これが最先端スポーツだった!! 今乗ると遅いけどめっちゃ楽しい[セリカXX] ソアラとの違いは?

これが最先端スポーツだった!! 今乗ると遅いけどめっちゃ楽しい[セリカXX] ソアラとの違いは?

 ラグジュアリーモデルの初代から一転、スポーツモデルとして登場したトヨタ セリカXX。大人が熱狂したのはもちろん、人気漫画に登場したことで子供をも魅了した記憶に残る一台だ。登場当時最先端のイケメンスポーツ、セリカXXをドリキン・土屋圭市氏が試乗する!!

※本稿は2024年4月のものです
文:ベストカー編集部/写真:奥隅圭之
初出:『ベストカー』2024年5月26日号

■「当時はこれが最先端のスポーツ。今乗っても楽しいよ!」

トヨタ セリカXX2000GT。直系の子孫といえるGRスープラを従えて走る
トヨタ セリカXX2000GT。直系の子孫といえるGRスープラを従えて走る

 「このセリカXX、コンディションいいね。しっかりと当時の乗り味が感じられる。ちゃんとレストアしている。うん、こんな感じだったよ新車の頃も」

 満面の笑みでセリカXXをドライブする土屋さん。

 「でもさ、遅いねー! 4速だとターンパイクの上り坂上っていかないよ。3速に落とすとツインカム24、“カーン”と気持ちよく吹け上がるんだけど、全然加速しない。

 今のクルマの基準で見ちゃうと、これのどこがスポーツカーなんだよって思うかもしれないけどさ、39年前のクルマだよ? 当時はこれが最先端のスポーツだったんだよ。1G-Gはしっかりと7000rpmまで吹け上るし、MTだってシフトフィールカッチリしていて今乗っても楽しいよ!」と土屋さん。

 「ソアラとの対比が面白い。ソアラはラグジュアリーでプレミアムだったんだよ。乗り心地もソフトで、操舵してもちょっと緩い。でもXXはステアフィールもシャープでちょっと切ればしっかりとフロントが反応する。

 ソアラのシートはバケットタイプなんてカタログでは謳っていたけど、今の目で見ればリビングルームのラグジュアリーソファーだよね。フカフカで座り心地いいのよ。でも、XXのシートはサイドサポートもしっかりしていてスポーティなシートなんだよね」と評価する。

■トヨタ セリカXX2000GT

トヨタ セリカXX2000GT(1985年・GA61型)218万4000円
トヨタ セリカXX2000GT(1985年・GA61型)218万4000円

 セリカXXとしては2代目のA60系は、3代目セリカの派生モデルとして1981年7月デビュー。直列6気筒を収めるロングノーズの先端にはリトラクタブルヘッドライトを装備し、端正なフロントマスクと流麗なプロポ―ションが特徴。

 160ps、18.5kgmを発揮する1G-G型2LNAが追加されたのは1982年8月。トップモデルは2.8Lエンジン搭載の2.8GTだった。

●トヨタ セリカXX2000GT
・型式:GA61型
・初度登録年月:1985(昭和60)年4月
・当時の新車価格:218万4000円(1984年)
・全長:4660mm
・全幅:1685mm
・全高:1315mm
・ホイールベース:2615mm
・車両重量:1230kg
・前軸重量:650kg
・後軸重量:580kg
・エンジン:直列6気筒DOHC
・エンジン型式:1G-GE
・総排気量:1988cc
・最高出力:160ps/6400rpm ※
・最大トルク:18.5kgm/5200rpm ※
・トランスミッション:5MT
・Fサスペンション:ストラット
・Rサスペンション:セミトレ―リング
・タイヤサイズ:195/60R15
※印はグロス値

【画像ギャラリー】よろしくメカドック!! 懐かしさに思わず涙のトヨタ セリカXX(20枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!