【高性能で割安】大好評スイフトスポーツは歴代庶民の味方だった


■2代目スイフトスポーツ 2005〜2010年

ZC31S型 M16A型 直4、1.6L 125ps/15.1kgm 156万4500円(5MT)
ZC31S型 M16A型 直4、1.6L 125ps/15.1kgm 156万4500円(5MT)

 2代目はジュニアWRCで得られた技術とノウハウを駆使して開発され、プラットフォームだけでなくサスペンションも一新した。

 ベンチマークはフォードのフィエスタだ。ボディやサスペンションなどの剛性は大幅に高められている。ダンパーは名門のモンロー(テネコ製)だ。ブレーキも4輪にディスクブレーキを配している。

 また、ヨーロッパの道路を徹底して走り込み、熟成していったからハンドリングは驚くほどよくなった。乗り心地も初代とは大違いだ。ちなみに日本仕様のスイフトスポーツは、使い勝手のいい5ドアをベースにしている。

 心臓は排気量を1586ccに拡大したM16A型直列4気筒DOHCだ。VVTを最適化するとともに冷却性能も向上させた。

 最高出力は125ps、最大トルクも15.1kgmを達成している。ミッションは5速MTと4速ATを設定した。後期モデルでは足を変え、ESPも標準装備した。

■3代目スイフトスポーツ 2011〜2017年

ZC32S型 M16A型 直4、1.6L 136ps/16.3kgm 168万円(6MT)
ZC32S型 M16A型 直4、1.6L 136ps/16.3kgm 168万円(6MT)

 2代目が好評だったため、キープコンセプトを貫いた。エクステリアは2代目の流れをくむデザインだが、大開口グリルを採用した。

 タイヤとホイールも17インチになる。インテリアはシルバーリング付きの5眼メーターやマルチインフォメーションディスプレイの採用が眼を引く。

 M16A型直列4気筒DOHCエンジンは吸気VVTのバルブリフト量を増やすとともに新たに可変吸気システムを導入した。

 最高出力は136psに、最大トルクも16.3kgmに引き上げている。ミッションは2速から5速をクロスさせた6速MTとパドルシフト付き7速MTモードのCVTを設定した。

 サスペンションは、フロントが改良型のストラット、リアも専用セッティングのトーションビームだ。

 基本設計は変わっていないが、ボディの剛性アップとサスペンションの改良、軽量化などにより、自慢の気持ちいい走りに磨きがかけられている。

次ページは : ■4代目(新型)スイフトスポーツ 2017年9月〜

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ