アナタはやっていますか? タイヤの前後ローテーションを定期的にやったほうがいい3つの理由 

アナタはやっていますか? タイヤの前後ローテーションを定期的にやったほうがいい3つの理由 

 タイヤの前後位置交換(ローテーション)は、一般的には同じ位置のままずっと長期間使用していると偏摩耗を起こすため、その予防のためにやったほうがいいと言われる。しかし、そもそもなぜ定期的に実施したほうがいいのか、そのスパンやFFとFR、4WDなど駆動方式などについても違うのか、プロドライバーからの視点で語ってもらった。

文/ハル中田、写真/ベストカー編集部、ホンダ、AdobeStock(タイトル写真:fotoduets@AdobeStock)

■なぜタイヤのローテーションをすべきなのか?

タイヤのローテーションをしないことが怖い車種も存在すると筆者は指摘する(kelly marken@AdobeStock)
タイヤのローテーションをしないことが怖い車種も存在すると筆者は指摘する(kelly marken@AdobeStock)

 タイヤのローテーション。いいですね、これはやはり愛車のタイヤを大事にするための基本のキです。しかし、実際にタイヤのローテーション、皆さんはしていますでしょうか?

 スタッドレスタイヤに履き替える方はその時にローテーションをすることでしょう。しかし、冬タイヤへの履き替えをしない方はどうでしょう? タイヤを買ってからずーーーっとそのままになっていませんか? 実はタイヤの点検すらも疎かになっていませんか?

 今回はローテーションをすべき理由としないことの怖さ、そして特にすべき車種タイプについて書きたいと思います。

■ローテーションをすべき理由

タイヤを長持ちさせるためにもまずはローテーションを実践しておきたい
タイヤを長持ちさせるためにもまずはローテーションを実践しておきたい

 まずは何よりも、「タイヤが長持ち」します。前後左右に4本付いているタイヤはどうしてもそれぞれ摩耗する早さが違います。「右後ろのタイヤはまだまだバリ山なのに、左前タイヤだけツルッツル……」なんてことになるケースもあります。

 ツルツルのタイヤは雨で滑りやすいし、乗り心地も悪いし、音もうるさいし、落ちている釘などでパンクもしやすくなります。ほかのタイヤは溝が残っているのに、ツルツルな1本のみのために4本全部交換交換して出費がかさんじゃう、そんなことも防げます。

「じゃあツルツルになったタイヤだけ交換すればいいのでは?」

 う~ん、悪くはありませんが一般的にはオススメできません。履いているタイヤのなかで古いのと新しいのが混じると、経時劣化度合いの違いで4つのタイヤ間でグリップが違うことになってしまいます。そうなると操縦安定性のバランスが崩れてしまい、いざという時に車両挙動が不安定になることも。

次ページは : ■逆に問題ないケースとは?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!