GT-Rはポルシェより上? ダウンサイジングは弱点!? 日本のターボは世界に勝てるのか?

 1989年。後の自主規制値となる280psを発生した4代目Z32型フェアレディZの登場で、「モアパワー」を是とする時代は一旦ピークを迎える。

 その後、バブル景気の崩壊や環境意識の高まりなどから、燃費で不利なターボエンジンおよびスポーツモデルは不遇の時を過ごすことになる。

 が、フォルクスワーゲンが2006年に燃費と動力性能を両立させるダウンサイジングコンセプトを採用した5代目ゴルフを発表したことで再びターボに脚光が当たり、現在に至っている。

 現在の日本には、国産車だけでもガソリンターボ=28車種、ディーゼルターボ=11車種、ハイブリッドターボ=1車種と、かなり多くのターボモデルが用意されている。軽自動車も含めれば、その数はさらに増える。かつては環境の敵といわんばかりに駆逐されかかったターボが、雄々しく復活を遂げた形だ。

 今回は現行ターボモデルの登録車を主な対象とし、気になるであろうことを多角的に検証、紹介していく。ダウンサイジングタイプにトルク自慢のディーゼル、はては600ps級スポーツまで。ニッポンのターボの凄みを、存分に感じてほしい。

※本稿は2019年4月のものです
文:国沢 光宏、片岡英明、西川 淳、松田 秀士/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年5月26日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ