新型ハリアー カッコいい!!! 元祖「最も美しいクーペSUV」発表!!

新型ハリアー カッコいい!!! 元祖「最も美しいクーペSUV」発表!!

 2020年4月13日(月)、トヨタは新型ハリアー(フルモデルチェンジ)を発表した。

 この新型の登場を心待ちにしていたファンも多いことだろう。都市型SUVの先駆車であるトヨタハリアーであるが、4代目にあたる今回の新型では、クルマのポテンシャルをさらに磨きあげたうえで、実用性や数値一辺倒ではない、人の心まで優雅に満たしてくれるようなクルマ作りを目指したという。

新型ハリアー公式発表写真。「(プロトタイプ)」と注釈が付くが、正式発表であり、6月に発売する市販モデルそのものと考えてよい。写真を見た瞬間、本企画担当おもわず「これはカッコいい」と声が出た
新型ハリアー公式発表写真。「(プロトタイプ)」と注釈が付くが、正式発表であり、6月に発売する市販モデルそのものと考えてよい。写真を見た瞬間、本企画担当おもわず「これはカッコいい」と声が出た

 デザインや車両諸元、パワートレイン、グレード、ボディカラーなど、明らかになった情報をもとに、新型ハリアーはどれほど進化したのか、迫ってみよう。
文:吉川賢一 写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】流麗! 優美!! 新型ハリアーの美しさがよくわかる写真群

■歴代ハリアーはどういったクルマだったのか?

 初代ハリアーが登場したのは1997年。バブル経済が破綻し、クルマの需要が、スポーツカーや高級セダンなどから、ミニバンやSUVへと変化し始めた頃だった。

初代ハリアー。1997~2003年
初代ハリアー。1997~2003年

 初代ハリアーは、「高級サルーンの乗り心地と快適性を兼ね備えたラグジュアリーなクロスオーバーSUV」という斬新なコンセプトを持ってデビュー。当時SUV (という言葉はまだ誰も使っておらず、「クロカン四駆」と呼ばれていた)といえば、三菱パジェロのような無骨でゴツゴツしたイメージが多かったなかで、ハリアーは、流れるようなエクステリアや質感の高いインテリアで登場し、ゆったりとした乗り心地で、多くのファンを魅了した。

「WILD but FORMAL」のキャッチコピーで、スーツを着たライオンをキャラクターとして使用した、インパクトのあるCMを覚えている諸氏も多いだろう。また、その人気は日本にとどまらず、北米でも「レクサスRX」として熱狂的に受け入れられた。

 2代目ハリアーは2003年に登場。より大きなマーケットである北米のユーザーを意識し、ボディサイズがひと回り大きくなった。初代ハリアーのコンセプトを引き継ぎ、高級サルーンのような流麗なエクステリアと、さらに高級感が増したインテリアで登場した2代目は、2005年にはハイブリットモデルも追加され、初代同様、人気車となった。初代ハリアーの大ヒットを横目で見ていた海外メーカーから、高級SUVが続々と登場したのも、このころだった。

2代目ハリアー。2003~2013年
2代目ハリアー。2003~2013年

 3代目ハリアーは2013年に登場。このモデルからレクサスRXとのモデル共用をやめ、国内専売モデルとして独自のデザインを得た。日本の道路事情にあわせ、2代目ハリアーに対してボディ寸法やホイールベースがサイズダウンされたが、歴代ハリアーの伝統である、デザインや乗り心地の良さは、受け継がれた。また、ボディが軽量化され、パワートレインもダウンサイジング&新設計されたことで、燃費性能が大きく向上。こうして、ハリアーは3代目も、人気を得ることに成功した。

3代目ハリアー(現行型)。2013~2020年(予定)

 そして2020年の6月、いよいよ4代目の新型ハリアーが登場する。

次ページは : ■新型ハリアーはどういった立ち位置なのか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サクラより先に満開!! 感動の「日本車ALLアルバム」大特集!! ベストカー4月10日号

「どのクルマにしようかな~?」とお悩みのアナタ。ずばり、発売中の「ベストカー」4月10日号はお役立ちになることウケアイです。今売っている日本車のことがすべて掲載の「日本車ALLアルバム」大特集があるからです! 2023年9月登場のプリウスクロスオーバーの情報も!

カタログ