「俺たちのホンダ」らしさ なぜ薄れた!? 最もホンダらしかった挑戦車 6選


 クルマ好きに言わせれば、今のホンダ車は「らしくない」。そして「つまらない」。さらに付け加えると「デカすぎる」、「高すぎる」。そういうことになる。

 もちろん、昔のホンダを知らない人には、そういう感覚もないわけだが、初代NSXの熱狂を知っている世代にとって、つまり現在の50代以上は、少なからずそういう感覚を持っているんじゃないだろうか。

 では、ホンダらしい車ってどんなものだったのか?

 とりわけ“らしさ”を感じさせる6台の歴代ホンダ車を題材に、最新モデルに薄れつつあると言われるホンダらしさを改めて掘り下げてみたい。

文:清水草一
写真:HONDA


 かつてホンダは、国産の“ガイシャ”だった。

 日本的な呪縛にまったくとらわれず、自分の得意分野に特化して自由にのびのびと車を作り、それを「欲しければ売ってあげます」という感じで売っていた。ホンダらしいホンダ車には、こんな形容詞が思い浮かぶ。

「怖いもの知らずの挑戦者」
「技術的な唯我独尊感」

 実はこれ、現在のスバルとマツダにかなり近い。

 一方、現在のホンダは、大成功したがゆえに巨大になり、なにかやらかしてくれる挑戦者から、受けて立つ王者に変身したのです。

 では、かつてホンダが挑戦者だった時代の、ホンダらしい車たちを、独断でいくつか挙げてみよう。

S500は「ホンダスピリットの原点」

僅か1年足らずの生産期間ながら未だに伝説の名車として名高いS500。二輪をバックボーンに持つホンダらしい1台でS600に後を譲り絶版となった

 ホンダ初の四輪車になるはずだった車。実際には軽トラックのT360のほうが2か月先に発売されたが、最初の四輪車としてオープンスポーツカーを選ぶというのがいかにもホンダらしい。

 この選択は、四輪の新規参入者であるホンダが、持てる技術や個性を生かせる場はこれしかない、という見切りだったわけだが、その見極めが素晴らしい!

 搭載された500ccの4気筒4ストロークのDOHCエンジンは、8000回転で40馬力を発生。当時の四輪車としてはありえない高回転高出力型だったが、それは二輪で磨いた技術を流用しただけ。チェーン駆動も同様だ。

 1964年に発売されたS500はS600、S800へと進化した。S500こそホンダスピリットの原点であることは間違いないでしょう。

初代シティは「若者の夢を実現した」

全長3.4m、全幅1.6m級のコンパクトボディで背の高い独自のルックスやパワフルな「ターボII」、カブリオレでも話題をまいたシティ。1983年当時の価格は「ターボII」でも123万円だった

 まさにホンダらしい破天荒な車だった。

 短い全長に、高い全高を組み合わせたトールボーイスタイルの元祖というのもすごいが、そこに100馬力のターボエンジンをブチ込んだ「シティ・ターボ」をリリース。

 さらにはオーバーフェンダーやスクランブルブースト機構を持つ「ターボII」(ブルドッグ)に発展。後にカブリオレも追加された。

 当時の若者の夢だった「速さ」や「オープンカー」を、若者にも手の届く価格で実現したわけで、“俺たちのホンダ”時代の代表作と言えるでしょう。

 当時、友人のシティ・ターボを運転させてもらったことがありますが、ショートホイールベース+固められた足は、路面のギャップでハネまくり、それでもターボの加速で突進すれば、誰でも死を間近に感じられるという、それはそれはホンダらしいやんちゃすぎるクルマでした。

次ページは : 「いかにも挑戦者らしい」ホンダ1300