大黒柱N-BOXの約1割しか売れず……N-ONEバカ売れ必勝法とは!?

大黒柱N-BOXの約1割しか売れず……N-ONEバカ売れ必勝法とは!?

 ホンダ N-ONEにはどこかオシャレな雰囲気あり非常に好感が持てるが、同門のN-WGNに売れゆきで水を開けられている。N-ONEがさらに売れるためにはプレミアム感がカギを握った!

※本稿は2023年4月のものです
文/岡本幸一郎、写真/HONDA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年5月26日号

■こんなクルマ&発売後の概況

ホンダ N-ONE(月販平均:1375台)
ホンダ N-ONE(月販平均:1375台)

 ハイトワゴン軽のなかで独自路線を進むクルマ。が、2年ほど前にフルモデルチェンジしたのに低空飛行。やはりフルモデルチェンジしたのにまったくわからないのが……よくないのか? 岡本幸一郎さん、策はありますか?

■このクルマのテコ入れ策

 うまくやれば「日本のMINI」になれたはずと個人的に思う。売れゆきイマイチなのが不思議でならない。初代からデザインが変わらなかったのもよいことだと思っている。

 かくなるうえは通常グレードは残しつつ、フルオーダーメイド制を導入するのはどうだろう? 例えば、かつてのN-BOXスラッシュを凌ぐ、シグネット(軽じゃないけど……)のような小さな超高級車。

 あるいは現状のRSどころではないハイパフォーマンスを追求した高性能版とか。N-ONEだからこそ選べるような選択肢をできるだけ充実させる。

 そうすることで、N-ONE=プレミアム軽カーというイメージを定着させる。それに牽引されて通常のグレードも、もっと売れるようになるはず!?

(岡本幸一郎)

●ホンダ N-ONE(RS/FF)主要諸元
・全長×全幅×全高:全長3395×全幅1475×全高1545mm
・パワーユニット:直3、0.66Lターボ(64ps/10.6kgm)
・WLTCモード燃費:21.6km/L
・価格:159万9400~202万2900円

【画像ギャラリー】高級と高性能を突き詰めて上昇を目指せ!! ホンダ N-ONEは「日本のMINI」になれる!?(23枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します