電動感マシマシ!! ノートオーラNISMOが超絶楽しい!! 300万円以下で買える小回り&走り超楽しいコンパクトカー3選

電動感マシマシ!! ノートオーラNISMOが超絶楽しい!! 300万円以下で買える小回り&走り超楽しいコンパクトカー3選

 小さなクルマにスポットライトが当たりにくくなった昨今だが、小さなクルマで街中をスイスイ走るのは、いつの時代も捨てきれない魅力の一つだ。今回は、車両本体価格300万円以下、ボディ全幅1750mm以下の条件で、街中はもちろん高速道路使いもストレスにならない、走りが楽しいコンパクトカーを紹介していく。

文/佐々木亘、写真/NISSAN、TOYOTA、VW

■e-POWERとNISMOのこだわりがつまった日産ノートオーラNISMO

日産ノートオーラNISMO(全高4125×全幅1735×全高1505mm/車体価格:298万1000円)
日産ノートオーラNISMO(全高4125×全幅1735×全高1505mm/車体価格:298万1000円)

 第二世代のe-POWERが、のびやかで力強い加速を実現するノートオーラに、NISMOのこだわりが詰め込んだ1台。

 この仕様には、専用ボディパーツに専用サスやアルミホイール、アルカンターラ巻きのステアリングに専用チューニングのレカロ製スポーツシートなどが搭載される。こんなに贅沢な装備がついて車両本体価格は298万1000円だ。

 専用ホイールはベース車が6.5Jのところを7Jへワイドリム化している。タイヤの接地面積や旋回時の剛性を高めながら、最小回転半径は5.2mに抑えた。街中の運転は非常に楽だ。

 高速道路では第二世代のe-POWERが過不足のないパワーを生み出す。

 また、NISMO専用にチューニングされたドライブモードは、標準のノートオーラと比較して加速力を際立たせたセッティングになった。合流や追い抜きが必要な場面で、爽快な走りが堪能できるだろう。

 唯一、日産の売りであるプロパイロットがメーカーオプションなのは残念なところ。高速道路走行が多いユーザーには選択を強く勧めたい。

 短距離から長距離まで楽に乗りこなせるAURA NISMO。これが車両本体価格300万以下で手に入るのは、驚くばかりだ。

■コンパクトかつしなやかな走りを堪能できるフォルクスワーゲンポロTSI Active

フォルクスワーゲンポロTSI Active(全高4085×全幅1750×全高1450mm/車体価格:299万円)※写真は TSI R-Line
フォルクスワーゲンポロTSI Active(全高4085×全幅1750×全高1450mm/車体価格:299万円)※写真は TSI R-Line

 ポロには走りのグレードR-LineやGTIがある。

 しかし、素性の良いポロはベーシックなグレードでも充分。スポーツグレードよりも足回りには適度な柔らかさが残り、走りのいいコンパクトにありがちな、嫌な硬さを感じなくて済む。

 TSI Activeの車両本体価格は299万円と、ギリギリ300万円を切る価格帯にあるのは嬉しい。輸入コンパクトに走りを求めると、どうしても400万円に手がかかるが、そこを300万円以下に抑えているのはお見事。

 ボディ全幅は1750mmと標準的な大きさで、最小回転半径は5.1mと今回紹介する3台の中では最も小さい。ボディ四隅をしっかりと見渡せる視界の良さは、取り回しの良さにも大きく寄与する。

 高剛性ボディと路面追従性の高い足回りがマッチして、ステアリングからクルマの動きをダイレクトに感じるのがポロの特徴。高速道路でもしっかりとした操舵感と過不足ないエンジンパワーがあり、走行フィールは上々だ。

 ただし、こちらもアダプティブクルーズコントロールなどはオプション設定。安全性能や快適さも上がるテクノロジーパッケージは、使用シーンによって要検討だ。

 フォルクスワーゲンならではの、しなやかな走りを体感できるポロ。この軽快さは、ポロでしか味わえない。

次ページは : ■走りの良さを際立たせるアクア GR SPORT

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します