アルファロメオ ステルヴィオ 試乗! 伊製超速SUV日本発売間近!!

FRのアルファが復活。ーー2017年10月、アルファロメオにとって久々にFRの後輪駆動車「ジュリア」が日本で発売された。そのジュリアをベースに作られた新型SUVが、アルファロメオ ステルヴィオだ。ポルシェ マカンなど近年、スポーツカーメーカーのSUVも続々登場しているが、FRベースの4WD SUV、ステルヴィオは“ドイツ系”にはない刺激を持っているのか?

文:西川淳
ベストカー2018年2月10日号


“背の高いジュリア”の実力は伊達じゃない!!

アルファロメオ ジュリア。全高は1435mmで、ステルヴィオは全高で+200mm以上高く、幅もワイドになっている
アルファロメオ ジュリア。全高は1435mmで、ステルヴィオは全高で+200mm以上高く、幅もワイドになっている

久々のFRサルーン、ジュリア登場で盛り上がるアルファロメオ。けれども、本命はむしろコチラ、SUVのステルヴィオだ。

ジュリア同様、新開発のFRプラットフォーム“ジョルジョ”を使う。今のところ、全グレードが「Q4」、つまり4WDとなる。ライバルはポルシェ マカンやBMW X3、メルセデスベンツ GLCだ。

内外装のデザインを含め、基本的には“背の高いジュリア”である。サスペンション形式やホイールベースもジュリアと同じ。エンジンラインナップも同様だ。ということは、ジュリア クワドリフォリオのステルヴィオ版(=高性能モデル)も存在する。

年の瀬の迫る師走、ボクがドバイ行きエミレーツ深夜便に飛び乗ったのはステルヴィオ・クワドリフォリオの国際試乗会に参加するためだった。

実はさらにその1カ月前、イタリアで素のステルヴィオを試していた。背の高いぶん、ジュリアよりもハンドリングがさらにシャープに感じられ、車運転好きにはたまらない仕立てになっていた。だから、クワドリフォリオ版の試乗が楽しみでならなかった。

510馬力の最高性能版はスポーツカー顔負け

最高性能版のエンジンはジュリアにも搭載されるV6、3Lツインターボで510psを発揮
ジュリアの最高性能版に搭載されるV6、3Lツインターボ(510ps)を搭載するグレードも用意

砂漠のリゾートホテルを起点に、パールホワイトのステルヴィオQ4クワドリフォリオで走り出す。心臓部には、フェラーリとの協力で生まれた2.9L、90度V6ツインターボの510馬力エンジン+8ATが収まる。4WDであること以外は、ジュリア版とまったく同じ仕様だ。

殺風景で乾いた埃まみれの道を小一時間ほど走ると、突然、すばらしいワインディングロードが現われた。

ドライブモードを「RACE」、変速を「マニュアル」に変え、爆音を響かせ駆け上がる。加速そのものはジュリアより安定していたが、背の高いぶん、違う質のスリルがあった。

何より驚いたのはいっそうシャープになったハンドリング。トルクベクタリングの効きがすさまじく、車体の前半ごとカツーンと内側をむく。その動きを予測してアクセルペダルにこめる力を調整すれば、まるでスポーツカーのようにあらゆるベンドを駆け抜ける。なるほど、今、世界で最も楽しく、かつ最速のSUVだとフィアット・クライスラーグループが胸を張るわけだ。

日本導入は2018年上半期中。まずはジュリア ヴェローチェ(2Lターボ、280ps仕様)相当のグレードからやってくる。クワドリフォリオ(2.9Lターボ搭載の最高性能仕様)は、少し遅れての上陸となりそうだ。

※価格は未発表。参考までに、米国仕様のステルヴィオ スーパー(2Lターボ、280ps仕様)が4万1995ドル〜、日本円換算で約580万円〜。最高性能版のクアドリフォリオは、1200万円級となる見込み。

■アルファロメオ ステルヴィオQ4 クアドリフォリオ 主要諸元

全長×全幅×全高:4702×1955×1681mm
ホイールベース:2818mm
車重:1830kg
エンジン:V6ツインターボ、2891cc
最高出力:510ps/6500rpm
最大トルク:61.2kgm/2500rpm
トランスミッション:8速AT

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ