新型eKスペースはスタイルも走りも存在感あり!! 快適・安全・カッコいいの3拍子が揃った!


 こんにちは、岡内幸真です。三菱eKシリーズのCMやドラマにも出演したいなと思っている、役者志望の28歳です。

 今回は三菱「eKクロススペース(以下「クロス」)」と「eKスペース」という軽自動車が気になり、試乗しにきました。2台とも存在感がありますね。特にクロスの顔は力強い印象があり……。

 ──という感じで岡内幸真(名前は竹内涼真さんに似せています)になりきり、試乗レポートをしたいのはやまやまだけど、かなり無理があるので(笑)、ここからは岡本幸一郎本人が試乗レポートします。

※本稿は2020年4月のものです
文/岡本幸一郎
写真/平野学
CG/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年5月10日号

【画像ギャラリー】頼れる、いい軽に進化!! 新型eKスペース&クロススペースの全貌をご覧あれ!


■後席スライドの長さはクラスのなかでTOP!

 軽自動車のなかでも売れ筋のスーパーハイトワゴンで各社しのぎを削るなか、三菱が満を持して送り出したのがコチラ。クロスだけでなくスペースもなかなか個性的だ。

 圧倒的な室内の広さはもちろん、両側スライドドアの開口幅が従来より+95mmの650mmというクラストップレベルの広さになり、合わせてステップも広くなって乗降性が格段に向上している。

クルマの下に足を入れれば開く、ハンズフリーオートスライドドアもある

 後席の前後スライド長が320mmと見事クラストップを達成したのも新型の特筆すべき点。一番後ろにするとリムジンのように広々で、一番前にすると小さな子どもを乗せる際にケアしやすい。

 後席頭上のサーキュレーターが薄型になるとともに、ナノイーからプラズマクラスターにグレードアップして、よりキレイな空気が車内に送られるのもありがたい。

先代よりホイールベースが65mm延長され、後席の前後スライドの長さは320mmでクラストップ。身長172cmの岡本氏でもこんなに広々な室内
後席のサーキュレーターはプラズマクラスターを採用

 荷室の床面長も208mmも増えてクラストップレベルの676mmに拡大したほか、クロスはアウトドア用品を積んでも掃除しやすいラゲッジボード。また、「プレミアムインテリアパッケージ」を選ぶとインパネまわりのクオリティ感がハンパない。乗るたび目に触れるところだから、これは嬉しい。

■使う人を考えた操作類

 前席はセパレートシートとベンチシートが選べるのも丁寧。座り心地も上々で、開発者のこだわりを感じる。

 いち早く採用したデジタルルームミラーは少し慣れが要るが、移動物を検知して注意を促す俯瞰映像をはじめ、いろいろ映し出すことができて駐車時などにも重宝する。表示が大きく、薄く凹凸が設けられたタッチパネル式の空調コントローラーも使いやすい。

 収納スペースも豊富で、助手席下に引き出し状のスペースがあり、車検証は助手席ドアパネルの中ではなく、そこに収められるようにしたのもナイスアイデア。

 使い勝手や室内の快適性だけでこれだけの行数が必要(笑)。まさに万全状態!

次ページは : ■快適&使い勝手のよさが自慢!

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ