僅差でCX-60がレクサスに負け!? 水野和敏がRXを評価したワケ

僅差でCX-60がレクサスに負け!? 水野和敏がRXを評価したワケ

 CX-60とRXは価格帯は違えど、どちらも質感&デザインにもこだわり満点の2台。両車を比較するとCX-60に空力性能は軍配があがるも、トータル面ではRXが僅差に勝利。ミスターGT-Rはこの2台をどう評する!?

※本稿は2023年4月のものです
文/水野和敏、写真/LEXUS、MAZDA、ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2023年5月26日号

■90点/レクサスRX350 versionL

スピンドルシェイプと呼ばれる新たなデザインを盛り込んだレクサス RX
スピンドルシェイプと呼ばれる新たなデザインを盛り込んだレクサス RX

●水野和敏 取材メモ
・エクステリアデザインはメインとなるアメリカ市場を意識したもの。エクステリアで空力的なデザイン処理はほとんど意識されてはいない。
・足回りのセットアップは絶妙。微小入力を上手にいなしたしなやかな乗り心地と性格で扱いやすい操縦性は高級SUVとしてふさわしいものだ。
・2.4Lの直4ターボは、決してドカンとしたトルクではないが、動力性能に不満はなく、よくできている。

■空力性能はマイナスポイントだがエンジンは高評価

全幅は1920mmあり、ボリュームを感じさせるプロポーション。2.4Lターボを搭載する
全幅は1920mmあり、ボリュームを感じさせるプロポーション。2.4Lターボを搭載する

 エクステリアデザインやほとんど意識されていない空力性能への対応技術はマイナスポイント。また、直4、2.4Lガソリンターボで700万円という価格もちょっと割高に感じたが、走り出すと、微小入力をスッといなし、上質な乗り心地と素直な操縦性は間違いなく高級車の乗り味。700万円の価値を感じることができた。

 2.4Lターボエンジンはモーターアシストのない純内燃機関ながら、トルク特性が素直で、決してパワフルではないが、1870kgと重いRXを不満なく走らせる。また、高回転まで回しても不快な騒音がなく、心地のよい音色で、気持ちいい。

●LEXUS RX350 versionL(FF)主要諸元
・全長:4890mm
・全幅:1920mm
・全高:1705mm
・ホイールベース:2850mm
・最低地上高:190mm
・最小回転半径:5.9m
・車両重量:1870kg
・エンジン:直列4気筒DOHCターボ
・総排気量:2393cc
・最高出力:279ps/6000rpm
・最大トルク:43.8kgm/1700-3600rpm
・モーター出力/トルク:─
・トランスミッション:8AT
・WLTCモード燃費:11.8km/L
・Fサスペンション:ストラット
・Rサスペンション:マルチリンク
・タイヤサイズ:235/50R21
・車両価格:705万円

次ページは : ■89点/マツダ CX-60 XD-HYBRID Premium Sport

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!