新型ハリアーで一番いいのはハイブリッド「Z」!! ついに公道で乗ったぞ!!


 2020年6月に発売開始された、4代目となる新型ハリアー。前評判通り、その売れ行きは絶好調だという。早くも多くのバックオーダーを抱えているようで、納車時期も2020年内は厳しくなってきた、との情報もあるほどだ。

 今回、横浜みなとみらい周辺で行われた新型ハリアー試乗会に参加し、ハイブリッド車、ガソリン車を乗り比べることができた。

 果たして、試乗して分かった新型ハリアーのガソリン車とハイブリッド車の違い、そして新型ハリアーのベストバイグレードはどれか?

文:吉川賢一
写真:奥隅圭之

【画像ギャラリー】ついに公道初試乗! 超スタイリッシュクーペSUV 新型ハリアーは走り姿も美しい!!


新型ハリアーは上から下まで205万円差の多彩グレード展開

写真はハリアーハイブリッドの4WD(e-Four)。外観上2WDモデルとの差はないが、価格は22万円差あり、走りにも違い

 ハリアーのグレード構成は、ガソリンとハイブリッドそれぞれに、「S」、「G」、「Gレザーパッケージ」、「Z」、「Zレザーパッケージ」があり、各2WDと4WDの仕様がある。価格レンジは税込で299万円~504万円と、205万円もの差があり、どの仕様が良いのかは、迷うところだ。

「S」グレードは、エクステリアやインテリアを無地のプラスチック素材へ置き換えているため、せっかくのハリアーの上質な風格を損ねているようにも感じるが、あとから自分で好みのスタイルへとカスタマイズする楽しみを持っている方にとっては、適しているグレードだ。

 一般的には、「G」グレード、もしくは「Z」グレードで、ハイブリッドなのかガソリンなのか、そしてレザーパッケージをつけるか否か、2WDか4WDか、といったところが、悩みどころとなる。

グレードごとの装備&価格差は?

新型ハリアー 全グレード価格一覧

「G」グレードと「Z」グレードで、エクステリアには大きな違いはない。異なるのは、タイヤサイズや(「Z」は225/55R19、「G」は225/60R18)、リアのルーフスポイラーのカラー、スカッフプレート、ラゲージのデッキサイドのパネルなどだ。

 インテリアに関しては、「Z」グレードは高精細12.3インチワイドディスプレイの「Tコネクトナビ」を標準装備する。「G」グレードは、8インチのディスプレイオーディオが標準装備だ。

 12.3インチに合わせて作られた巨大なディスプレイを見てしまうと、8インチでは余白が大きすぎて、寂しく見えてしまうが、それが気にならない方は、8インチでも充分であろう。

 このふたつのグレードの価格差は52万円。パッケージングとして魅力的なのは、もちろん「Z」グレードだが、ホイールカスタムなどのドレスアップは自分で決めたい、ナビゲーションもケータイ経由でいい、という方は、「G」グレード、もしくは「S」グレードで充分だ。

次ページは : ガソリンとハイブリッド大きな違いは「走りの質感」

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ