ダイハツ自身もたまげた!! フルモデルチェンジした新型アトレー絶好調の理由とは!?

ダイハツ自身もたまげた!! フルモデルチェンジした新型アトレー絶好調の理由とは!?

 2021年12月にフルモデルチェンジしたハイゼットカーゴとアトレーが、ダイハツ関係者が驚くほど売れているという。

 広い室内で、荷物もたくさん載るので、コロナ禍で部屋を求める層などからも人気が集まっているとのことだが、実のところは何が理由なのか?

 渡辺陽一郎氏が、ハイゼットカーゴとアトレーが絶好調のワケを現場などに取材、その裏側を分析していく。

文/渡辺陽一郎、写真/DAIHATSU

【画像ギャラリー】ダイハツ関係者もビックリ!? 17年ぶりフルモデルチェンジで絶好調のアトレー&ハイゼットカーゴ(18枚)画像ギャラリー

■関係者も驚く絶好調の2台 気になる納期などの最新事情は?

2021年12月にフルモデルチェンジしたダイハツ アトレー
2021年12月にフルモデルチェンジしたダイハツ アトレー

 2021年に日本国内では約76万6000台の商用車が販売され、この内の約50%を軽商用車が占めた。乗用車に占める軽自動車の比率は約35%だから、商用車の方が普及率は高い。軽商用車は日本の物流を支える最も身近な存在だ。

 軽商用車の販売内訳を見ると、キャブオーバーバンと呼ばれるワンボックスボディのバンと、軽トラックがそれぞれ50%近くを占める。残りは少数のボンネット型バンだ。

 2021年12月には、キャブオーバーバンの主力車種とされるハイゼットカーゴとアトレーがフルモデルチェンジされ、ハイゼットトラックもマイナーチェンジを実施した。

 従来のアトレーは、ハイゼットカーゴをベースにした5ナンバー規格のワゴンだったが、新型では4ナンバーの商用車に変更されている。つまり現在のアトレーは、ハイゼットカーゴのワゴン版ではなく、上級シリーズになった。

 この変更について、開発者は次のように述べている。

「先代アトレーはワゴンだったが、90%のお客様は、後席を畳んで荷室として使っていた。後席を使って4名で乗車したいお客様はタントを選ぶ。アトレーに荷物をたくさん積みたいお客様も多く、新型では、最大積載量を350kgとして表示できるバンに変更した」

2021年12月にフルモデルチェンジしたダイハツ ハイゼットカーゴ
2021年12月にフルモデルチェンジしたダイハツ ハイゼットカーゴ

 このフルモデルチェンジは成功だったようだ。発売後1カ月の受注台数は、アトレーが約8000台(月間販売目標:1000台の約8倍)、ハイゼットカーゴは約1万3000台(同:5700台の2.3倍)、ハイゼットトラックは約2万100台(同:6000台の3.5倍)とされている。

 2022年1月の届け出台数を見ると、ハイゼットカーゴ(アトレーを含む)が6517台、ハイゼットトラックは6693台だ。受注台数が多い割に届け出台数は6500~6700台に収まるため、納期遅れが心配される。

 販売店では「アトレーとハイゼットカーゴを2022年2月上旬に契約した場合、納車は6月頃になる。ハイゼットトラックは少し早く5月頃」という。アトレーとハイゼットカーゴの納期は約4カ月だ。

 今は新型コロナウイルスの影響で、さまざまな部品やユニットの調達に時間を要しており(半導体に限らない)、新車の納期も全般的に長い。アトレーやハイゼットカーゴは、このタイミングでフルモデルチェンジを行ったから、軽商用車としては納期が伸びた。

次ページは : ■なぜ2台はこれほどまでに人気が上昇したのか!? そのワケ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ