モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?

モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?

 デビューから年月の経ったクルマは古さを感じる部分もある一方、改良を重ねて走りの質感が向上するなど、熟成されている車種もある。特にホンダのフリードは2016年デビューとかなりのロングヒットだ。さらには今年中にも新型が出るとの情報も……そこで今回は改めて現行型フリードが買いなのかどうなのか、その熟成具合を見ていこう。

※本稿は2024年3月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部、HONDA
初出:『ベストカー』2024年4月26日号

■ホンダ フリード(2016年9月デビュー)熟成期間:7年5カ月

2016年登場のホンダ フリード(233万900~313万9400円)。1.5Lガソリン車と、e:HEVよりひと世代前のシステムを採用する1.5Lハイブリッド車をラインナップ
2016年登場のホンダ フリード(233万900~313万9400円)。1.5Lガソリン車と、e:HEVよりひと世代前のシステムを採用する1.5Lハイブリッド車をラインナップ

 現行フリードは2016年9月に発売され、7年以上を経過したが、今でも売れゆきは好調に推移している。2023年でも1カ月平均6464台を登録して、N-BOXの次に国内で多く売られるホンダ車だ。2020年に登場したフィットや2022年のステップワゴンを上まわる。

 販売が好調だから、テコ入れを目的にした改良はあまり行っていないが、2019年にはフロントマスクを刷新させてSUV風のクロスターも加えた。

 クロスターにはフェンダーをワイドに見せるSUVでは定番の樹脂パーツが装着されず中途半端な印象も残るが、モデューロXの設定も含めて相応に熟成されている。

●主なマイナーチェンジ
・2017年12月:モデューロX追加
・2019年10月:マイチェン、クロスター追加
・2020年5月:モデューロX追加
・2022年6月:一部改良
・2023年6月:特別仕様車設定

●熟成度……70点(100点満点中)

●判定……気に入れば買い!

【画像ギャラリー】そろそろニューモデルも見てみたい!? 登場から7年……熟成を続けるホンダ フリードをもう一度!(20枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!