珍しさとボディーカラーが肝!! 300万円以下で「オシャレ~!」と思われるクルマ5選

珍しさとボディーカラーが肝!! 300万円以下で「オシャレ~!」と思われるクルマ5選

 クルマを選ぼうと考えた時、とにかくカッコよく乗りたいと考える方も多いハズ! そこで今回は、車両価格のボーダーラインとして声が多い300万円以下という条件で”オシャレ”と思われるクルマを選んでみた!

※本稿は2023年5月のものです
文/清水草一、写真/ベストカー編集部、日産、ホンダ、スズキ、マツダ
初出:『ベストカー』2023年6月10日号

■「オシャレ」=「ある程度レア」であれ!!

日産 サクラ。軽ベースだが質感が高く、オシャレなボディカラーが揃う。価格は中級グレードのXで254万8700円
日産 サクラ。軽ベースだが質感が高く、オシャレなボディカラーが揃う。価格は中級グレードのXで254万8700円

 人に「これはオシャレ~!」と感じさせるためには、ある程度レアでなくてはならない。どこにでもあるクルマは、オシャレとは感じないからだ。

 加えてオシャレのためには、カタチもさることながら、ボディカラーが重要だ。どんなにオシャレな形でも、色がオシャレじゃないとイカン。そしてその色もまた、ある程度珍しくなくてはハッとしない。こういった考えのもと、選んだのがこの5台だ。

 サクラは、ベースとなったデイズとは比べ物にならないほど質感が高くオシャレに見える。しかもボディカラーのブロッサムピンクは、ほかの車種のピンクとは明らかに違う、オシャレなサーモンピンク。ブラックとの2トーンも実にオシャレ。完全にキマッっている。

 ヴェゼルは、水平基調のウエストラインが清潔感満点で、全体に上品でオシャレさんなデザインだ。特にボディカラーがサンドカーキだと、清潔感とアースカラーがいい感じのミスマッチ感となって見るからにオシャレ~! モテるためにはギャップが大事といいますが、それですね。

■「オシャレ」のカタチはひとつではない!!

マツダ MX-30。独創性あふれるデザインだけに存在そのものがレア。2Lハイブリッド車の価格帯は254万~299万7500円
マツダ MX-30。独創性あふれるデザインだけに存在そのものがレア。2Lハイブリッド車の価格帯は254万~299万7500円

 ステップワゴン エアのデザインは、超シンプルながらサイドパネル面の張りが美しく、新型レンジローバーを彷彿とさせる。

 ボディカラーがフィヨルドミストパールだと、気分はアルプスの氷河湖って感じ! 猛烈にサワヤカでオシャレさんだ。ステップワゴンがそれほど高級車じゃないことはみんな知っているけれど、このデザインと色を見たら、「オシャレ~!」と言うしかない。

 MX-30は、存在そのものが超レアだ。観音開きドアは機能を無視した不便さだけど、だからこそ、完全にオシャレを狙ったものだってことは誰でもわかる。オシャレの痩せ我慢感ビンビンなのだ!

 MX-30を見ただけで、「オシャレのためにすべてを犠牲にしてよくぞ買った!」と称賛したくなる。ボディカラーはどれもOKですが、セラミックメタリック(3トーン)がシブくていいと思います。

 ラストはラパンLCだ。ラパンもいいけど、LCのレトロデザインが、私にはとってもオシャレに見える。ボディカラーはフォーンベージュメタリック/アーバンブラウン(2トーンルーフ)が最高! メッチャオシャレ!

【画像ギャラリー】アンダー300万円で選ぶ!! シャレオツな雰囲気を醸し出すクルマたち(25枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!