マツダ[ルーチェ]の怪! 広島ベンツは本家を超えたのか 当時の評価はいかに?

マツダ[ルーチェ]の怪! 広島ベンツは本家を超えたのか 当時の評価はいかに?

 世はバブル経済が到来しようとしていた1980年代序盤、マツダはハイソカーブームの波に乗り、5代目ルーチェを登場させた。写真を見た途端、誰もがベンツSクラスかと思ったほど似ていたので、「広島ベンツ」などと揶揄された。あれから40年あまり、ルーチェはベンツを超えていたのか、調べてみた。

文:ベストカーWeb編集部/写真:ベストカーWeb編集部、マツダ

■ロータリーエンジンも搭載していた高級サルーン、5代目ルーチェ

1986年9月にデビューしたマツダルーチェ
1986年9月にデビューしたマツダルーチェ

 時は、まさにハイソカーブーム、あと数年で好景気に沸くバブル経済がやってこようとする、1986年9月、1984年に車名を東洋工業から社名を変えたマツダが1台の高級サルーンを発売した。

 5代目ルーチェの写真を見た途端、「ベンツのコピーじゃないか」と誰もが口にするほど、そっくりだった。ルーチェハードトップはグリル回り、ボンネットマスコット、ボディサイドの樹脂パネルなど、W126型メルセデスベンツSクラスに似ていた。

 新設計のHCプラットフォームに高剛性のボディを組み合わせたスーパーモノコックボディを採用し、4ドアハードトップとオーソドックスなセダンを用意した。

 ボディサイズはハードトップが全長4690×全幅1695×全高1395mm、セダンが全長4690×全幅1695×全高1425mm。

ボディサイドのパネルがベンツSクラスにそっくり
ボディサイドのパネルがベンツSクラスにそっくり

 インテリアは高級サルーンに相応しく質感が高く、シートも特に最上級グレードのロイヤルクラシックの豪華絢爛。後席スペースも広大で、トランクはゴルフバッグ5つ入るほど(403L)が余裕があった。

 装備面でもフラッグシップモデルらしく、スイングピローを配したパワー調整機構付きセパレート式リアシートやオートライトシステム、電子メーター、フルオートデュアルエアコンなど、先進装備を満載していた。

ルーチェのコクピット。MT!
ルーチェのコクピット。MT!

 搭載されるエンジンは、2L、直4(82馬力)がSG-X、2L、V6(110馬力)がXV-Xおよびリミテッド、2L、V6ターボ(145馬力)がリミテッドおよびロイヤルクラシック。1987年8月には3L、V6が追加となった。

 また、4ドアハードトップのみ654cc×2ロータリーターボ(180馬力)がリミテッドおよびロイヤルクラシックにラインナップされた。ちなみにマツダのセダンに搭載されたロータリーエンジン車はこれが最後となった。

豪華絢爛のロイヤルクラシックのシート
豪華絢爛のロイヤルクラシックのシート

 では、1980年代後半、このルーチェはどのように評価されていたのだろうか? 残念ながら評価は低いまま、センティアの登場に伴い、1991年12月生産終了(教習車、タクシー用4ドアセダンは1995年12月終了)となり、29年あまり続いたルーチェの名もここで消えることとなる。

■見た目はベンツ、走りは本家ベンツを超えていたのか、当時の記事を振り返る!

ベストカー1986年11月10日号に掲載された5代目ルーチェの試乗記事から抜粋
ベストカー1986年11月10日号に掲載された5代目ルーチェの試乗記事から抜粋

 5代目ルーチェが発売された1986年9月。当時のベストカーはどう評価していたのか? タイトルは「限りなくメルセデス、限りなくヨーロピアン」。1986年11月10日号に掲載された自動車評論家徳大寺有恒氏の試乗記事をお伝えしよう。

 ルーチェは全長4690mm×全幅1695mmというサイズを持ちながら3ナンバーなしという構成で登場した。ホイールベース2710mmという堂々たるサイズを持ちながら3ナンパーを持たないのだ。

発売当初は2L、V6のほか、ロータリーエンジンも用意
発売当初は2L、V6のほか、ロータリーエンジンも用意

 新型のV6は国内用の2Lでナチュラルアスピレーション(NA=自然吸気)とターボの2種、110馬力と145馬力だが、一般的には110馬力で充分。このクラスでもスポーティに走りたい向きにはターボとなろう。でもやはり3LのNAがほしいところだ(翌年3L、V6追加)。

 ラインナップに加わるロータリーエンジンは絶対的パワーでは勝るし、スムーズでもある。しかし、私はこのクルマにはV6を選ぶだろう。

 ルーチェのリアサスベンションはE型マルチリンク、RX-7以来、サスペンションのリンクの取り回しに凝るマツダらしいレイアウトだ。このリアサスペンションあっての後輪駆動だろう。

 そして、このルーチェのハンドリングはご本家というべき西ドイツ車以上に硬派なしっかりしたものだった。むろん、安定サイドに調整してあるから、直進安定性、高速コーナーを得意としている。ビシッとした直進性、しっかりした耐ロール性、この2つでこのルーチェはアウトパーンを200km/hで走るBMWやメルセデス風の味なのだ。

 乗り心地はとてもよいと思う。むろん低速の大きなウネリにも強いが、中速くらいの道の荒れによる振動の処理がうまい。よくいわれるように高級車はNVHが低くなければいけないとされているが、このルーチェはその点では立派である。ロードノイズ、風切り音、そしてエンジンのノイズ、振動すべてにわたって低いレベルにある。

 さて、そのスタイルである。こいつは評価が分かれよう。いわゆるメルセデスルックである、それも新しい190EやミッドサイズでなくSクラスをテーマにしている。特にハードトップのほうはルーフラインがまったくSクラスに似ており、そのうえリアガラスがそっくりだ。

豪華なルーチェのインテリア
豪華なルーチェのインテリア

 セダンのほうも似ていないことはないけど、はるかに独自のスタイルをしている。ブレスドアで、全高が1420mmと高く、しっかりとしたサルーンを感じさせる。ちなみにこのルーチェも外国へ輸出されるが、それはこのセダンのほうなのである。

 内装はマツダの悪しき流儀でとにかくもう一歩、二歩である。こいつはアメ車だと思う。内装はBMWをマネしてほしかった。私にいわせてもらえばメルセデスの内装はメルセデスベンツだから許されるのだと思う

 西ドイツ車(当時は東西に分かれていた)のような、走りがこのクラス最大のポイントである。その謳い文句通り、ボディ剛性は高く、ハンドルのしっかり感はメルセデスのようだ。

 レジェンドといい、このルーチェといい、“走り”をこのクラスに持ち込んだことは大いに評価されていいと思う。

※     ※     ※     ※

 さて、当時の評価はいかがだったでしょうか? 意外や意外、ルーチェの走りはボディ剛性感が高く、乗り心地もいいと思いのほか高評価だった。

■ルーチェ4ドアハードトップV6リミテッド
全長4690×全幅1695×全高11395mm
ホイールベース:2710mm
車両重量:1440㎏
エンジン:1997㏄、V6
最高出力:145ps/5000rpm
最大トルク:23.5kgm/2500rpm
10モード燃費:8.2㎞/L
東京地区標準現金価格:261.5万円

【画像ギャラリー】広島ベンツといわれたマツダルーチェの写真をチェック!(7枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!