クロストレックにマツダ3……街中で楽しいのが1番!! 300万円以下で最高の走りが手に入るクルマ10選

クロストレックにマツダ3……街中で楽しいのが1番!! 300万円以下で最高の走りが手に入るクルマ10選

 自動車は実用品であると同時に、趣味としての一面も持っているというのは皆様ご承知のとおり。出勤や買い物での移動の足として使いながらも、やはり乗っていて楽しい一台を選びたい。そこで、走りが楽しくて高コスパな300万円以内の「ファン・トゥ・ドライブなクルマ」を選出!!

※本稿は2023年5月のものです
文/斎藤聡、写真/ベストカー編集部、トヨタ、日産、ホンダ、スズキ、マツダ、SUBARU
初出:『ベストカー』2023年6月10日号

■街中でパフォーマンスを高く発揮できる2台

トヨタ カローラスポーツ(220万〜289万円)。ダイナミックフォースシリーズの直4、2Lガソリンエンジン搭載車は、軽快な走りが街中でも楽しい
トヨタ カローラスポーツ(220万〜289万円)。ダイナミックフォースシリーズの直4、2Lガソリンエンジン搭載車は、軽快な走りが街中でも楽しい

 街中で感じる楽しさっていったいどんなものだろう。

 操縦性でいうとキビキビした感じ、しっとりした感じ、ゆったりした感じ。“速さ”を評価軸に加えると“しっとり”とか“ゆったり”は評価が低くなるけれど、速さを求めなければ、いろんな価値観が魅力になる。もちろんクルマが持っているメカニズムの面白さとかパフォーマンスの魅力も楽しさに大きく影響する。

 パフォーマンスの魅力が楽しめるのはスイフトスポーツとカローラスポーツだろう。両車ともスポーツ性が高いが、街中で走らせていてもカチッとした乗り味とか、応答のいい操縦性として感じられる。

 特にスイスポだと2速でアクセルをちょっと深めに踏み込んだ時、フワッとターボが効きだす感じとか、トルクが作り出す骨太な加速感がある。

■操る楽しさを純粋に楽しむ!!

マツダ MAZDA3 ファストバック(290万7300円〈20Sプロアクティブツーリングセレクション〉)。なんといってもインテリアの質感の高さは2クラス上を思わせる
マツダ MAZDA3 ファストバック(290万7300円〈20Sプロアクティブツーリングセレクション〉)。なんといってもインテリアの質感の高さは2クラス上を思わせる

 “操る楽しさ”をダイレクトに性能に造り込もうとしているのはマツダ3だ。適度に引き締められた足回りと応答のいい操縦性。細かなアクセル操作に正確に反応してくれるエンジン。

 マツダはドライバーの操作とクルマの動きをいかに一致させるかというところに注力してクルマづくりをしている。マツダ3に乗るとそれがクルマとの一体感として感じられる。

スバル インプレッサ(299万2000円〈ST-H、2WD〉)。進化したSGPで懐の深いハンドリングと上質な乗り心地を味わえる新型インプレッサ。マイルドハイブリッドの最上級ST-HのFFが299万2000円
スバル インプレッサ(299万2000円〈ST-H、2WD〉)。進化したSGPで懐の深いハンドリングと上質な乗り心地を味わえる新型インプレッサ。マイルドハイブリッドの最上級ST-HのFFが299万2000円

 新型インプレッサとクロストレックもマツダ3と似たカテゴリーに入る。クルマの本質的なよさを作ることにまじめに取り組んでいる点がスバルの好ましいところ。インプレッサ&クロストレックは、意図的にリアへの駆動配分を(先代より)多めにすることで4WD感を強調している。

 走ってみるとドシッとしたリア回りの落ち着きがある。スバルは年改を繰り返しながら熟成を図るのが特徴だが、モデルチェンジしてもちゃんと先代で作り込んだ性能を上積みしている。特別どこがいいというわけではないが、乗るとしっくりくるのはスバルならではの魅力だろう。

次ページは : ■クルマの楽しさにはいろんな種類が!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!