衝撃の25Lも!? N-BOX、デイズなど燃料タンクが小さい車 ワースト10


 どんなガソリン車やハイブリッド車にも付いている燃料タンクの小型化が著しく進んでいる。

 一般的な燃料タンク容量の目安は、軽自動車で約30L、登録車のコンパクトカーで概ね40Lだが、2011年にタンク容量僅か20Lのスズキ アルトエコが登場。

 現在ではここまで過激なモデルはなくなったものの、タンク容量30L未満の車種も珍しくなくなってきている。

 なぜ、タンク容量の小さな車が増えているのか? タンク容量の小さな車の具体例と航続距離の実態を解説。

 果たして小さな燃料タンクで航続距離は充分足りるといえるのか!?

文:永田恵一
写真:編集部


燃料タンクが小さな車 なぜ増加?

表】軽自動車&登録車の燃料タンク容量ワースト10 ※航続距離はJC08モード燃費で計算した参考値。断りのない場合は2WD車の燃費を記載

 近年、燃料タンクの容量が小さい車が増えてきている。その大きな要因としては主に2つ。

 まずは【1】大きなバッテリーを積むプラグインハイブリッド(PHEV)など、物理的に燃料タンクを配置するためのスペースが狭くなっている車種の登場したこと。

 そして、【2】特にエコカー減税適応車では、JC08モード燃費で計測される「平成32年度燃費基準」が、車の重量に応じて変わることも関係している。

 これは、燃料(タンク)も含めて車を軽量化して「カタログ燃費を向上したい」、「カタログ燃費を向上することでエコカー減税のランクを上げたい」という思惑があるためだ。

(※【表】は軽自動車と登録車から燃料タンクが小さいモデルのワースト10を選出したもの)

燃料タンクの小さな軽自動車の航続距離は?

■軽自動車(※燃料タンクの標準的なイメージは30L)

・ホンダN-BOX(燃料タンクはFF/27L、4WD/25L)

N-BOX 計算上の航続距離:JC08モード燃費27km/L×27リッター=729km

 N-BOXは計算上、非常に長い航続距離をもつ。

 しかし、筆者がN-BOXのNAエンジン+FF車で満タンから燃料残量警告灯が点くまで走った際の航続距離は、高速道路を中心に483km走った時点(車載の燃費表示は20.0km/L)で警告灯が点き、直後に給油したところ23.8Lのガソリンが入った(計算上の残量3.2L)。

 近距離で使われることが多い軽自動車の特性を考えれば、総合的な使用で500km近い航続距離が確保されていれば充分だろう。

 また、軽自動車に多い市街地中心の走行パターンを「燃費15km/L×燃料残量警告が点くまでのタイミング」で想定しても、350kmほどの航続距離が確保されている(警告灯点灯後も約50km走れる想定)。

 ユーザーによって異なるにせよ「2週間程度に1回の給油サイクル」であれば、不便はないだろう。

 ただし、軽自動車は2011年登場のアルトエコ(燃料タンクは僅か20L)をはじめ、現在でもタンク容量の小さな車が多い。

 ホンダ S660は25L、日産 デイズ/三菱 eKワゴン、eKクロスで27L、スズキ アルト、ワゴンR、スペーシアが27L、ダイハツ ミライースのFF車で28Lとなっており、使い方によっては注意が必要だ。

次ページは : 登録車やPHEVで燃料タンクが小さい車の航続距離は?