やっぱりジムニー最強説! 現行型試乗で実感した唯一無二の価値

 1970年春のデビュー以来、2度しかモデルチェンジしていない軽クロスカントリー4WDがスズキのジムニーだ。3代目となる現行型は、間もなく登場から20周年。久々の新型となる4代目がデビュー間近の今、“ジムニーらしさ”を改めて見つめるべく、現行型のジムニーを借りだした。久々に乗ったロングセラーモデルは、最近のSUVと比べても優秀な、意外な一面も見せてくれた。

文:片岡英明/写真:池之平昌信


20年経っても現行ジムニーの魅力は色褪せず

特別仕様車のランドベンチャー。価格は169万1280円(4AT車)で5MT車は10万円ほど安い
試乗車は特別仕様車のランドベンチャー(4AT車)。価格は169万1280円で5MT車は10万円ほど安い

 個人的にジムニーは好きで、初代モデルから何度もステアリングを握った。が、最近はカタログモデルには乗っていない。

 6年ぶりの試乗となったが、走り出してすぐに「まだまだ現役でいける」と確信した。熟成の域に達し、デビュー時より快適性が高まっている。また、今の軽自動車にはない魅力も発見できた。

 ジムニーは3代目でワゴンだけとなり、パワーユニットは総アルミ製のK6A型3気筒DOHC4バルブターボだけに絞り込んだ。今、ハスラーなど、他のスズキ車は新世代のR06Aエンジンを積んでいる。

 が、K6A型エンジンの実力が、今でも通用することを今回の試乗で実感した。エンジンに細かい改良を施し、遮音材も増やしているのだろう。高速走行でも会話が途切れないほど、静かで、振動も上手に封じ込んでいた。

 現行モデルは1トンに迫る重量ボディだ(編注:ハスラーは4WDターボで850kg)。だが、4速AT車でも軽快な加速を引き出すことができる。ターボの応答レスポンスは鋭いし、その気になれば6000回転まで無理なく引っ張ることが可能だ。

 オフロードも意識したギアレシオだが、高速走行も余裕でこなした。追い越しも俊敏で、冴えた加速を見せつける。前に乗ったモデルより、制御が緻密になり、滑らかさに磨きがかけられた。

望外によかった舗装路での乗り心地

本格的なクロカン4WD車は、舗装路での乗り心地で不利だが、思った以上に乗り心地は悪くない
本格的なクロカン4WD車は、舗装路での乗り心地で不利だが、思った以上に乗り心地も良好

 サスペンションは、前後とも3リンクにコイルスプリングを加えたリジッドアクスルだ。3代目では同軸上にあったショックアブソーバーとスプリングを別軸に変更した。その効果は大きく、舗装路ではしなやかな乗り心地と軽快なハンドリングを実現している。

 最終モデルは剛性も高い。サスペンションが軽やかにストロークし、コーナーでは踏ん張りがきく。ロールは許すが、したたかな接地フィールだ。

 3代目から標準装備された電動パワーステアリングも軽く扱いやすい。初期モデルより操舵したときの正確性と洗練度が高められている。

 さすがに最新のワゴンRやハスラーと比べると曖昧なゾーンがあるが、荒れた路面ではちょっとダルな操舵フィールのほうが扱いやすい。ストローク感たっぷりの良質な乗り心地も特筆できるところだ。舗装の継ぎ目やギャップを通過しても衝撃を上手に吸収する。

 一般道は2WD走行が基本だ。さすがにハスラーほど直進安定性はよくない。が、過敏すぎないから、ロングドライブしても疲れは少なかった。燃料タンクも49Lと大きいから長距離ドライブでも安心感がある。

流行りのSUVには真似できない異次元のオフロード性能

オフロードはジムニーの独壇場。走破性だけならランクルも優れるが小さなボディはジムニーだけの価値
オフロードはジムニーの独壇場。メッキのドアハンドルはランドベンチャーの特別装備

 ジムニーが真価を発揮するのは、やはりオフロードだ。4WDへの切り替えは、センター部分にあるプッシュスイッチで行う。右側に4WDローレンジ+ロックも装備する本格派だ。

 が、多くの場面は4WDのハイレンジだけでこなせた。それほど高い潜在性能を秘めているのだ。最低地上高は200mmあるから、ほとんどのステージを余裕で乗り切ることができた。柔軟な足の動きと卓越した走破性能が光っている。

 軽やかに動くサスペンションは、フラットダートでは優れた接地フィールを見せつけた。ちょっとダルに設定したパワーステアリングは荒れた路面で蹴返されても修正しやすい。

 ラフロードやガレ場の走りも非凡だ。障害角が十分に確保されているから荒れた路面やギャップの大きな路面でも安心感のある走りを披露した。

 低速での走りを強いられるギャップの大きな路面での走破能力は驚くほど高い。アップライトパッケージで前方の見切りがよく、視界がいいのも美点にあげられる。

 最近の主役は、乗用車のプラットフォームを用いたモノコック構造のライトクロカン、クロスオーバーSUVだ。だが、ぬかるんだ泥濘路をハスラーで走ったら、すぐにスタックしてしまうだろう。荒れた路面での乗り越えでは亀の子になる可能性も高い。

 また、ジャンプでもしようものなら、ボディやフレームが衝撃でひずんでしまうだろう。もちろん、砂地などに乗り入れても早々にギブアップするはずだ。ジムニーはグラベルだけでなく、雪道や渡河性能も上級クロスカントリー4WDに負けない。

今なお魅力放つ現行ジムニーの存在意義

まさにジムニー
このような狭い悪路にはランクルは入れない。悪路走破性とコンパクトボディを兼ね備えたジムニーならではの“瞬間”を収めた一枚だ

 小さなオフロードキングがジムニーだ。ジムニーで標高2000m級の冬山登山に挑んだことがあったが、驚くほど軽やかに七合目まで登った。また、ランドクルーザーが難儀する砂地でも余裕ある走りを見せつけている。こんな芸当ができるのはジムニーだけだ。

 ランドベンチャーは、ジムニーXGをベースに、専用のメッキグリルやアルミ製スペアタイヤハウジング、アンダーガーニッシュ、専用アルミホイールなどを加えた特別仕様車である。専用シート表皮のクオーレモジュレはフィット感がよく、夏は熱くなりにくい。冬場はシートヒーターの採用と相まって快適である。昔のジムニーを知るものにとっては快適性が向上し、ジムニーじゃないよ、と驚くばかりだ。

 3代目ジムニーは、間もなく生産を終了する。すでに5速MT車は在庫がほとんどなくなった、との情報が漏れ伝わってきた。間もなく登場する4代目ジムニーは魅力を増しているだろう。

 が、現行の3代目も今なお魅力を放ち続けている。4代目は今風のメカニズムになる、というファンも少なくない。

 タフで質実剛健な3代目ジムニーを手に入れられる最後のチャンスが今なのだ。愛おしく感じているのは、ジムニーファンだけではないだろう。

ジムニー ランドベンチャー/全長×全幅×全高:3395×1475×1680mm、JC08モード燃費:13.6km/L(4AT車)
ジムニー ランドベンチャー/全長×全幅×全高:3395×1475×1680mm、JC08モード燃費:13.6km/L(4AT車)
リアスタイル
リアスタイル
K6A型エンジン。最高出力:64ps/6500rpm、最大トルク:10.5kgm/3500rpm
K6A型エンジン。最高出力:64ps/6500rpm、最大トルク:10.5kgm/3500rpm
4WDスイッチはエアコンの下に配置される
2WD/4WD切り替えはエアコンの下に配されるプッシュスイッチ式

最新号

ベストカー最新号

総勢40台超! 誌上モーターショー2018 ベストカー11月10日号

 2018年10月10日、「ベストカー」最新号(11/10号)が発売。今号は誌上モーターショー2018と題し、イタルデザインが手がけ日本初公開となった「GT-R 50 by italdesign」の生写真、そして国産8メーカーの今後世に出る…

カタログ