【キューブ GT-Rは10年超え!!】 新型はいつ? 日産車“放置プレイ”リスト

 5月の日産の決算会見の席上、西川社長から「アメリカでは日産車の「車齢」(デビューから現在まで)の長さが販売不振を招いている」とのコメントがあり、思わず「は? 今さら?」と心の中で突っ込んでしまった。

 なんでもアメリカでは現行モデルの平均車齢が5年を超えているとかで、それを数年かけて3.5年程度に引き下げる方針らしい。

 翻って、我が日本市場はどうなのか。商用車とOEM車を除く日産の現行モデル20車の車齢を調べたのが下の表だ。長い、長いとは言われてきたが、改めて数字にするとなかなかの衝撃度がある。

〈日本市場における日産車の車齢(長い順)〉
●GT-R…2007年12月(11年6カ月)…2014年2月 NISMO発売
●キューブ…2008年11月(10年7カ月)…2012年10月 マイナーチェンジ
●フェアレディZ…2008年12月(10年6カ月)…2013年6月 NISMO発売
●NV200バネットワゴン…2009年5月(10年1カ月)…2015年6月 NV200タクシー発売
●フーガ…2009年11月(9年7カ月)…2010年11月 ハイブリッド発売
●ジューク…2010年6月(9年)…2013年2月 NISMO発売
●マーチ…2010年7月(8年11カ月)…2013年6月 NISMO発売
●エルグランド…2010年8月(8年10カ月)…2014年1月 マイナーチェンジ
●シーマ…2012年4月(6年2カ月)…2017年6月 マイナーチェンジ
●NV350キャラバン…2012年6月(7年)…2017年7月 マイナーチェンジ
●ノート…2012年9月(6年9カ月)…2016年11月 e-POWER発売
●シルフィ…2012年12月(6年6カ月)…2015年8月 Sツーリング発売
●スカイライン…2013年11月(5年7カ月)…2014年5月 200GT-t発売
●エクストレイル…2013年12月(5年6カ月)…2015年5月 ハイブリッド発売
●ティアナ…2014年2月(5年4カ月)…2015年2月 エマージェンシーブレーキ設定
●デイズルークス…2014年2月(5年4カ月)…2016年12月 マイナーチェンジ
●e-NV200…2014年10月(4年8カ月)…2018年4月 一部改良
●セレナ…2016年8月(2年10カ月)…2018年3月 e-POWER発売
●リーフ…2017年10月(1年8カ月)…2019年1月「e+」発売
●デイズ…2019年3月(3カ月)

※本稿は2019年6月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年7月10日号


■最新デイズを入れても平均車齢なんと7年!

 10年を超えているのがキューブ、フェアレディZ、GT-R、NV200バネットワゴンと4車あり、8年超えはマーチ、フーガ、ジューク、エルグランドの4車。

 20車中、じつに8車が登場から8年を超えているのだ。

ピカイチの個性派コンパクト、キューブは10年7カ月。次期モデルの登場を待ち望んでいるユーザーは多い

 平均車齢はなんと7年! 最も新しいデイズの3カ月を入れての平均だから、どれだけ放置されてきたかがよくわかる。

 先日2020年モデルが登場したGT-Rのように、車齢は長いがマメに改良されているクルマもあれば、ノートのようにe-POWERを設定したり、エクストレイルのようにハイブリッドを新たに作って搭載したクルマもある。

先ごろフルモデルチェンジを果たしたデイズのハイトモデル・デイズルークス。2020年の春登場か(画像はベストカー予想CG)

 それにしてもフルモデルチェンジではないのだから新鮮味は劣る。日産ファンは誰も納得していないだろう。

 特に、台数を稼ぐのに販売店にとって重要な存在であるコンパクトクラスがマーチ8年11カ月、キューブ10年7カ月と、まさに「放置されっぱなし」なのは理解に苦しむところだ。

売れ筋なだけにぜひとも力を入れてほしいエクストレイル…でも登場は2022年の秋?(画像はベストカー予想CG)

 ベストカーでは、以前から「日産は新車を出さない」とぼやいてきたが、やはり日本市場を軽視していたことがよくわかる。

 ゴーンの独裁が終わって、これがどう変化していくのか。少しは日本市場も大切にしてくれるのか、それとも新型車はアメリカ、中国を中心に構成されるのか?

 うわべだけの返答ではない、本当の戦略を聞いてみたいところだ。

次期型ジュークは2020年登場予定とされているが(画像はベストカー予想CG)

■マイナーチェンジ車情報

 とまあ、あんまりギスギスしてばかりもなんなので、明るい話題も入れておこう現在把握できているマイナーチェンジ情報である。

●セレナ(2019年8月1日発表・発売予定)

 今年8月1日に発表・発売予定なのだが、内外装のデザインをより力強いものに変更するほか、先進安全技術を強化して全方位運転支援システムを全車標準化するのがポイント。

セレナは今年8月のマイナーチェンジで内外装を若干変更し、グレード設定なども追加される

 これまでオプションだった「踏み間違い衝突防止アシスト」、「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援アシスト)」を標準化。

 また、e-POWERにも「プレミアムインテリア」や「スマートリアビューモニター」を装備した「Gグレード」および「ハイウェイスターGグレード」が追加される。

●スカイライン(2019年8月1日発表予定)

 こちらはビッグマイナーチェンジを受ける。8月発表予定で、発売は10月から。すでに北米の「インフィニティQ50」が搭載しているV6、3LツインターボのVR30DDTTを搭載することになる。

スカイラインがビッグマイナーチェンジで待望のV6、3Lツインターボを2種類導入。これは嬉しい! (写真はベストカー予想CG)

 最高出力が300psと400psの2種類が日本のスカイラインにも設定されるのだ(400psは来年発売)。それと同時に現在200GT-tが搭載しているメルセデスベンツ製2Lターボはラインナップから外れることになる。

 また、プロパイロットの進化版、同2.0がこのマイナーチェンジを受けたスカイラインから搭載されるが、これはV6、3.5Lハイブリッド車のみとなる。

●フェアレディZ(2020年夏を予定)

 2008年デビューの古参モデルとなっているフェアレディZだが、来年夏にマイナーチェンジを受ける予定だ。

フェアレディZも来年夏のビッグマイナーチェンジで前後の意匠変更のほか、ATが9速ATに進化する

 変更点は主にフロントとリアのデザインが若干見直されるほか、現在6速MTと7速ATのトランスミッションが設定されているが、ATが9速に変更される。

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ