アルファードたち人気車は最初から売れていたのか? 初代モデルの評価と売れゆき4選

アルファードたち人気車は最初から売れていたのか? 初代モデルの評価と売れゆき4選

 いま“人気車”と呼ばれている車の多くは3代目、4代目……と代替わりを重ねているモデルがほとんど。例えば、ホンダのフィットやトヨタのアルファードなども、その代表例だ。

 一般的に人気車には、初代モデルで売れ行きが伸び悩んだ車種はほとんどない。販売が低迷すると、車名を変えて別の車種にするからだ。

 ただし、最初は不人気で後になって人気を集めたという「例外」もある。

 人気車は最初からヒットを飛ばし、高い評価を得ていたのか? 現在も人気を集める4台のヒット車の原点でもある“初代”の評価と売れ行きを改めて振り返る。

文:渡辺陽一郎
写真:HONDA、TOYOTA、SUZUKI


初代フィット/2001年登場

初代フィット(2001-2007年)/現行型は3代目でフルモデルチェンジ目前。初代は登場直後の2002年に歴代でも最高となる25万台超を売り上げ、他車にも大きな影響を与えた

 フィットは、現行型で3代目になるから、各モデルとも人気車だった。

 特に凄かったのが2001年に発売された初代モデルだ。発売時点ではエンジンは1.3Lのみで、3グレードの構成だったが、超絶的に売れて2002年には国内販売の総合1位になった。

 初代フィットは、現行型と同じく燃料タンクを前席の下に搭載して荷室を広げ、ボディサイズの割に後席も広い。運転しやすく、燃費の優れたコンパクトカーでありながらファミリーカーとしても使いやすい。現行型とほぼ同じ特徴を備えた。

 しかも、売れ筋となる「A」の価格は114万5000円で、コンパクトカーのなかでも特に割安だった。

 慌てたのがトヨタだ。初代ヴィッツは急遽1.3Lを追加して、買い得な「U・Dパッケージ」をフィット「A」と同額の114万5000円に据えた。デュエットも改良して「1.3V」を114万3000円で設定している。

 少し上級のイストも加えて「フィット囲み込みフォーメーション」を、わずか1年ほどの間に完成させた。

 ちなみに、この時代のトヨタは、自社製品よりも好調に売れるライバル車を許さなかった。自社製品を改良したり「刺客」の新型車を送り込み、競争相手を必ず販売面で打ち負かした。

 当時は嫌な気分を味わったが、今にして思えば、ほかのメーカーはトヨタによって鍛えられていた。

 ホンダがモビリオを発売すればトヨタはシエンタ、ストリームを出せばウィッシュという具合に徹底マークされたが、この時期にホンダはミニバンの商品力を大幅に高めている。トヨタの「ホンダ叩き」がなかったら、今のホンダの優れたミニバンは存在しなかったかも知れない。

 話を初代フィットに戻すと、トヨタ車に限らずコンパクトカーの流れを変えた。ライバル車の2代目デミオも、「カジュアル」を114万5000円で設定している。まさに「フィットの時代」であった。

初代プリウス/1997年登場

初代プリウス(1997-2003年)/現在は4代目に突入しているプリウス。当初はヒット車ではなく、爆発的に売れたのは3代目の先代から。2010年に年間31万台超のセールスを記録した

 冒頭で「好調に売れている人気車には、初代モデルで売れ行きが伸び悩んだ車種がほとんどない」と述べた。この数少ない例外が、1997年に発売された初代プリウスだ。

 世界初の量産ハイブリッド乗用車として注目を浴びたが、売れ行きは伸びていない。1998年における初代プリウスの国内登録台数は1万7700台で、少し時間が経過した2002年には6700台まで下がった。

 一方、2018年には現行型が11万5462台登録されている。人気の高かった先代型が発売された直後の2010年には、国内だけで31万5669台が登録された。2018年に国内販売総合1位になったN-BOXが24万1870台だったから、31万台を超えた先代プリウスは超絶的な人気車だった。

 この先代プリウスに比べると、初代モデルの売れ行きは低調だったことになる。

 ただし、初代プリウスは、ほかの車種と事情が違う。発売直後はハイブリッドシステムがユーザーから理解されず、メーカーや販売店には「充電はどうすれば良いのか」といった質問が寄せられた。

 未知の技術だから、ユーザーが慎重になるのも当然で、売れ行きをほかの車種と同列に評価することはできない。

 また、販売系列も異なる。先代型の3代目以降はトヨタの全店(約4900店舗)が扱うが、初代プリウスはトヨタ店のみ(約1000店舗)であった。

 そして初代プリウスは、2000年のマイナーチェンジでプラットフォームを含めて機能を大幅に刷新するなど、フルモデルチェンジに匹敵する変更を受けている。

 初代プリウスは、売れ行きこそ伸びなかったが、改良を施しながら商品力を高めて2代目以降の飛躍に繋げた。

次ページは : 初代アルファード/2002年登場

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ