幻の…V37スカイラインクーペ!! 400Rの実績があれば日本でもいけるぞ!! 美しきインフィニティQ60の姿と実力

幻の…V37スカイラインクーペ!! 400Rの実績があれば日本でもいけるぞ!! 美しきインフィニティQ60の姿と実力

 現在日本で販売されている日産「スカイライン(V37型)」は、セダンのみのラインアップだが、かつてのスカイラインには、クーペも存在した。セダンよりも全高は低く、流麗なルーフラインが美しいクーペだが、実は現行モデルにもクーペのボディスタイルは存在する。インフィニティ「Q60」だ。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:INFINITI

現行スカイラインは、北米がメインターゲット

 アスリートのような塊感のあるフォルムや、メリハリのあるフェンダー、ボンネット、サイドビューなど大胆で動きのあるスタイリングが魅力的な現行V37 型スカイライン。いかにも、北米で好まれそうなデザインをもち、日本での発表(2013年11月)よりも前に「インフィニティQ50」として北米で発表(2013年9月)となっていることを考えれば、現行モデルは、北米をメインターゲットとして開発されていることがわかる。

現行型のインフィニティQ60。クーペならではのスタイリングが楽しめる
現行型のインフィニティQ60。クーペならではのスタイリングが楽しめる

 その後2019年のビッグマイナーチェンジによってVモーショングリルや日産バッジへの変更(もともとインフィニティエンブレムが装着されていた)がなされ、プロパイロット2.0の搭載などテクノロジー面でも話題となったが、もともとのデザインを考えると、インフィニティの流れを汲んでいた頃のほうが自然だったようにも感じる。

現行型のスカイラインNISMO。現在は日産のデザイン言語に合わせてVモーショングリルや日産バッジが装着される
現行型のスカイラインNISMO。現在は日産のデザイン言語に合わせてVモーショングリルや日産バッジが装着される

大人のGTクーペにふさわしい上品な仕上がり

 冒頭でも触れたように、先代モデル(V36型)や先々代(V35型)などには、日本向けにもクーペモデルがあった。クーペならではの流麗なスタイルによる迫力と存在感はなかなかのものであり、凝った造形のV37にもクーペがあったらいいのに、と考えている人は少なくないだろう。

 ただ、北米では「インフィニティQ60」として、いまも販売されている。2016年の北米国際自動車ショーで初公開されたQ60は、フロントの表情や全体的なスタイリングはQ50に準じているが、ボリューム感たっぷりなリアフェンダー周りの造形がただならぬ雰囲気をまとわせており、小ぶりなリアコンビネーションランプと相まって、大人のGTクーペにふさわしい上品な仕上がりとなっている。

 デビュー当時に搭載されたエンジンラインアップは3種類。155kW(211ps)の最高出力を誇る2.0L 直4ガソリンターボと、224kW(304ps)と298kW(405ps)という出力の異なる2種類の3.0L V6ガソリンツインターボだ。トランスミッションはすべて7速AT。現在は、2.0Lターボエンジンは現在ラインアップになく、3.0Lのみとなっている。

セダンとは前後のバンパーやヘッドライト、テールライトのデザインが異なり、さらに、ルーフ後端がなだらかに傾斜したことでキャビンが小さく見える。スタイリッシュでカッコ良い!!
セダンとは前後のバンパーやヘッドライト、テールライトのデザインが異なり、さらに、ルーフ後端がなだらかに傾斜したことでキャビンが小さく見える。スタイリッシュでカッコ良い!!

次ページは : 400Rの反応を考えるとクーペもイケるのでは!??

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!