地味な方が実は秀逸!?「派手顔より素顔」が良い車 5選

 近年、同じモデルでも異なる“顔”を用意している車は以前にも増して増えている。

 なかでも軽自動車では、標準仕様と異なる派手顔のカスタム系モデルが数多く設定されているが、それ以外でも、スポーツグレードなどで外観を差別化している車種は少なくない。

 近年は、派手顔全盛時代ということもあって、メーカー側もカスタム系デザインにより真剣に取り組むようになって、完成度が上がっている。

 それに引きずられるように標準車のオラオラ度も増し、両者の区別が難しいモデルも多くなった。逆に標準車がチープに見えるケースも増えている。かつての文法は通用しなくなりつつあるのだ。

 それでもまだ、「標準車のほうが清楚で良い」という古典的なモデルは存在する。本稿では、そうした普段注目が集まりにくい“地味顔”モデルを紹介したい。

文:清水草一
写真:編集部、HONDA


“カスタムじゃない”N-BOX

標準モデルのN-BOX。カスタム系に対して、プレーンで親しみやすいデザインとなっている

 これぞ古典派の代表格。N-BOXは断然標準車のデザインが良い!

 思えば先代N-BOXでは、その度合いがさらに強かった。標準車のN-BOXは、日本の自動車デザイン史に残るくらいのハイレベルな機能美を持っていたが、N-BOXカスタムは、その顔にベタベタとメッキグリルを張り付けることで、シンプル&プレーンな美をブチ壊していた。

 販売割合は半々だったので、つい標準車を応援したくなり、余計愛おしく思えたものです。

 それに比べると新型は、カステム系に引きずられる形で標準車のシンプル度が落ち(典型的なのがテールランプ形状)、カスタム系は下品度がさらに増した。全体にレベルが下がってしまったわけですが、それでも断然標準車のほうが素敵です。

“カスタムじゃない”タント

タントの標準モデル。こちらもN-BOX同様、カスタムとは異なり派手さは薄いデザインだ

 もう間もなくフルチェンジするわけですが、今回は現行モデルについて。

 正直、現行タントのデザインはまったくの駄作。どこにも特徴がないのに、微妙にバランスが悪くてヌルい。N-BOXにブッちぎられたのもよくわかる。

 が、タントカスタムと比べると、まだ標準車のほうが良い。タントカスタムのフロントフェイスは、メッキグリルとエラの張ったアゴを張り付けることでオラオラ感を演出するという、完全に時代遅れなパターンだ。

 これなら所帯臭さ満点の通行人タイプ(標準タント)のほうが好感が持てます。あくまで減点法での評価ですが。

“スパーダじゃない”ステップワゴン

2017年に改良をおこなったステップワゴンの標準モデル。メッキグリルを多用し、ヘッドランプ形状も異なる「スパーダ」とはかなり違う印象だ

 現行ステップワゴンは、デザインが痛恨だった。なにより顔が幅狭く見えることが致命的。

 箱型ミニバンは箱をしっかり見せるのが命だが、ステップワゴンはフロント部の角をラウンドさせすぎて、顔の面積そのものが狭く感じるのである。パッと見、フリードとの区別もつきにくい。

 それでいてボディ後部はしっかり角Rが立っていて、デザインバランスが猛烈に悪い。ただの箱なのに箱になってない! これではノア/ヴォクシーやセレナに勝てない。わくわくゲートのアイデアは秀逸だったんだけどねぇ。

 ところが、カスタム系のスパーダはさらに悪い。小顔をなんとかデカく見せようと、超古典的な鉄仮面をかぶせてしまった!

 しかもこの鉄仮面。一番上のメッキ部が昔のオッサンのネクタイみたいに太く格好が良いとは言えない。これに無意味なリアウイングやらサイドスカートやらをつけると、救いがたいセンスの悪さになる。これならまだ標準車のほうが断然イイです。消去法ですけど。

“ワークスじゃない”アルト

ワークスはかなり武骨な印象だが、標準モデルのアルトはシンプルで親しみのわくデザインに仕上げられている

 私に言わせれば、アルトのデザインは秀逸である。これは自動車のデザインの王道を行っている。

 近年の軽やミニバンは、脱・自動車デザイン化をはかっており、「走る」という機能の表現をあえて放棄することで、従来の自動車とは別世界を構築し成功(?)している。

 一方、アルトは従来の自動車デザインの範疇にあり、そのなかでしっかりとカタマリ感や踏ん張り感、前進感の表現に成功している。ヘッドライトのメガネ的な衣装もインプレッシブ!

 アルトワークスは、それを古典的にエボリューション化している。それについても文句はないのだが、いかんせん、ここまで小さいクルマをこのように武装化すると、絶対的なもの悲しさみたいなものが浮き上がってしまうのです。

 ちっちゃいケーキにろうそく30本立てたような。それはそれで微笑ましいのですが、素のアルトのほうが、このデザインの本来の良さがわかりやすい。

“タイプRじゃない”シビック

タイプRと異なり、大型リアウイング等がないシビックハッチバック。それでも全体にスポーティな印象もあり、ちょうどいいバランスのデザインにまとめられている

 シビックタイプRの超古典的な満艦飾的スポーツハッチの作り方に対しては、批判の声もある。「いまどきまだこんなことやってんのか」とか、「いまどきこんなリアウイングはないだろう」とか。

 がしかし、機能(=サーキットでのタイム短縮)の裏付けは確実にある付加物だし、このバリバリ伝説ぶりに郷愁をかきたてられる部分もある。私も「超イケてないタイプRが好き!」という感情を抑えきれない。

 でも、素のシビックハッチバックを見ると、ああ、これくらいの素の武装感だったら気が楽だな、という思いにかられる。

 タイプRに乗ってチンドン屋になるのも捨てがたいが、適度に戦闘的な大型ハッチバックにリボーンしたシビックに乗り、適度に張ったエラや控え目なリヤウイングに青春時代の夢を感じつつ、世の移り変わりと中高年になった自分にしみじみするのもいいんじゃないか。

 このほのかな青春の香りを否定することは、私にはできません。

こちらは大型のリアウイングやフェンダーなど、わかりやすいスポーティさが売りのシビックタイプR

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ