レクサスRXよりおもてなしを考えたCX-60!! レクサス超えも乗り心地が硬く感じるワケ

レクサスRXよりおもてなしを考えたCX-60!! レクサス超えも乗り心地が硬く感じるワケ

 国産メーカーのプレミアムブランドとして定評のあるレクサス。そのRXを超えたおもてなしの心を感じれる作りをしたのがマツダのCX-60!! しかし実走してみると硬さが目立つ乗り味だった……。

※本稿は2023年4月のものです
文/水野和敏、写真/LEXUS、MAZDA、ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2023年5月26日号

■大柄なCX-60には実は細やかな配慮が

後席乗降性はCX-60が特にいい。サイドシルが奥にあり、また後輪タイヤハウス部に逃げが作られていて、ふくらはぎが当たりにくいのだ
後席乗降性はCX-60が特にいい。サイドシルが奥にあり、また後輪タイヤハウス部に逃げが作られていて、ふくらはぎが当たりにくいのだ

 CX-60は豪華な雰囲気を上手に演出しています。メーターパネルの両サイドにしっとりとした表皮のトリムが使われていますが、デザイン的にも新鮮でいいと思います。

 しかし、センターコンソールの横幅が広い。これはセンタートンネルが大きいためですが、エンジン&トランスミッションが後方に押し込まれて室内のこの位置に来ているためです。その結果、前席シートの幅は車格のわりに少し狭くなっています。

 足元も全幅1890mmのクルマにしてはやや狭くなっていますが、ペダル配置は自然で操作性もいいです。シートの座面は少し硬めですが、ホールド性や姿勢の保持性はいいです。

 液晶表示のメーターの文字はさほど大きくないのですが、フォントが見やすく、視認性のいい作りです。

 後席は、ドアの開口がほぼ直角まで開き、乗降性がいい。車体側のドア開口は、下部も広く、フロア段差も小さいため靴が引っかかるようなこともなく、乗り降りはスムーズです。

 座ると靴が前席下に入るため、足元の狭さを感じません。頭上や膝前のスペースは余裕たっぷりです。後席に座って見ても前席は横幅が狭いです。

 後席の居住性はいいと思います。前席より座面クッションのストロークもあり、座り心地がいい。シートヒーターがついて、後席用USBポートが2つ、さらに100V電源も取れます。

 オプション装着のものもありますが、今回の試乗車はオプション価格込みで約560万円。この価格でこのインテリアの充実ぶりは満足度が高いです。

 乗降性の面で補足すると、降りる際、サイドシルにふくらはぎが当たるのですが、この箇所は太さを抑えて邪魔にならないようになっており、さらに、ドアを閉めた時にドアパネルで覆われるため、雨水や凍結防止剤をまいた汚れが付着しません。

 小柄な女性でもふくらはぎを汚す心配がありません。こういう設計は親切で、おもてなしの心を感じます。

次ページは : ■RXは後席の使い勝手にひと工夫欲しい

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します