この車にはこの色が似合う!!特定のカラーがベストマッチしていたクルマ5選

この車にはこの色が似合う!!特定のカラーがベストマッチしていたクルマ5選

 メーカーが発表する新型車には、そのモデルの「イメージカラー」が設定されている。実際に売れ筋となるのは、白や黒、シルバーといったボディカラーであることが多いのだが、車種によっては、個性的なカラーがクルマのキャラクターと結びつき、それが印象的に残っている場合もある。今回はそんなベストマッチなモデルをいくつか振り返ってみようと思う。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:SUBARU、MAZDA、HONDA、NISSAN、TOYOTA、ベストカー編集部

2代目レガシィの「カシミヤイエロー」

 1993年〜1998年まで販売され、スバルという会社を大きく成長させた2代目「レガシィ」。5ナンバーサイズ、そしてハイパワーワゴンという独特の個性によって、当時高い評価を受けていた。

 その最終型に設定された、2.0Lツインターボエンジン+ビルシュタインダンパーで武装した最強ツーリングワゴン「GT-B」には、「カシミヤイエロー」というボディカラーが非常にマッチしていた。「荷物を積んでロングツーリングもできる快速ワゴン」という個性で大ヒットしたモデルだが、ややクリームっぽい淡い黄色の色合いが、意外にもレガシィのグランドツーリングカーという資質にぴったりとマッチしていたように思う。ビルシュタインのバッジとの相性も抜群だった。

2代目レガシィツーリングワゴンに設定されたGT-Bの「カシミヤイエロー」。ボディカラーとしては個性的だが、意外とレガシィの大人な雰囲気に似合う
2代目レガシィツーリングワゴンに設定されたGT-Bの「カシミヤイエロー」。ボディカラーとしては個性的だが、意外とレガシィの大人な雰囲気に似合う

ユーノスロードスターVスペシャルの「ネオグリーン」

 マツダのコンパクトFRオープン「ユーノスロードスター」の初代モデルに追加された「Vスペシャル」の「ネオグリーン」というカラーも、なかなか印象深いカラーだ。

 MGBやジャガーEタイプといった英国スポーツカーを思わせるような深いグリーンで、タンカラーの本革シートやナルディのウッドステアリングにもベストマッチ。渋い大人のスポーツカーという雰囲気が演出されていて、最高にカッコ良かった。ロードスターのデザインは、日本の伝統的な美的感覚からインスパイアされたものだそうだが、英国調に仕立ててもよく馴染み、ロードスターの個性をより際立たせてくれていた。

ユーノスロードスター Vスペシャルに設定された「ネオグリーン」のボディカラー。タンカラーの本革シートとの相性は抜群にカッコイイ
ユーノスロードスター Vスペシャルに設定された「ネオグリーン」のボディカラー。タンカラーの本革シートとの相性は抜群にカッコイイ

次ページは : ホンダビートの「カーニバルイエロー」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!