【10年で146車種誕生!! 意外な数字続々!!】 新型投入 頑張った&サボったメーカー


 新車投入は自動車メーカーの生命線。いかに魅力的なクルマをどんどん出すかが会社の売り上げを決める。過去10年の新車投入数から、各メーカーがどれだけ新車を投入してきたのか? 今回はそんなことを検証してみたい。果たして新車投入を一生懸命やってきたメーカーはどこか? サボってた(!?)メーカーはあるのか!!? おもしろい数字がたくさんです!

※本稿は2019年7月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年8月26日号


■過去10年の新車数146台!! トヨタがトップ

ここでの数には2009年以前に発売されたGT-RやデリカD:5といったクルマはカウントしていない。また一部OEM車と商用車もノーカウント。2009年から2018年にかけてひとつのモデルがフルモデルチェンジした場合は、2台としてカウント。その数がトータル164車種というわけだ

 たくさんの車名が並んだ上の年表は、2009年から2018年までに新型車として発表されたものを並べたものだが、実にもの凄い数。総数はなんと164車種(マイナーチェンジはノーカウント)。

 10年で割ると年間平均16.4台が登場していることになる(つまり1ヶ月に1台以上!)ので、かかるコスト(まとめにて記載)を考えれば「頑張ってるな~」というのが担当の正直な感想だ。

 なかでも新車投入数が一番多かったのはトヨタで、その数、46台(レクサス含む)。逆に投入数が一番少なかったのは三菱10車種

 そのほかのメーカーの新車投入数は下の表を参照してほしいが、結果、数だけでいうならトヨタが圧勝となる。

あのクルマもこのクルマも! 各年の代表的な新車たちのギャラリーはこちら!

■「メーカーの規模」に照らし合わせると?

 ところが、自動車メーカーには「規模」というものがあるので、次は企業規模(現行車の数に対して新車をどれくらい出しているか?)で計算し直してみよう。

 トヨタのラインナップは現在47車種。これに対してこの10年でモデルチェンジした数はどのくらいの割合になるのかというと、97%ということになる。

 同じ方式で各社を計算してみると、上の表のような結果になった。値が高いほど頑張ったメーカーだと言えることになる。今回の表で言えばホンダとスバルさらにスズキがそれだ、ということになるだろう。

次ページは : ■ジャンル別 新車攻勢を頑張るメーカーサボるメーカー

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ