日焼けよりもっと恐ろしいことが!! 紫外線を浴びるとクルマも体もボロボロに…

日焼けよりもっと恐ろしいことが!! 紫外線を浴びるとクルマも体もボロボロに…

 紫外線は夏さえ対策すればOKと思っている人も多いと思うがそれは大間違い。近年、大気汚染による影響などもあり、夏以外でも地上に降り注ぐ紫外線の量は増えているからだ。この紫外線、深刻な健康被害を与えるだけではなく、クルマにも大ダメージを与えるという困った存在。

 紫外線は目に見えない太陽光だけに対策を怠りがち。しかし、知らぬ間にダメージが蓄積して、気付いたときにはリカバリー不能になってしまう恐ろしいものなのだ。今回は、そんな紫外線の恐ろしさと対策法を解説していこう。

文/斎藤由紀子、写真/写真AC

紫外線はなぜ危険?

 ひと昔前は体に良いと言われていた日光浴。そんな話もいまは昔の話。

 近年では、太陽光に含まれる紫外線が人体に与える害の深刻さが明らかとなり、日光浴はごく短時間にとどめることが推奨されている。さらにたとえ短時間の日光浴であっても日焼け止めを塗ることも強く推奨されている。

 紫外線の害と言われるとまずは日焼けを思い起こす人が多いだろう。日焼けをした小麦色の肌は健康的などと言われることもあるが、実際には真逆。肌が小麦色になるほどの量の日光を浴びることは百害あって一利なし。

 日焼けは肌のやけどなので体に良いわけはない。さらに、紫外線はシミやシワなどの肌の老化の最大原因でもあり、最悪の場合は、皮膚がんを引き起こすこともある。

 また、紫外線を浴びると体内で「活性酸素」という細胞を傷つけ、細胞の老化をスピードアップさせる凶悪な物質が大量発生することもわかっている。結果、血管がもろくなるなど、全身の老化が進んでしまうのだ。さらに、細胞内のDNAが活性酸素により傷つけられて変異することで、がんの罹患リスクも高くなると言われている。

クルマもヒトも老化する!! 紫外線を浴びちゃいけない恐ろしいワケ
紫外線を浴び続けたまま運転を続けると日焼けをするだけではなく、全身の細胞も劣化し、老化が進んでしまう

 そんな恐ろしい紫外線はUVAとUVBに大別される。

 UVAは、肌の奥深くにまで到達して肌細胞にダメージを与えて、シワやシミなどの原因になる。また、目に入ると水晶体まで届いて白内障などの深刻な目の障害を引き起こすこともある。

 もういっぽうのUVBは、日焼け起こす光線。このUVBは薄曇りでも80%以上が地上に降り注ぐ。こういったことから、曇り空のときでも日焼けをしないわけではないため、日焼け止めを使用することをお薦めする。

次ページは : カーフィルム加工で違反になることも! クルマへの影響も甚大!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!