激シブじゃん……70年代の伝説!! ウェッズが生み出した日本初の鍛造3ピースホイール「RACINGFORG」が令和の最新技術で大復活!!!

激シブじゃん……70年代の伝説!! ウェッズが生み出した日本初の鍛造3ピースホイール「RACINGFORG」が令和の最新技術で大復活!!!

 ラグジュアリーなドレスアップ系からスポーツ系まで、幅広いホイールを手掛けるウェッズ。そんなウェッズが、会社創立60周年を記念し、1970年代にレースの世界で大きな影響を与えた伝説のホイール「RACINGFORG(レーシングフォージ)」を復活させた!!

文/ベストカーWeb編集部、写真/Weds、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】サニーに似合いすぎ……!! 昭和な匂いが堪らないウェッズの「RACING FORG」を写真でチェック!!(8枚)画像ギャラリー

■伝説のホイールが大復活!!

足元で抜群の存在を放つのが今回ウェッズが復刻させた伝説のホイール「レーシングフォージ」だ
足元で抜群の存在を放つのが今回ウェッズが復刻させた伝説のホイール「レーシングフォージ」だ

 東京オートサロン2024のウェッズブースに展示された日産のB110型サニー。白いボディに青と赤のストライプが鮮烈なレース仕様車だ。

 足元を見ると、伝説のホイール「RACINGFORG(レーシングフォージ)」を履いているではないか! しかもピッカピカ。

 レーシングフォージとは、1977年に国内初の鍛造3ピースホイールとして登場し、富士フレッシュマンレースなどのツーリングレースで高い装着率を誇った伝説のホイールで、今でも非常に多くのファンがいる。

 そんなホイールを、なんとウェッズは2024年に迎える会社創立60周年を記念して復刻させたのだ。

 せっかくならとことんこだわろうということで開発を進め、市販化を実現。

 筑波サーキットで開催されたJCCA主催の旧車レースや、昨年12月に富士スピードウェイで開催されたニスモフェスティバルなどで展示したところ、オリジナルを知るユーザーを中心に多くの反響があったという。

■こだわりの詰まった逸品

 もちろん、復刻とはいえ半世紀近く前のオリジナルをただ真似した……というわけではない。

 1977年登場のオリジナルは型鍛造(プレス)で、ディスクとリム共に鍛造で造られた溶接の3ピースでできていた。

しかし、今回の復刻版では、ディスクは鍛造の削り出し、リムは鋳造の圧延(スピニングでのばす方式)で製作。

 最新の強度基準に適合するよう設計も見直されており、なかでもリムの強度アップに伴い、ディスクもオリジナルから強度を大幅に上げなければならないといった苦労があったという。

 その甲斐あって、現代のレース用スリックタイヤがもつ強力なグリップにも耐えられる性能を持っている。

 デザインは、当時のオリジナル品を3Dスキャンし再現。ディッシュとスポークの2種類が用意されており、なかでもディッシュタイプはディスク内側の外周部に肉抜き加工を施し、軽量化を実現。

 リム部に貼られる付属の「RACINGFORG」と書かれたステッカーはベタ貼りを採用。あえて抜き文字にせず、オリジナルを忠実に再現しているのがマニア心をくすぐるポイントだ。

次ページは : ■父親のマシンをオマージュしたサニー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!