一生に一度は乗りたいBMW製SUV!! 大黒柱のX3ディーゼルは国産有力ライバルよりお買い得か?

一生に一度は乗りたいBMW製SUV!! 大黒柱のX3ディーゼルは国産有力ライバルよりお買い得か?

 2022年4月に日本仕様が公開されたミドルサイズSUVのマツダCX-60。新生代ラージ商品群第1弾となり、エンジン縦置きのプラットフォームの採用。直列6気筒ディーゼルターボエンジンやマツダ初のPHEVの搭載によって注目されている。

 価格もベストカーwebですでに伝えているように、299万2000円〜626万4500円となっているようだ。そこで、今回はCX-60のライバルと言われている、直列6気筒ディーゼルターボエンジンを搭載したBMW X3に試乗し、その実力を体験してみた。

文、写真/萩原文博

【画像ギャラリー】マイナーチェンジしたBMWX3の詳細を画像で紹介(14枚)画像ギャラリー

BMW X3のボディサイズはCX-60と近い

BMWX3の高級車の乗り味と絶品のハンドリングにCX-60はどこまで迫れるのか?
マイナーチェンジしたBMW X3のフロントスタイル

 現行型のBMW X3は2017年10月に導入され、2021年10月にマイナーチェンジを行っている。ボディサイズは全長4,725mm×全幅1,895mm×全高1,675mm。ホイールベースは2,865mm。

 一方の、マツダCX-60のボディサイズは全長4,740mm×全幅1,890mm×全高1,685mm。ホイールベースは2,870mmとほぼ同じサイズとなっており、ライバル関係にあるのは間違いない。

 今回試乗したBMW X3は2021年10月にマイナーチェンジ後のモデルだ。外観はより、精悍なフロント&リアデザインに進化。フロントはBMWのアイコンであるキドニー・グリルを左右一体構造とすることで、よりパワフルな印象とした。

 さらに、空力特性に優れたフロントバンパーをはじめ、最新のヘッドライトを取り入れた。リアは新デザインとなったリアバンパーを搭載することで存在感を増している。

 安全装備では運転支援システム「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」を標準装備。さらに車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートを正確に戻ることが可能なリバースアシスト機能を含んだパーキング・アシスタントを標準装備している。

 そして快適装備として、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Alexa」とスマートフォンアプリの「My BMW」と連携することが可能。車内で自宅同様のAlexaの様々なサービスや機能を利用可能となった。

 X3が搭載するパワートレインは、xDrive20iには2L直列4気筒ガソリンターボエンジン+8速AT、xDrive20dには2L直列4気筒ディーゼルターボエンジン+8速AT。そしてxDrive30eには2L直列4気筒ガソリンターボエンジン+モーターのPHVシステムを搭載している。

 そして、BMW X3のトップモデルに君臨するのが、MハイパフォーマンスモデルのM40iとM40dそしてMコンペティション。M40iには最高出力388ps、最大トルク500Nmを発生する3L直列6気筒ガソリンターボエンジン。一方M40dは最高出力340ps、最大トルク700Nmを発生する3L直列6気筒ディーゼルターボを搭載。組み合わされるトランスミッションは8速ATだ。

次ページは : 直6ディーゼルは高級車の乗り味と静粛性を実現している

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します