たしかハリアーの後釜だった気が……一瞬いたヴァンガードって一体なんだったの!?

たしかハリアーの後釜だった気が……一瞬いたヴァンガードって一体なんだったの!?

 2代目をもって終売となったハリアー。後に復活するのだが、後釜的に投入されたのがヴァンガードであった。とはいえ高級なんだか……これといった特徴もなかった気も。あのヴァンガードって一体なんだったの!?

文:永田恵一/写真:ベストカーWeb編集部

■今でこそトヨタSUVは手厚いも15年前はミドルSUV手薄

カローラクロス
今でこそカローラクロスなどミドルSUVも豊富だが、当時は手ごろなサイズのをトヨタはラインアップしていなかったのだ

 現在のトヨタのラインナップにおいてSUVは、ライズからランドクルーザー300まで10台が揃い、抜け目がない。

 それが15年ほど前も相当数存在した。

 ラッシュにRAV4、さらにはヴァンガード。そして未だ人気のハリアー、ハイラックスサーフ、FJクルーザー、ランドクルーザープラド、ランドクルーザー200などなど。

 モデル数こそ今とそれほど変わらないが、ミドルクラスが手薄だった傾向を感じる。

 そのなかで現役時代から妙に存在感が薄かったのがヴァンガードで、ここでは1代限りで終わってしまったヴァンガードを振り返ってみた。

■大きな特色なし!? エクストレイルなどライバルが当時強すぎた……

当時この市場で3列シートがあったのはヴァンガードとアウトランダー程度で、コレはかなりセールス面で有利でったのも事実
当時この市場で3列シートがあったのはヴァンガードとアウトランダー程度で、コレはかなりセールス面で有利でったのも事実

 2007年8月に登場したヴァンガードの成り立ちは、当時3代目モデルだったRAV4の海外向けにあった3列シートも設定するロングボディの日本仕様である。

 そのため当時のミドルクラス以上のFF車に多く使われていた新MCプラットホームを採用。

 パワートレーンは2.4リッター直4+CVTと3.5リッターV6+5速ATと、特に目新しいところはなかったというのが率直なところだ。

 2006~07年に出たトヨタ車はヴァンガードと同じMCプラットホームを使うモデルがかなりあった。

 3代目エスティマ、初代オーリス&ブレイド、マークXジオ、カローラルミオンなどで、乗ってみても絶大なインパクトを感じるものもあまりなかった。

 ヴァンガードも3.5リッターV6の速さとレブリミッターの作動がカッコよかった点以外、「普通によくまとまったミドルSUV」という印象しか筆者にはない。

 当時のライバルは、/アウトドア向きの雰囲気と日本初のクリーンディーゼルという今でも流行りそうな2代目エクストレイル。

 3代目CR-Vに初代アウトランダー。そして3代目フォレスターも存在し、ヴァンガードが目立たないのも当然だった。

 それでもヴァンガードの販売はカローラ店とトヨペット店扱いだったことあったのか、登場時月2500台の販売目標台数に対し、約6年間で約12万6000台(月平均約1800台)とまずまずで、この点にはトヨタが持つ販売力の底力を感じる。

 しかし、ヴァンガードは2013年に3代目ハリアーを実質的な後継車に絶版となり、一代限りで姿を消した。

次ページは : ■立ち位置が謎だった!? ハリアーの後継になり得ず

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!