【高性能で割安】大好評スイフトスポーツは歴代庶民の味方だった


 2017年9月に新型が発表されて以来、大好評のスイフトスポーツ。10月にはグッドデザイン賞を受賞し、11月には日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカーに選ばれている。

 そこで本企画では新型だけでなく、常に庶民の味方(初代の値段を見て本企画担当、驚きました。安っ!)であった歴代スイフトスポーツを駆け足で振り返り、その商品力の高さを改めて実感したいと思います。

文:片岡英明
ベストカー2017年11月26日号「スイフトスポーツ歴代ヒストリー」


 ■初代登場から今年で14年目

 今となっては貴重な存在となったコンパクトスポーツカテゴリーのなかで、スイフトスポーツの存在は別格だ。

 初代の登場は2003年。以降、先日デビューした最新型まで4世代にわたって世界中のクルマ好きを熱狂させてきている。

 初代~2代目は世界ジュニアラリー選手権(JWRC)で活躍し、2004年にはドライバータイトルも獲得。3代目以降は世界戦の舞台で戦うことはなくなったが、市販モデルは熟成、進化して、日本を代表するモデルに成長した。

 そして、最新モデルの4代目。歴代初めてダウンサイズターボエンジンを搭載したのは時代の流れというもので、この点でもスイフトスポーツはアップデートが進んでいるといえるだろう。もちろん、最新モデルは評価も高い。

 本企画では、2003年初代登場以降の14年間、4世代にわたるスイフトスポーツの歴史を振り返りながら、この稀有なるクルマがどう成長してきたかを検証していきたい。

■初代スイフトスポーツ 2003〜2005年

HT81S型 M15A型 直4、1.5L 115ps/14.6kgm 119万円(5MT)
HT81S型 M15A型 直4、1.5L 115ps/14.6kgm 119万円(5MT)

 初代スイフトスポーツは軽量コンパクトな軽自動車のKeiをベースにしたホットハッチだ。

 プラットフォームはワゴンRプラスから流用している。ホイールベースは2360mmのままだが、大型バンパーなどの採用により全長は3620mmに延びた。オーバーフェンダーを装着し、全幅は1650mmに広がっている。全高は1525mmだ。

 3ドアモデルだけの設定とし、ジュニアWRCに参戦しているイグニスをイメージしたエアロパーツをまとっている。インテリアもスパルタンムードだ。レカロ製バケットシートを装備し、オーディオはオプション扱いとした。

 エンジンは1490ccのM15A型直列4気筒DOHCを搭載する。可変バルブタイミング機構のVVTに加え、アルミ鍛造ピストンや樹脂製インテークマニホールドなどを採用して115ps/14.6kgmにパワーアップ。トランスミッションはクロスレシオの5速MTだ。

次ページは : ■2代目スイフトスポーツ 2005〜2010年

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ