スポーツカー乗り心地テスト!! 「速さ」と「乗り心地」を両立しているのはどのクルマ!?

 今回、ベストカー恒例の「乗り心地テスト」のテスト車に選んだのはホンダシビックタイプRとVWゴルフGTI、日産GT-R、レクサスLC500hという最新スポーツ系モデルの4台。テスターはおなじみ、レーシングドライバーであり、元BC編集部員でもある大井貴之氏。乗り心地テストのコースは、ウネウネと路面がうねった道路のある”音羽ニュル”。乗り心地の評価はテスターである大井氏の印象と採点とした。採点は「不快指数」という数値で表現。50%が基準値で、最も乗り心地が悪い場合の最大値が100%だ。また助手席のハカリがどれだけ上下動したかというアナログなGセンサーも準備した!! どんな結果になるのか、乞うご期待!!

文:大井貴史/写真:黒田明
ベストカー2017年12月10号


■シビックタイプRのニュルで鍛えた足回りはどうだ!?

 大幅な車体剛性アップ、リアサスのマルチリンク採用、25mm低くなった全高、100mm伸びたホイールベースなどにより、新型タイプRは別モノに生まれ変わった。結果としてニュルのラップタイムも約7秒短縮。ネットに流れている車載映像を見てもハンドリングの進化の大きさが窺える。

シビックタイプRは現行型で可変ダンパーが装備された
シビックタイプRは現行型で可変ダンパーに「コンフォートモード」が追加された

 というタイプR本来のステージとはまるっきり違う今回の乗り心地テストだが、ここでも大きな進化を感じることができた。従来のタイプRは苦痛としか言いようがない乗り心地だったが、今回のモデルは驚くほど普通に走る。単にソフトな乗り心地ではなく、しなやかに足が動く乗り心地のよさ。しかも遮音性がいい。

 相変わらずド派手な外装だが、旧型よりはしっかりデザインされている。メーターの視認性も抜群に向上。シートの出来もいい。ニュルではスーパースポーツモデルだが、街では高級な走り味を持ったクルマとして乗ることができる。

不快指数30% / ハカリの揺れ幅60g(コンフォートモード)、80g(スポーツモード)

■ゴルフGTIはイメージ的に超快適そうだが!?

 限定車ではシビックやメガーヌを相手にニュルのタイムバトルに参加しているものの、普通のGTIはそのスタンスを変えていない。マッチョなスポーツモデルを求めていたとしたら物足りないと感じるインテリア。快適性とホールド性を兼ね備えたシート。

 どれもシビックなどに較べれば地味だが、スポーティカーとして充分な性能を持っているし、もちろん、普通のゴルフに較べれば各部にGTIらしいスポーティな演出が盛り込まれている。マイチェン後モデルのパワーはプラス10㎰。走り味は若干スポーティになった気がする。

ゴルフGTIはベースのよさを引き継いだ「大人スポーツ」だ
ゴルフGTIはベースのよさを引き継いだ「大人スポーツ」だ

 しかし、基本は今まで通りで、パッセンジャーにとっては高級なゴルフ。乗り心地テストのようなごく普通の市街地ドライブでは驚くほど穏やかに走ってくれる。しかし、アクセルを踏み込んだ途端、驚きの動力性能を発揮する。シビックタイプRに対しパワーは90ps、トルクも5.15kgm劣るが、1500回転から最大トルクを発揮するエンジン特性とDCTの組み合わせで瞬発力は負けていない。

不快指数25% / ハカリの揺れ幅 50g(コンフォートモード)、70g(スポーツモード)

■日産GT-Rはマルくなったとはいえまだ固め?

 2014年モデルの改良時に不快指数が90%から60%へと一気に乗り心地が向上したGT-R。今回のテスト車は、さらにその進化版。ボディ剛性など、大きく手が入れられた2017年モデルだ。運転席に座った印象はいいが、エンジンをかけた途端……、かなり騒々しい。

 遮音性は悪くないが、テスト車の問題かエンジン音、排気音に加え、ミッション系と思われるメカニカルノイズに包まれる。さて、その乗り心地は? まずはコンフォートモードでスタート。確かにソフトになった印象だが、しなやかな乗り味という意味ではノーマルモードのほうがしっくりくる。

この路面は音羽ニュルの特徴。R35はマイルドになったとはいえ……
この路面は音羽ニュルの特徴。R35はマイルドになったとはいえ……

 もしかしたら新東名のような路面のいい高速道路での巡航では好印象になるのかもしれない。気になったのはステアリングやシートに伝わる振動。逆にいえば、GT-Rいうモンスターマシンを走らせている実感があるとも言える。まあ、このクルマを市街地走行だけで語ること自体がナンセンスと言えるのだが。

不快指数60% / ハカリの揺れ幅70g(コンフォート)、85g(Rモード)

■LC500hはレクサスの「乗り心地」の品格は充分

 レクサスのフラッグシップスポーツ「LC」。圧倒的な存在感。それはドライバーズシートからの風景も同じ。内装のデザイン、質感ともに高級感が溢れている。街を走らせている時にこれだけ視線を感じるクルマは久しぶり。

 ハイブリッドならではの穏やかでありながら力強い発進加速は、姿勢変化の少なさも相まって宇宙船に乗っているような未来感覚。まだV8エンジン搭載モデルには乗っていないが、このクルマにはハイブリッドのテイストが似合いそうだ。

やはりレクサス!! 快適性はピカイチだ
やはりレクサス!! 快適性はピカイチだ

 本題の乗り心地は、ゆったりとした乗り味を期待していたが、想像していたよりスポーティ。もうひとつ、気になったのは遮音性。超高級車といってもスポーツ系。フル加速時のエンジン音は音質も音量も絶妙だが、信号待ちで歩道を歩くハイヒールの音を耳元に感じてしまった。街の喧騒はしっかり遮断してもらいたい。でもこのクルマ、マジでカッコいい!!

不快指数25% / ハカリの揺れ幅65g(コンフォート)、75g(S+)

■スポーツカーはスポーツカーらしく!?

 結果はほぼ前述のハカリ揺れ幅の数値通りだが、どれもスポーツカー。低速のテストでスポーツカーの価値を判断することはできない。今回の4台はどれも優秀だったが、街中の乗り心地が最悪だって、本来のステージでの走りが究極に楽しければOK!! でも、逆だったらそれは偽物。

オールラウンダーなスポーツカーは現実的にかなり難しい。だからこそ個性が出ておもしろい
オールラウンダーなスポーツカーは現実的にかなり難しい。だからこそ個性が出ておもしろい

 それがスポーツカーとの割り切りも必要。ワインディングも気持ちよく走りたいし、乗り心地も大事なんてことを言っていると、本当に楽しいクルマに巡り合えませんよ!!

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ