使い方自由自在!! フルモデルチェンジしたハイゼット&アトレーに乗ってみた

使い方は自由自在!! フルモデルチェンジしたハイゼット&アトレーに試乗!!

 2021年12月、実に17年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたダイハツ ハイゼット&アトレーのファミリー。

 ハイゼットは商店主や運送業などの小口配送に活躍するのはご存知のとおりだが、今回のフルモデルチェンジでデザインだけでなくメカも一新されたという。

 さらに大きな変化として、ハイゼットの乗用車バージョンであるアトレーが、商用の4ナンバーになった。

 生まれ変わったハイゼット&アトレーに試乗し、商用そして乗用の使い勝手を確かめてみた。

※本稿は2022年3月のものです
文/片岡英明、写真/ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2022年4月26日号

【画像ギャラリー】ちわ〜三●屋です〜!! 思わず御用聞きに回りたくなる使い心地抜群の新型ハイゼット&アトレー!!(27枚)画像ギャラリー

■新開発CVT採用で燃費も走りも大満足

ハイゼットカーゴで「こんちはっ」と酒屋の配達のように軽く商店街を走ってみた。軽快に走れて配達もはかどりそうだ

 商店主や運送業などの小口配送に活躍する軽商用車のハイゼットが、デザインだけでなくメカも一新し、機動性を大きく高めた。

 軽商用車というと、遅い、うるさい、硬い乗り心地、というイメージが強い。

 ハイゼットカーゴは3気筒のNAエンジンを搭載するが、出だしの瞬発力は鋭いし、加速も滑らかだった。高速道路の合流や登り坂でも変速ショックがないからアクセルを戻さなくてすむ。

 軽やかな走行フィールには新開発のFR用CVTが大きく貢献している。4ATだった先代はクルマに合わせる運転を必要としたが、新型はビギナーでも実力をフルに引き出せるだろう。

 おいしいゾーンを積極的に使ってくれるから燃費もいいはずだ。弱点だったエンジン音と振動も上手に封じていた。

 DNGA新プラットフォームの採用により、ボディはシャキッとしている。だから接地フィールがよく、コーナーでも踏ん張ってくれた。

■お仕事グルマは遊びも得意

室内寸法はアトレーもハイゼットカーゴも同じ。後席をたためばフラットな床となり、ビールケースをたくさん積める。最大積載量は350kgだ

 今回からアトレーは4ナンバー商用となった。ターボ+CVTのみの設定。

 ターボは低回転から威力を発揮し、冴えた加速を見せつけた。静粛性と乗り心地も一歩上の印象だ。荒れた路面ではハイゼットカーゴより穏やかに感じる。

 マイチェンを受けたトラックも大幅に洗練度を高めていた。内装の見栄えはよく、便利な装備も増えた。ドライバビリティはいいし、快適性も向上している。

 今後はCVTユーザーが増えそうだ。空荷だとリアがバタつくことがあるが、先代と比べると驚くほどの進化を実感できた。

■ハイゼット&アトレー ここがPOINT

1.新開発CVTを搭載し、WLTCモード燃費はMTより向上
2.アトレーも4ナンバーの商用車。ハイゼットの最上級グレードといった位置付けで、エンジンはターボのみ
3.デッキバンをアトレーにも設定
4.ハイゼットトラックにも新開発CVTを組み合わせて燃費もドライバビリティも向上

ダイハツ アトレー&ハイゼット 主要諸元
【画像ギャラリー】ちわ〜三●屋です〜!! 思わず御用聞きに回りたくなる使い心地抜群の新型ハイゼット&アトレー!!(27枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

ビッグネームが続々復活の情報捕捉!! ベストカー6月26日号

日本の自動車メーカーの2022年度3月期の連結決算が発表され、軒並み好調! クルマの販売も好調で、クルマへの関心が高まってきています。そんななか、発売中のベストカー6月26日号は新型フェアレディZの走行取材企画あり、スカイラインクロスオーバーやパジェロミニの復活登場のSCOOP企画あり、FRにスポットを当てた企画ありと盛りだくさん。「読み逃し」なく!! です。

カタログ