新型ハリアーで一番いいのはハイブリッド「Z」!! ついに公道で乗ったぞ!!

 2020年6月に発売開始された、4代目となる新型ハリアー。前評判通り、その売れ行きは絶好調だという。早くも多くのバックオーダーを抱えているようで、納車時期も2020年内は厳しくなってきた、との情報もあるほどだ。

 今回、横浜みなとみらい周辺で行われた新型ハリアー試乗会に参加し、ハイブリッド車、ガソリン車を乗り比べることができた。

 果たして、試乗して分かった新型ハリアーのガソリン車とハイブリッド車の違い、そして新型ハリアーのベストバイグレードはどれか?

文:吉川賢一
写真:奥隅圭之

【画像ギャラリー】ついに公道初試乗! 超スタイリッシュクーペSUV 新型ハリアーは走り姿も美しい!!


新型ハリアーは上から下まで205万円差の多彩グレード展開

写真はハリアーハイブリッドの4WD(e-Four)。外観上2WDモデルとの差はないが、価格は22万円差あり、走りにも違い

 ハリアーのグレード構成は、ガソリンとハイブリッドそれぞれに、「S」、「G」、「Gレザーパッケージ」、「Z」、「Zレザーパッケージ」があり、各2WDと4WDの仕様がある。価格レンジは税込で299万円~504万円と、205万円もの差があり、どの仕様が良いのかは、迷うところだ。

「S」グレードは、エクステリアやインテリアを無地のプラスチック素材へ置き換えているため、せっかくのハリアーの上質な風格を損ねているようにも感じるが、あとから自分で好みのスタイルへとカスタマイズする楽しみを持っている方にとっては、適しているグレードだ。

 一般的には、「G」グレード、もしくは「Z」グレードで、ハイブリッドなのかガソリンなのか、そしてレザーパッケージをつけるか否か、2WDか4WDか、といったところが、悩みどころとなる。

グレードごとの装備&価格差は?

新型ハリアー 全グレード価格一覧

「G」グレードと「Z」グレードで、エクステリアには大きな違いはない。異なるのは、タイヤサイズや(「Z」は225/55R19、「G」は225/60R18)、リアのルーフスポイラーのカラー、スカッフプレート、ラゲージのデッキサイドのパネルなどだ。

 インテリアに関しては、「Z」グレードは高精細12.3インチワイドディスプレイの「Tコネクトナビ」を標準装備する。「G」グレードは、8インチのディスプレイオーディオが標準装備だ。

 12.3インチに合わせて作られた巨大なディスプレイを見てしまうと、8インチでは余白が大きすぎて、寂しく見えてしまうが、それが気にならない方は、8インチでも充分であろう。

 このふたつのグレードの価格差は52万円。パッケージングとして魅力的なのは、もちろん「Z」グレードだが、ホイールカスタムなどのドレスアップは自分で決めたい、ナビゲーションもケータイ経由でいい、という方は、「G」グレード、もしくは「S」グレードで充分だ。

ガソリンとハイブリッド大きな違いは「走りの質感」

量販グレードとなるだろう新型ハリアーハイブリッドの2WDモデル。ハイブリッド=エコという印象とは異なり、性能面でもかなりパワフル

 ハイブリッドの「Z」4WDモデルに試乗したが、走り始めてすぐ、衝撃を受けた。スタート地点が、ごつごつとした石畳路だったのだが、その路面のざらつきを感じさせないマイルドな乗り心地で、何より静粛性がバツグンに高い。

 他のクルマならば、ザラザラした振動とゴツゴツというノイズが聞こえてくるような道なのだが、この新型ハリアーは「ほぼ無音」だった。

 段差をまたいだ際の揺れも、ボディの傾きは規制しつつも、柔らかく振動をいなす動きで、サスペンション、ダンパー、そしてボディの作りの良さを感じられる。走り始め30メートルでつくりの良さが感じられるクルマは珍しい。

 トヨタ自慢のハイブリッドシステム「THS-II」は、相変わらず良い仕事をする。静粛性が高いので、路面からのノイズはほぼ排除し、路面の上を滑るようななめらかさで移動する。

 キャビン周りへの制振材やドアルーフへの吸音材の追加、エンジンルームを隔てるダッシュへの全面遮音層制振材や、エンジンルームへの吸遮音材など、これでもかというほどにNV(ノイズとバイブレーション)対策をしている。

 そもそも街中では、エンジンが始動するタイミングが少なく、サーというロードノイズ(それも微量だが)程度しか気にならない。エンジン始動時にペダル振動を若干感じるが、重箱の隅をつつくような大きさだ。

2L「ダイナミックフォースエンジン」を積むガソリンモデル。299万円からと安価で、これはこれで良いのだが、比較するとハイブリッドの優位性が目立ってしまう

 ガソリン車のほうは、というと、ごく微少ではあるのだが、車体全体が常に微振動している。ステアリングを握る手や、ブレーキに置いた足の裏、そしてお尻や背中などがブルブルと震える。

 ハイブリッドに乗った後では、もはや「古臭さ」さえ感じてしまう。繰り返すが、その振動はごく微量であり、ガソリン車の中では、小さい部類だ。

 ハイブリッドとガソリンの価格差は約60万円。ハイブリッドとガソリン車の違いは、単に燃費の違いだけでなく、加速、静粛性、乗り心地といったほぼすべての面で、ハイブリッドが圧倒する。

 新型ハリアーの開発で目指していたイメージ「人の心まで優雅に満たしてくれるようなクルマ」にぴったりと沿うには、やはりハイブリッド車一択だ、と感じる。これらの動的な魅力性能をすべて享受できると考えれば、60万円の差は(決して安くはないが)受け入れざるを得ない価格であろう。

安定性や乗り心地の「味」にも違い

ハイブリッドは特に重量増を逆手にとった安定感・乗り心地の「落ち着き」が印象的と筆者

 ガソリン・ハイブリッドともに、低速では軽めの操舵力だが、車速を上げていくと、ステアリング中央の「芯」を明確に感じられ、直進性が高く、良いフィーリングだ。例えるなら「シャープなBMW」というよりも「安定性の高いメルセデス」のステアフィールだ。

 開発を担当した、評価エンジニアの方へ聞くと、新型のラックアシストEPS(ラックパラレル方式の最新型電動パワーステアリング)の採用によって、直進安定性とライントレース性を、ようやく自分たちが満足いくレベルで実現できたそうだ。

 操縦安定性能において、ハイブリッド車とガソリン車の大きな違いは「コーナリング性能」だ。ハイブリッド車は、ガソリン車に比べて約90kg重い。重いバッテリーなどは車体の低い位置に格納されているとはいえ、この重さによる違いは大きい。

 重さのおかげで落ち着きを感じるハイブリッド車のコーナリングに対して、ガソリン車では軽やかに曲がっていく。ひらひらとコーナーを抜ける動きは、RAV4で受けた走りの質の高さをさらに昇華させたような印象を感じたが、キビキビ曲がる性能をハリアーに持たせるのは、ちょっと違うような気もした。

 また、ガソリン車の場合、乗り心地の落ち着きが、ハイブリッド車に比べてやや劣り、ギャップにのると、ボディが跳ねるような「ヒョコつき」も感じる。加速のなめらかさ、静けさ、力強さもハイブリッドの方が上だ。

 2.0Lのダイナミックフォースエンジンも決して非力ではないのだが、ハイブリッドの前では、残念ながら霞んで見えてしまうのだ。

 約60kgの重量差となる、2WDと4WDの比較(ハイブリッドの2WDとe-Four)では、4WDのほうが、わずかに重厚感のある乗り心地だと感じた。

 また、比較的高い車速でのコーナリングで、最後の一曲がりを押してくれる印象があったのも4WDの方だ。

 しかし今回の試乗では、試乗会という限られた時間・場所での評価であったため、それほど大きな差を感じることはできなかった。この新型ハリアーの4WDの性能は、別途確認しようと思う。2WDと4WDの価格差は、22万円だ。

新型ハリアーのベストバイは「ハイブリッド Z」

筆者のベストバイグレードは上級グレードの「ハイブリッド Z」(2WD)で452万円。ただ、若者なら安価なガソリン車もありだろうし、降雪地ユーザーならE-Fourと多彩な選択ができる

 試乗会を終えて、筆者が考える新型ハリアーのおすすめグレードは、ハイブリッド「Z」/2WD(452万円)だ。

 ハイブリッドは外せない点、そして12.3インチのモニターをフルに活用できる点、この2点を決め手と考えた。レザーパッケージ(30万円)は、もちろんあれば更なる上質感を味わえるが、この辺りは、価値観で判断が分かれるところであろう。

 450万円というと、かなりの高級車であるが、もし、レクサスや輸入車でこのレベルを求めたら、軽く600万円は超えてくる。これだけの上質感と最先端の技術をこの価格で味わえるならば「新型ハリアーは超お買い得だ」と言わざるを得ない。

新型ハリアー 主要諸元

【画像ギャラリー】ついに公道初試乗! 超スタイリッシュクーペSUV 新型ハリアーは走り姿も美しい!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ