セレナe-POWERとステップワゴンHVはどっちが買い!?急先鋒vs先駆者


■新感覚のe-POWERを搭載のセレナはどうだ?

お次は売れに売れいているセレナe-POWER。

「ワンペダルドライブ」と称した新感覚のドライビング、さらには「プロパイロット」という運転補助システムも大きなトピックだ。

市街地での乗り味は非常にコンフォートだが、山道などにいくとその柔らかさが不安定な面を見せる。運転スタイルによって選択をしたい

アクセルのオン・オフだけで減速できる回生ブレーキは、まるで電車のような雰囲気すらあって楽しい。

加速時など発電中には遠くのほうでエンジンサウンドを感じさせるものの、遮音を徹底したというだけあって、静粛性は大きなセールスポイントにもなる。

セレナの居住性もステップワゴンと遜色なし。シートアレンジなども豊富だ

担当として気になる部分はその乗り味。今回試乗したようなワインディングでは腰砕け感がある。

30~50km/hが法定速度の山道を法定速度で走っても、セレナe-POWERの足回りは明確に柔らかい。

もちろん恐怖を覚えるようなものではないが、コーナーが連続すると乗り物酔いしやすい子どもにはキツイだろう。市街地での乗り心地は抜群だが、このへんのバランスは難しい。

■比較してどうだ!? 自分ならこっちを買う!!

比較してどうか、という最終項目。今回は【走り】/【装備】/【所有した満足度】/【安全性】で編集部Sが独断でジャッジします。

【走り】→ ステップワゴンの勝ち

多人数乗車をするミニバンに楽しさを求める層は少ないだろうが、やはり安定感やパワーはあってもいいはず。

コーナリングの安定感、そして高速道路などでの安心感はステップワゴンスパーダの勝利。またパワーもシステム出力セレナとは段違い。

セレナがシステム出力136psなのに対し、ステップワゴンスパーダはエンジンのみで145ps、そこにバッテリーの70psも加わる。走行性能ではステップワゴンの圧勝。

【装備】 → ステップワゴンの勝ち

これは微妙な勝負になるが、やはりステップワゴンのわくわくゲートや、ダイブダウンの3列目など細かな作りこみはミニバン経験の豊富さでセレナを圧倒。

水平基調でまとめられたステップワゴンの内装。ピアノブラックを適度に使い”締まった”印象を受ける

内装の質感も好みはあるがステップワゴンはピアノブラックを使い、うまいことまとめている。セレナはもう少し質感がほしいところだ。

【所有した満足度】→ セレナe-POWERの勝ち

満足度ではセレナe-POWERが強いかも!? 前述のとおり、ワンペダルドライブもあったりと「新しいクルマ」というわかりやすさが大きい。

運転支援システムのプロパイロットがつくのもセレナe-POWERの強み。便利な装備だが、なにもしなくてよい「自動運転」ではない

運転する家族、同乗者にとっても「EVライク」なハイブリッド車であることは新しい体験だろう。ただ「プロパイロット」は自動運転ではない、ということは口を酸っぱくして言いたい。

【安全性】 → セレナe-POWERがやや勝ち

自動ブレーキ性能ではセレナe-POWERの自動ブレーキの性能が高い。JNCAPのテストでも対歩行者性能ではセレナが優れており、安全面での評価はセレナが一歩リードする。

【結論】

ということで、長所/短所はそれぞれあるものの、担当が「自分で買うなら?」と言われればステップワゴンだろう。

クルマ好きにはわかりやすい味付け、そしてホンダらしい作りこみは、クルマにうるさいおじ様たちも納得。

逆にクルマにあまり詳しくない友人には積極的にセレナe-POWERの試乗も進めたい。ワンペダルドライブは新感覚だし、クルマとの距離感が縮まるはずだ。

【総合点】

ステップワゴンスパーダ ハイブリッド → 90点

セレナe-POWER → 87点