バカ売れデリカミニ!! トヨタかなり悔しい!?  本気で軽市場に参入する可能性は!?

バカ売れデリカミニ!! トヨタかなり悔しい!?  本気で軽市場に参入する可能性は!?

 新型デリカミニをはじめとするスーパーハイトワゴンのSUVモデルが超絶人気となっている。ほとんどのメーカーが参入しており、あとはホンダとダイハツからOEM供給を受けているトヨタだけといった状況。この勢いにトヨタも乗りたいようだが、もし参入すればどうなるんだ!?

文:佐々木亘/写真:ベストカーWeb編集部

■受注停止続くトヨタ……ならば軽を強化したいのが本音!?

トヨタバッジの軽自動車はダイハツのOEMモデル。現在は写真のエポックとトラックにバンという3モデルを発売中
トヨタバッジの軽自動車はダイハツのOEMモデル。現在は写真のエポックとトラックにバンという3モデルを発売中

 トヨタ最小コンパクトのパッソが終売となり、軽自動車ラインナップからはピクシスジョイが姿を消した。ピクシスシリーズはエポック・トラック・バンのみとなる。

 手薄になるコンパクトラインナップ。さらに追い打ちをかけるように、人気のSUVや新型車の多くは長納期が当たり前だ。オーダーストップ車も多く、売りたくても売れるクルマが非常に少ない状況が続いている。

 こうした中でも、ヤリス・アクア・ルーミー・ライズのコンパクト4車種は、比較的短い納期で生産されていた。トヨタの中では販売サイクルが整っている分野になる。

 販売現場としては、一刻も早く登録・納車へつなげたいところ。順調に生産されるコンパクトカーたちに、今年度の販売を下支えしてもらいたいという思いが出てきている。

■デリカミニ大ヒット!! だったらウェイクを残したかったよ……

タントよりも背が高いウェイクもトヨタ版が存在していた。これ今思えばデリカミニと似たパッケージングであったことから、悔しい……と思うのは納得
タントよりも背が高いウェイクもトヨタ版が存在していた。これ今思えばデリカミニと似たパッケージングであったことから、悔しい……と思うのは納得

 トヨタ販売店でデリカミニの話題を出すと、「いいですよねデリカミニ!」「あれは欲しくなります」と絶賛の声が多く出る。

 N-BOXやデイズ(eKワゴン)などが台頭していたころに、同様の話題をトヨタ営業マンへ振ったことがある。当時は「まぁ、軽自動車なので……あんまり興味はない」と、冷めた回答が多かった。同じカテゴリーのクルマだが、デリカミニとの反応の差は天地ほど違う。

 デリカミニの話をしているとピクシスメガに触れる営業マンが多い。

 ダイハツ・ウェイクのOEMだったこのクルマ。2015~22年まで販売されており、全高1,835mm、室内高1,455mmを誇るスーパーハイトワゴンだった。

 おまけに両側スライドドアが付き、アウトドア感の強いデザインは、デリカミニと近似しているようにも見える。

「デリカミニが人気沸騰の今、ピクシスメガが残っていれば、面白い存在になったかもしれませんね」こう話すトヨタ営業マンも少なくない。

「軽自動車などなんのために入れるのか」と導入に猛反対していた約10年前とは違い、トヨタ販売店の中でも、軽自動車への見方が大きく変わってきているようだ。

次ページは : ■ルーミー・ライズより売れる!? トヨタが本格的に軽自動車を売ったらどうなるか

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!