おお安いぞ! 新型タフト 135万円で鮮烈デビュー!!  軽SUVにダイハツが「挑戦状」

 今年1月の東京オートサロン2020で初披露され、大きな話題となったダイハツの軽クロスオーバー「タフト」が、いよいよ本日6月10日より発売。

 スズキの看板車種へと成長した「ハスラー」とガチンコとなる軽クロスオーバーだけに、両車の違いも気になるところ……。

 ダイハツからの挑戦状として、戦略的ともいえる「タフト」の明らかになった価格や仕様、その特徴などの最新情報をまとめてお届けしよう。

文:大音安弘
写真:DAIHATSU、編集部

【画像ギャラリー】全20枚超の画像で大解剖!! 新型タフト 写真で見るタフな内外装


新世代車第3弾! 新型タフトは頼れる小さな相棒

新型タフト「X」。このエントリーグレードの価格は135万3000円(後述)とライバルのハスラーを強烈に意識した値付けに

 新型軽クロスオーバー「タフト」は、2019年より投入されるダイハツの新たなクルマ作り「DNGA」の第3弾となるモデルだ。

 開発コンセプトは、“Tough&Almighty Fun Tool”。簡単にいえば、幅広く使い倒せるタフな相棒を狙っている。それだけに使い倒したくなる、SUV風味たっぷりのタフなデザインを採用する。

 ダイハツの軽クロスオーバーといえば、1999年発売の「ネイキッド」を思い出すが、それよりもワイルド調。よりシンプルな直線スタイルとブラック化されたフェンダーモールがパンチを利かせる。

 しかし、ただの見てくれだけのものでなく、190mmを確保した最低地上高や165/65R15の大径タイヤなどのアイテムを備えており、アウトドアシーンや降雪地での活躍を予感させる。

無塗装の樹脂バンパーがSUVらしさをカジュアルに選出。最低地上高も190mmと同180mmのハスラーを上回り、充分に確保されている

 ボディカラーは、3つの新色を含む全9色を設定。スモークブルーやカーキー、ベージュなどアウトドアを意識した色に加え、イエローやブルーなどのポップな色もあり、色でも遊び心を発揮する。

 さらにメッキパーツや白色のアクセントなどを取り入れた3つの「スタイルパック」をメーカーオプションとして用意。まさに自分好みの1台に仕上げることができるのだ。

 しかし、最大の驚きは、オプションと思われた大型ガラスルーフ「スカイフィールトップ」が全車標準となること。いやはやダイハツも思い切ったものである。

クロカン風味の変幻自在なキャビンも魅力

インパネには随所にオレンジの差し色を使うなど、カジュアルな雰囲気も演出。また開放感を演出する「スカイフィールトップ」は全車標準装備となる

 インテリアに目を移すと、外見同様にタフ風味。まるでクロカンのような質実剛健ぷりだ。黒を基調とした直線的なデザインで、センターコンソールのスイッチ類も、分かりやすく配置され、メカメカしい雰囲気を放つ。

 しかし、そこにオレンジのアクセントが加えられることで、元気さや親しみやすさが演出されている。頭上のガラスルーフには、UV(紫外線)とIR(赤外線)カットガラスを採用。

 もちろん、シェードも備えるが、積極的に開放感を満喫してもらおうという心意気なのだ。何処でも連れ出せる相棒らしく、長距離でも疲れにくいシートとするなど、軽の枠に収まらないアクティブなクルマに仕上げられている。

「G ターボ」インテリア。前後シートにはカモフラージュ柄が施される。リアシートは分割可倒方式。スライド機構は搭載されない

 荷室にも変化する後席スペースは、荷室との段差を無くしたフルフラット化に加え、ドアパネルとの隙間も無くすことで、走行中も小物が落下しにくい構造としている。

 また、リアシートバックとラゲッジボードは樹脂製とすることで、汚れや水滴も簡単に噴き上げることもカンタン。そのうえ、リアドアとラゲッジルームのパネルが同じデザインなので、2+ラゲッジ仕様も様になる点も嬉しいところだ。

走りはもちろん、安全安心も最新仕様に

写真は「メッキパック」を選んだ場合のフロントフェイス。フードガーニッシュがメッキ化され、独自に意匠に

 走りの要となるボディは、軽スーパーハイトワゴン「タント」で初採用したDNGAの新プラットフォームに、小型SUV「ロッキー」にも採用する軽量高剛性ボディ「Dモノコック」を組み合わせたもので、しっかりとしたボディ剛性を確保。

 走りも、幅広いシーンで活躍できるように、安定感ある走りと快適な乗り心地を両立。さらに高い静粛性も備えているという。

 パワートレインは、直列3気筒DOHCの自然吸気仕様と、そのターボ仕様の2種類。トランスミッションは、全車CVTだが、ターボ車には、ローギア付きのD-CVTが奢られる。また駆動方式は、全車でFFと4WDの選択が可能となる。

夜間の歩行者にも対応したスマアシは新型タフトが初搭載。これを皮切りに、他車種への展開も視野

 先進の安全運転支援機能である「次世代スマートアシスト」は、なんと昨年の新型タントで進化を遂げたばかりにも関わらず、ステレオカメラを新型に。

 これにより夜間の歩行者への対応や衝突被害軽減ブレーキの対応速度の引き上げなど検知性能が向上されたという。結果、路側逸脱警報、ふらつき警報、標識認識種類の拡大などの新機能も追加し、全17周類の機能を備える。

 安全面では、ダイハツ初となる電動パーキングブレーキの搭載もトピックのひとつ。

 シフト操作と連動したパーキングブレーキ作動とアクセル操作による解除が可能なほか、オートブレーキホールド機能と全車速追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)の停車保持機能の追加も実現された。

価格はハスラーと真っ向勝負

【表】新型タフト価格&グレード一覧。月販目標台数は4000台

 グレード展開は、エントリーの「X」とスタンダードとなる「G」、ターボ車の「Gターボ」の3種類のみ。

「X」でも、フルLEDヘッドライト、自動格納式ドアミラー、スマートアシストなどの基本装備は充実しているが、ルーフレールや車内のオレンジアクセント、タコメーターなど一部の装備が簡素化されたシンプルな仕様だ。

 一方、「G」と「Gターボ」は、ドレスアップにも抜かりはなく、LEDフォグランプや前席用アームレスト、シートヒーター(前席)など機能も向上されている。遊びを前面に打ち出したクルマだけに「G」シリーズがメインとなるに違いない。

 やはり最大の関心事は、その価格だろう。タフトの価格帯は、135万3000円~173万2500円で、売れ線と目される「G(FF)」は、148万5000円となる。

先駆者ハスラーは、今年1月に2代目へモデルチェンジ。タフトと合わせて軽SUV市場が盛り上がりをみせそうだ

 ライバルと目されるハスラーの価格帯は、136万5100円~174万6800円なので、新参者の戦略的価格といえるだろう。もちろん、細かな装備差をみる必要はあるが、グラスルーフ付きとなるタフトは、価格面のインパクトは大きい。

 ともあれ、価格はほぼ同等だが、キャラクターは微妙に異なる「タフト」と「ハスラー」。ひょっとすると、見事な棲み分けもあるかも!?

 いずれせよ、面白い対戦カードであることは間違いなく、今後の両車の動向にも注目だ。

【画像ギャラリー】全20枚超の画像で大解剖!! 新型タフト 写真で見るタフな内外装

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ