情について聞いてみると、相変わらず千葉県北西部、茨城県南部、埼玉県、神奈川県などで、1990年代のスポーツカーの盗難が多発しているとのこと。

 狙われやすいのは、第二世代の日産スカイラインGT-R(R32、R33、R34)、マツダRX-7(FD3S)、トヨタスープラ(80)、ホンダのタイプR系、それに三菱ランエボ、スバルインプレッサSTIといったところらしい。

 盗難の手口も大胆になってきており、自宅の敷地内で、外から見えない場所にあるシャッター付きの車庫からクルマを盗まれてしまった例もあったとのこと。

 1990年代のスポーツカーを狙う輩は、ほとんどが窃盗団、つまりプロの犯罪グループで、組織的に犯行に及んでいる例が多いらしい。

 また窃盗団は入念に下見をしたうえで犯行に及ぶのもひとつの特徴。近所で普段見かけないクルマが、ゆっくりと町内をぐるぐる回っているケースや、見知らぬ人が駐車場前で立ち止まっているとか、クルマのそばにタバコの吸い殻が落ちていたりするのは、窃盗団が下見に来ている可能性がある。

 もうひとつ、よく話題になるのが、ワイパーなどに挟まれている「車を現金で高価買い取りいたします」と行った類いのチラシ!

 この手のチラシは自動車窃盗団の下見である可能性が高く、実際、SNSには愛車に買い取りチラシが挟まれたあと、窃盗被害に遭ったという情報が多く掲載されている。

 こうしたチラシには、スポーツカーだけでなく、トラックや重機、ワンボックス、フォークリフト、農機具などの写真が一緒に掲載されていて、会社の所在地もけっして近所ではなかったりするのが共通の特徴。

 見るからに怪しい業者にしか思えないが、こうしたチラシが貼られたまま、しばらく放置していると、「普段あんまり乗っていない」「クルマを見に来ることも少ない」=盗みやすいクルマとして、窃盗グループにマークされてしまう。発見次第、速やかに剥がして処分すること。

次ページは : ■挟まれたチラシを放置してはいけない

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!