日本再上陸のヒョンデEVに乗ってわかった最新韓国車の驚くべき実力!!

日本再上陸のヒョンデEVに乗ってわかった最新韓国車の驚くべき実力!!

 2009年の撤退以来、再度の日本上陸を今年2月8日に果たしたヒョンデ。日本市場に投入されるのはEVのアイオニック5、FCVのNEXO(ネッソ)というゼロエミッションビークルの2車種。オンライン販売(ヒョンデ自社サイト及びアプリ)のみで、今年5月にオーダーの受付を開始し、7月からデリバリーが始まる。

 価格はアイオニック5が479万~589万円、ネッソが776万8300円となっている。果たしてその実力はどの程度のものなのか、事前試乗会でアイオニック5のステアリングを握った国沢光宏氏が評価する。

文/国沢光宏写真/奥隅圭之、ヒョンデ

【画像ギャラリー】満を持して日本再上陸のヒョンデEV、アイオニック5はまんま欧州車!? その内容を写真でチェック!!(39枚)画像ギャラリー

■あのトヨタをも欧州では凌いでいるヒョンデ

写真手前がEVのアイオニック5で、奥がFCVのNEXO。ヒョンデから日本市場へはこの2車種が投入されることがアナウンスされている
写真手前がEVのアイオニック5で、奥がFCVのNEXO。ヒョンデから日本市場へはこの2車種が投入されることがアナウンスされている

 日本では現代自動車(韓国車)に対する評価が極めて低いものの、世界規模で考えたら危機感を持たなければならない状況と言ってよい。今やアメリカでホンダの販売台数を超え、欧州も日本勢ダントツのトヨタを相手にしない。

 ヒョンデの667万台という世界販売台数はトヨタの1049万台にこそ届かないが、414万台のホンダや407万台の日産を大きく凌ぐ。日本人はもう少し現実を知るべきかと。

 なぜ日本で韓国のクルマが評価されないのかと言えば、日本に入ってきていないからです。いや、いいクルマだったとしても売れないだろう。理由は簡単。韓国、この10年ずっと日本にケンカを売ってきてますから。世界じゃスタンダードになっているTVや携帯端末だって「韓国ブランドは買わない」という人が多い。

 以下、EVのアイオニック5の紹介をするけれど、売れないとは思います。

 一方、クルマ好きとしちゃ大いに興味ある。スポーツや趣味に人種や国境などない。ということで、以下クルマ好きの視線から現代自動車の最新作、アイオニック5をチェックしてみたいと思う。

■かつての「ヒュンダイ」改め「ヒョンデ」に

 そうそう。最初に紹介しなくちゃならないのが会社名。今までカタカナ表記だと「ヒュンダイ」だった。実際、アルファベット表記で『HYUNDAI』。けれど日本再参入にあたって今回から「ヒョンデ」としている。

 この点、日本語を流暢に使う韓国人女性の広報担当に聞いてみたら「フランスのエルメスはHを発音しないのと同じで韓国語だとHYUNDAIと書いてヒョンデになると思ってください~」。

 韓国で「ヒョンデ」、アメリカだと「ホンディ」。ややっこしい! とは言え「ヒョンデと呼んでください~」なので、以下ヒョンデと表記します。皆さんはお好きなように。

次ページは : ■欧州車と言っても過言ではない、その出来栄えに驚愕!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ