ヤリス超えの販売台数ってマジかよ‼︎ コンパクトカー選びの決めて教えます

ヤリス超えの販売台数ってマジかよ‼︎ コンパクトカー選びの決めて教えます

 最新コンパクトカーは全部魅力的すぎて選べない‼︎ 効率的な燃費と扱いやすいサイズが都市での運転に便利。また、最近のモデルは内装や安全機能も充実しており、多くのオプションやハイブリッドモデルもあって決められない‼︎ そんなあなたもこの記事で買いたい1台が見つかるはず‼︎
※本稿は2023年7月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/TOYOTA、NISSAN、HONDA、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2023年8月26日号

■1位:トヨタ アクア(販売台数:3万8128台)

販売台数ランキング・コンパクトカー部門第1位のトヨタ アクア。全長4050×全幅1695×全高1485mm 1.5L、直3DOHC(91ps/12.2kgm)+モーター(80ps/14.4kgm) 33.6km/L 価格199万7000~259万8000円
販売台数ランキング・コンパクトカー部門第1位のトヨタ アクア。全長4050×全幅1695×全高1485mm 1.5L、直3DOHC(91ps/12.2kgm)+モーター(80ps/14.4kgm) 33.6km/L 価格199万7000~259万8000円

●新しくなったアクアは居住性も質感もクラス超え!! 販売1位のアクアを解説!! 

 アクアはガソリンエンジンを用意しないハイブリッド専用車だ。1.5L、直列3気筒がベースで、WLTCモード燃費は、売れ筋のGやZが33.6km/Lになる。全長は4050mmと短いが、ホイールベースは2600mmと長めに確保され、後席を含めて居住性も快適だ。各種装備が充実したGの価格は223万円となる。

*   *   *

 アクアはハイブリッド専用車だが、2種類のガソリンエンジンを用意するヤリスを抑えてコンパクトカーの販売1位になった。全長は4m少々だが、前後席ともに車内は広く、内装も上質で走行安定性と乗り心地もいい。価格も割安で人気を集めた。

■2位:トヨタ ヤリス(販売台数:3万7080台)

販売台数ランキング・コンパクトカー部門第2位のトヨタ ヤリス。全長3940×全幅1695×全高1500mm 1.5L、直3DOHC(91ps/12.2kgm)+モーター(80ps/14.4kgm) 35.8km/L 価格147万~254万8000円
販売台数ランキング・コンパクトカー部門第2位のトヨタ ヤリス。全長3940×全幅1695×全高1500mm 1.5L、直3DOHC(91ps/12.2kgm)+モーター(80ps/14.4kgm) 35.8km/L 価格147万~254万8000円

ガソリンもハイブリッドも超魅力的!! 選択肢豊富なヤリスとハイブリッド専用のアクアを徹底比較!! 

 コンパクトカーの定番車種で、パワーユニットは直列3気筒で1L、1.5L、1.5Lハイブリッドと豊富に用意する。後席が狭く、14インチタイヤを中心に乗り心地も粗いが、ボディは軽く動力性能にも余裕がある。ハイブリッドXのWLTCモード燃費は36km/Lで、日本で購入可能な四輪車では最良の数値だ。

*   *   *

 販売順位が2位のヤリスは、アクアに比べて商品力が下がる。全長が4m以下に収まる代わりに、後席の足元空間は狭めだ。

 身長170cmの大人4名が乗車した時、後席に座る乗員の膝先空間は、アクアは握りコブシ2つ弱だが、ヤリスは1つ少々に留まる。ホイールベースがアクアに比べて50mm短いことが影響しており、同じ理由で、乗り心地と走行安定性もアクアを下まわる。

 価格はアクアGが223万円、ヤリスハイブリッドGは214万5000円と安いが、アクアGは100V・1500Wの電源コンセントやLEDヘッドランプを標準装着する。総合的に考えると、アクアGの価格が8万5000円高くてもヤリスハイブリッドGに比べて買い得だ。

次ページは : ■3位:日産 ノート(販売台数:2万8072台)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!