今や当たり前!! でも一体いつ誕生したの!? セルフ式ガソリンスタンドが普及した納得の理由

■人手不足で誕生したセルフスタンド

人手不足によるスタッフの仕事量を軽減する目的でスタートしたセルフスタンド。現在アメリカやドイツなどではほとんどがセルフスタンドだという(Carolyn Franks@AdobeStock)
人手不足によるスタッフの仕事量を軽減する目的でスタートしたセルフスタンド。現在アメリカやドイツなどではほとんどがセルフスタンドだという(Carolyn Franks@AdobeStock)

 このような流れの中で、アメリカの石油会社はガソリンスタンドをブランド化していく。統一した制服や自社のエンジンオイルなどがそれに当たる。しかし、1960年代には雇用条件の改善と人手不足という問題に直面する。給油、精算、自動車整備、洗車と仕事量が人員に比べて多かったのだ。

 この問題を解決するために顧客が自分で給油して従業員が代金を回収する仕組みが誕生した。これがセルフスタンドの始まりである。

 アメリカ政府もガソリンスタンドの労働生産性向上の必要性を指摘、セルフスタンドが拡大していくこととなった。1970年代前半には28州が、1977年にはオレゴン州とニュージャージー州を除いた全ての州で認可されたのだ。

 低価格で大量販売をすることが可能となり、別業種を成り立たせることが可能な顧客数を得ることができた。こうしてアメリカのガソリンスタンドにはコンビニを併設することが増えたのだ。これによってオイル交換などで得ていた収益を賄う形となった。

 また、セルフスタンドの拡大に拍車をかけたのが1973年のオイルショックだ。人件費を抑えて安くガソリンを提供できるため、急速な増加につながったのだ。現在ではアメリカやカナダ、ドイツなどではセルフスタンドはガソリンスタンド全体の9割を占めていると言われている。

■日本でも安さで普及

スタッフの人件費を抑えられる分、基本的にはフルサービスより価格の安いセルフスタンド(Norman01@AdobeStock)
スタッフの人件費を抑えられる分、基本的にはフルサービスより価格の安いセルフスタンド(Norman01@AdobeStock)

 冒頭で述べたように日本でセルフスタンドが解禁されたのは1998年であった。ちなみに日本初のセルフスタンドは静岡県静岡市清水町にあるセルフ清水草薙SSだと言われている。

 日本での普及の理由も価格の安さだ。人件費を安く抑えることができるセルフスタンドは、ガソリンの単価も安く抑えることができる。立地や時代背景によって異なるが、統計によると大よそ5~6円、価格差比率4~5%でセルフスタンドが安いとされている。

 フルサービスの方が丁寧であっても、安いセルフスタンドで給油してしまうのは消費者の性と言えるだろう。

 また、セルフスタンドは有人のフルサービスと異なり、24時間営業しているところが多いというのも嬉しいポイントだ。

 今後電動化や低燃費なクルマの普及などでガソリンスタンドは数を減らすと思われるが、セルフスタンドの割合も増えていくことだろう。セルフスタンドが増えていくと価格競争にも限界点があるはずだ、ガソリンスタンドの生き残りをかけて各社が次なる一手をどのように展開してくるかにも注目したい。

【画像ギャラリー】今や当たり前!! でも一体いつから普及したの!? セルフ式ガソリンスタンドが誕生した納得の理由(4枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します