KINTO専用1.8Lが燃費最強!? 新型プリウスの悩める3種パワートレーンはどれがベストなの?

KINTO専用1.8Lが燃費最強!? 新型プリウスの悩める3種パワートレーンはどれがベストなの?

 新型プリウスに用意される3タイプのパワートレーン。価格差と性能差、装備の充実度などを総合的に判断すれば、どれを選ぶのがもっとも賢い選択なのか!?

※本稿は2023年6月のものです
文/鈴木直也、渡辺陽一郎、写真/TOYOTA、ベストカー編集部、撮影/平野学
初出:『ベストカー』2023年7月10日号

■アレコレ考えてみるよりも走りゃ分かるでしょ!

前から1.8U、2LハイブリッドのZ、一番後ろがPHEV。動力性能は2LハイブリッドとPHEVが勝っているが、燃費は1.8Uが圧倒
前から1.8U、2LハイブリッドのZ、一番後ろがPHEV。動力性能は2LハイブリッドとPHEVが勝っているが、燃費は1.8Uが圧倒

 見た目からして思いっきり走りに振ってきた今度のプリウス。これまでお伝えしてきたように、走ってみればその変貌ぶりは一目瞭然だ。

 システム総合出力223psのPHEVはもちろん、196psの2.0HEV(Z・FF)ですら動力性能は従来プリウスとは別次元。加速フィールにしろコーナリングのクイックさにしろ、今度のプリウスはほとんどスポーツカー。そう表現できるほど鮮やかなキャラ変だ。

 その一方、これまでプリウスが売りにしてきた燃費性能に関しては、絶対値としては優秀ながら最優先課題ではなくなった印象がある。

 燃費チャンピオンを獲りにゆくのはヤリスHEVやアクアに任せ、プリウスは走りの楽しさと燃費をバランスよく両立させる方向を目指しているのかな……。先日の試乗会でプリウスの各バリエーションを乗り比べた結果、ひとまずそんな結論に達したわけだ。

■気になる1.8Lハイブリッドモデルの実力は?

プリウスの3つのパワートレーンを同時に走らせてドライバビリティの差と燃費の違いをテストした。ルートはベストカー恒例のWLTC準拠コースだ
プリウスの3つのパワートレーンを同時に走らせてドライバビリティの差と燃費の違いをテストした。ルートはベストカー恒例のWLTC準拠コースだ

 しかし、そうは言ってもちょっと気がかりな点があった。ベーシックグレードの1.8Uだ。1.8Uは従来プリウスのパワートレーンを引き継ぐ廉価版で、サブスクのKINTO専用モデル。

 そこで今回はPHEV、2.0HEV、1.8HEVというプリウス3つのパワートレーンを一挙に集めて、ベストカー恒例の燃費テストを実施した。

 トヨタのハイブリッドは基本的に市街地モードが大得意で、他メーカー車との比較になるとこのセクションで大きな差をつけることが多い。

 逆に言えば、同じトヨタハイブリッド同士の比較では、みんな同じく得意だから差が出にくいと思っていた。

 ところが蓋を開けてみれば「市街地モード」から1.8Uがいきなりのリード。1.8Uの29.7km/Lに対して、2位のPHEVが約13%、3位の2.0HEVが約19%、燃費で後れをとるスタート。

 この時点で、「おお、KINTO号意外にヤルじゃん!」と期待が高まったのだが、第2スティントの高速道路でも1.8Uは32.5km/Lと好調を持続。このセクションはACC任せの一列縦隊走行だからデータのばらつきは最も僅少で、誰がやっても同じ数字が出るはず。

 そこで、2位の2.0HEVが約14%、3位のPHEVが約15%の差をつけられたのには驚いた。

 さらに決定的だったのが、最終スティントの郊外一般路だ。ここで1.8Uは35.6km/Lというベストレコードをマーク。2、3位はまったくの同値だったが、その差は約24%とブッチギリ。これなら燃費チャンピオンのヤリスHEVにも迫れるんじゃないかという好データを記録してのフィニッシュとなった。

 この結果は、テスト前に予想したものとは大違い。「今度のプリウスは燃費バトルから降りたのではなく、バトル担当が1.8Uになった」というのがテストの結果判明した事実でございました。

 一方、1.8Uは動力性能でははっきりと劣る。もちろん街中でも高速道路でも実用上不足はないが、2.0HEVから乗り換えると、ちょっと物足りなさを感じるのは事実。

 1.8Uが履く195/60R17サイズのタイヤは乗り心地と操縦性のバランスがよく、2.0HEVやPHEVに標準装着される195/50R19に対するネガは感じなかった。

●鈴木直也の結論:新型プリウスらしさを味わうのならPHEVだが、1.8Uの燃費は侮りがたしだ!!

次ページは : ■装備の充実度とユーザーの満足度は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します