今思えばスタイリッシュでバランスのいいFRスポーツサルーン! 「先代レクサスIS」は乗るとけっこうイケてた? 

今思えばスタイリッシュでバランスのいいFRスポーツサルーン! 「先代レクサスIS」は乗るとけっこうイケてた? 

 日本でのレクサス開業時にラインナップされていたセダンの先代IS。今思うと、当時は妙に評価が低かったような気がするモデルだが、実際にオーナーとして乗っていてかなりよかったと思うので再評価してみたい。

文/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生、写真/ベストカー編集部、レクサス

【画像ギャラリー】今見ても「先代レクサスIS」はスタイリッシュなFRスポーツサルーンだった!(15枚)画像ギャラリー

■事実上の初代ISであるアルテッツァよりもサイズアップ!

先代レクサスIS。事実上の初代ISとなるアルテッツァよりもサイズも価格もかなりアップして2005年に登場した
先代レクサスIS。事実上の初代ISとなるアルテッツァよりもサイズも価格もかなりアップして2005年に登場した

 レクサスが日本での開業を開始したのが2005年8月。同時に発表された2代目GSとSCより1カ月遅れて先代ISは日本での発売をスタートすることになった。先代ISは日本では初代モデルとなるが、実はグローバルでは2代目モデル。初代ISはアルテッツァの車名で日本では販売されていたのだった。

 先代ISはアルテッツァから車格が上がり、ボディサイズも向上。全長4400×全幅1720×全高1410mm、ホイールベース2670mmのアルテッツァから先代ISでは全長4575×全幅1795×全高1430mm、ホイールベース2730mmにまでサイズアップ。

 また、車格向上に合わせて価格帯も大幅に上昇。200万円台前半~300万円台前半で購入できたアルテッツァに対し、先代ISでは300万円台後半~500万円台前半にまで向上。ターゲット層はかなりアルテッツァ時代から変わったと言えるだろう。

 先代ISのチーフエンジニアを務めたのは福里健氏。デザインテーマは「流鏑馬」で、当時のレクサスデザイン共通のテーマである「Lフィネス」を取り入れている。

 やや上がっているリアからフロントにかけて流麗に流れていくデザインは個人的に非常にスポーツセダンとしてまとまっていると感じており、当時E46型BMW320iに乗っていた自分にとっても気になるクルマだった。

■バランスのいい上品なFRスポーツサルーン

エレガントでスタイリッシュな先代ISのリアビュー。リアコンビランプのデザインも精悍だ
エレガントでスタイリッシュな先代ISのリアビュー。リアコンビランプのデザインも精悍だ

 個人的な話になるが、この先代IS250バージョンSに乗っていた妻と結婚することになり、自分のBMW320iを義姉に売却して1台にまとめることになった。それから7年ほどIS250バージョンSに乗ることに。

 乗っていた先代IS250はその先代型となるアルテッツァが直4と直6DOHCだったのに対し、V6DOHCの4GR-FSE(ハイオク仕様)を搭載。そのスペックは最高出力215ps、最大トルク26.5kgmを発揮し、必要十分な性能だったように思う。

 同じエンジンを積むレギュラー仕様の2代目マークXの場合、最高出力203ps、最大トルク24.8kgmだったことを思えば、ハイオク仕様の恩恵を受けたエンジンだった。

 実際に先代IS250に乗っていて思ったのは、その加速のスムーズさ。6気筒エンジンらしくなめらかに吹け上がる感覚はなかなかのものだった。もちろん、1580kgという軽くはない車重もあったのだが、パワフルさこそなかったものの上品なFRスポーツサルーンとして充分に走ってくれた。

 直6、2.2LDOHCのMB54B22(最高出力170ps/最大トルク21.4kgm)を積んだ前愛車、E46型BMW320iも非常にバランスの取れたFRミドルセダンだったが、この先代IS250バージョンSもE46型BMW320iをちょいパワーアップさせたような感じで、絶妙なバランスだったように思う。

先代ISのインテリア。オーディオにはCDとMD両方を備えていたことが懐かしい
先代ISのインテリア。オーディオにはCDとMD両方を備えていたことが懐かしい

 インテリアも各所にコストのかかるソフトパッドを採用し、その質感の高さはクラス標準よりも上だった。

次ページは : ■スタイルの完成度は現行型ISよりも個人的には上だ!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!