【カスタムよりN-BOXが良い??】「派手顔より素顔」が良い車 5選


 近年、同じモデルでも異なる“顔”を用意している車は以前にも増して増えている。

 なかでも軽自動車では、標準仕様と異なる派手顔のカスタム系モデルが数多く設定されているが、それ以外でも、スポーツグレードなどで外観を差別化している車種は少なくない。

 近年は、派手顔全盛時代ということもあって、メーカー側もカスタム系デザインにより真剣に取り組むようになって、完成度が上がっている。

 それに引きずられるように標準車のオラオラ度も増し、両者の区別が難しいモデルも多くなった。逆に標準車がチープに見えるケースも増えている。かつての文法は通用しなくなりつつあるのだ。

 それでもまだ、「標準車のほうが清楚で良い」という古典的なモデルは存在する。本稿では、そうした普段注目が集まりにくい“地味顔”モデルを紹介したい。

文:清水草一
写真:編集部、HONDA


“カスタムじゃない”N-BOX

標準モデルのN-BOX。カスタム系に対して、プレーンで親しみやすいデザインとなっている

 これぞ古典派の代表格。N-BOXは断然標準車のデザインが良い!

 思えば先代N-BOXでは、その度合いがさらに強かった。標準車のN-BOXは、日本の自動車デザイン史に残るくらいのハイレベルな機能美を持っていたが、N-BOXカスタムは、その顔にベタベタとメッキグリルを張り付けることで、シンプル&プレーンな美をブチ壊していた。

 販売割合は半々だったので、つい標準車を応援したくなり、余計愛おしく思えたものです。

 それに比べると新型は、カステム系に引きずられる形で標準車のシンプル度が落ち(典型的なのがテールランプ形状)、カスタム系は下品度がさらに増した。全体にレベルが下がってしまったわけですが、それでも断然標準車のほうが素敵です。

“カスタムじゃない”タント

タントの標準モデル。こちらもN-BOX同様、カスタムとは異なり派手さは薄いデザインだ

 もう間もなくフルチェンジするわけですが、今回は現行モデルについて。

 正直、現行タントのデザインはまったくの駄作。どこにも特徴がないのに、微妙にバランスが悪くてヌルい。N-BOXにブッちぎられたのもよくわかる。

 が、タントカスタムと比べると、まだ標準車のほうが良い。タントカスタムのフロントフェイスは、メッキグリルとエラの張ったアゴを張り付けることでオラオラ感を演出するという、完全に時代遅れなパターンだ。

 これなら所帯臭さ満点の通行人タイプ(標準タント)のほうが好感が持てます。あくまで減点法での評価ですが。

次ページは : “スパーダじゃない”ステップワゴン

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ