【86/BRZ スイスポ ロードスター!!】 新車以上に魅力的!? 中古で楽しむ国産スポーツ!!

 新車価格が高くなっているいま、スポーツモデルも同様に手軽な存在ではなくなってきているが、中古車であれば手に届きやすいモデルが出てくるようになった。

 そのなかでも今オススメの中古国産スポーツはどれなのか? 現行モデルの中古スポーツをチェック!

※本稿は2019年4月のものです。流通台数の★の数は、100台以下=★、100~200台=★★、200~300台=★★★、300~500台=★★★★、500台以上=★★★★★
文:萩原文博/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年5月26日号


大量にある未使用車を狙え! スズキ スイフトスポーツ(2017年9月~)

●オススメ&購入ポイント

 4代目となる現行型スズキスイフトスポーツは2017年9月に登場。最高出力140psを発生する1.4Lターボエンジンを搭載し、ボディも3ナンバーサイズに拡大され熱い走りに磨きを掛けた。

 販売開始から、まだ1年半しか経過していないが、すでに中古車の流通台数は150台を突破した。中古車の平均価格は176万円で、この3カ月の間ほぼ横這いといえる動きとなっている。

 流通台数が増えているのに、相場が横這いというのは、走行距離の少ない物件が増えているということが考えられる。

 現行型スイフトスポーツは標準モデルとセーフティパッケージ装着車がほぼ半々。中古車相場はあまり変わらないので、パッケージ装着車を積極的に狙いたい。

 MT車の比率は74.6%と非常に高く、走行距離の少ない未使用車も200万円以下で手に入る。

●中古車相場:129万~228万円(新車時価格:183万6000~205万9560円)
●流通度:★★☆☆☆
●オススメ度:★★★★★
※中古相場はサスチューニングモデルの価格を含む。

■一世代で豊富な流通台数を誇る トヨタ86 & 86と比べると走行距離が少ない スバルBRZ(2012年3月・4月~)

●オススメ&購入ポイント

 トヨタ86/スバルBRZはトヨタとスバルが共同開発したFRのスポーツカーで、2012年2月に発表された。

 デビュー当初はほぼ同じグレード構成だったが、現在86はスポーツブランド「GR」が手掛けたコンプリートモデル、またBRZはワークスブランド「STI」と共同開発したSTIスポーツをカタログモデルとするなど、ラインナップが異なる。

 まず、トヨタ86の中古車事情を見てみると、流通台数は一世代しかないが、約860台と豊富な流通台数を誇る。平均価格は需要期の3月中旬まで192万円をキープしていたが、その後値落ちに転じて、現在は188万円まで下がっている。

 中古車の最多グレードは2.0GTで約57.5%。ミッションはMTが55%で若干ATを上回っている。すでに100万円を切る物件もあるが、走行距離などを考えると130万円くらいからが狙い目だ。

 一方、スバルBRZの平均価格は181万円で、3カ月で10万円という大幅な値落ち。最多グレードは2.0Sで、約63%。86と比べると100万円以下の物件は少なく、全体的に走行距離は少なめだ。

待望のライトウェイトFRスポーツとして誕生した86/BRZ。手頃な価格の中古車はより魅力的

86
●中古車相場:95.9万~745.2万円(新車時価格:262万332~496万8000円)
●流通度:★★★★★
●オススメ度:★★★★☆
※中古車相場はGRMNモデルの価格も含む

BRZ
●中古車相場98万~328万円(新車時価格:243万~359万1000円)
●流通度:★★★☆☆
●オススメ度:★★★☆☆

■100万円台で買えるハイコスパ車 スバル WRX S4(2014年8月~)

●オススメ&購入ポイント

 現行型スバルWRXは2014年8月に登場。これまで「Aライン」と呼ばれていたCVTを搭載したモデルはWRX S4と独立したモデルとなった。

 最高出力300psを発生する2L水平対向4気筒ターボ+CVTというパワートレーンを搭載するS4の中古車相場は約290万円で、3カ月前からわずかに上げ下げの動きはあるものの、横這いとなっている。

 流通台数は約120台と少なめだが、最低価格は100万円台前半となっており、非常にコストパフォーマンスが高いのが特徴。

 WRX S4の中古車で最多グレードは上級グレードの2.0GT-Sアイサイトで、約70%という高い比率を占めている。

 年式はバラバラだが、180万~200万円という価格帯が価格や走行距離などのバランスがよく、なかには走行距離が2万kmに満たないクルマも流通している。

●中古車相場:138万~419万円(新車時価格:336万9600~409万3200円)
●流通度:★★☆☆☆
●オススメ度:★★★★★
※中古車相場は「tSモデル」の価格も含む。

■MT車は走行距離が多い傾向 マツダロードスター(2015年5月~)

●オススメ&購入ポイント

 4代目となる現行型マツダロードスター(ND型)は2015年5月に登場。RX-8とシャシーを共有した先代のロードスター(NC型)と比べると、ボディはシェイプアップ、エンジン排気量もダウンサイジングされ、ライトウェイトスポーツに原点回帰した。

 現行型ロードスターの中古車は早くも流通台数が260台にのぼり、平均価格も3カ月前の224万円から216万円へと大きく値落ちしている。

 グレードでは1.5Sスペシャルパッケージが約56.7%を占め、そのうちの76.3%がMT車だ。最量販グレード、1.5Sスペシャルパッケージの中古車の価格帯は134.7万~308万円で、ミッションによる差はない。

 ただし、価格の安いMT車は走行距離が多いものが中心。

●中古車相場:134.7万~312万円(新車時価格:255万4200~325万6200円)
●流通度:★★★☆☆
●オススメ度:★★★★★

■手厚い保証のつくディーラー車が○ ホンダS660(2015年4月~)

●オススメ&購入ポイント

 1996年に生産を終了した軽オープンカー、ビートの後継車といえるのが、2015年に登場したホンダS660。

 エンジンを運転席後方、ミドシップに搭載。MRという駆動方式を活かした高い旋回性能を実現した走りが魅力。

 デビュー当時は長い納車待ちとなっていたS660だが、登場して4年が経過し、中古車の流通台数は約450台となっている。

 平均価格の推移は3カ月前が178万円で、今月は175万円と軽自動車としてはハッキリとした値落ちを示している。これは、中古車の平均走行距離が延びていることが影響している。

 S660の最多グレードは約77.8%を占めている上級モデルのα。200万円を超える高価格車は無限やモデューロXといったコンプリートモデルだ。予算160万~170万円でも走行距離の少ないディーラー物件が狙える。

●中古車相場:105.9万~428万円(新車時価格:198万720~218万5920円)
●流通度:★★★★☆
●オススメ度:★★★★★
※中古相場は無限モデルなどの価格も含む

■人気の特別仕様車が市場に流入 スバル WRX STI(2014年8月~)

●オススメ&購入ポイント

 WRX STIの平均価格は値落ち基調ながら、約356万円とかなり割高感がある。その理由は限定車として発売されたS207やS208といったSTIが手掛けたコンプリートカーが中古車市場に流通しているからだ。

 最多グレードのSTIタイプSは約49%を占めている。現在は100万円台の物件はなく、価格帯は237.8万~446万円で、なかでも280万~310万円のクルマをターゲットとしたい。

 ボディカラーは白かラリーカーを彷彿させる青が多い。

WRX STIの中古車は割高な価格になっている

●中古車相場:237.8万~828万円(新車時価格:386万6400~406万800円)
●流通度:★★☆☆☆
●オススメ度:★★★★☆
※中古相場はS207、S208モデルの価格も含む。

■スポーツカーだがAT車中心 日産フェアレディZ(2008年12月~)

●オススメ&購入ポイント

 6代目となる日産フェアレディZ(Z34型)は2008年12月に登場。2009年にオープンモデルのロードスターを追加するが、5年後の2014年に日本市場から姿を消し、クーペのみとなった。

 現行型フェアレディZクーペの中古車の流通台数は234台。平均価格は212万円で3カ月前からほぼ横這いで推移している。

 ただし、中古車の平均走行距離は3カ月前の5万kmから4.7万kmと減少していることから、価格は変わらないが、コンディションは良化している。

 現行型フェアレディZの中古車で最も多いグレードは最上級グレードのバージョン「ST」で約31.2%を占める。ミッションは圧倒的にAT車が多く、価格帯は120万~408.6万円とかなり幅広い。

●中古車相場:118.9万~529万円(新車時価格:390万744~640万1160円)
●流通度:★★★☆☆
●オススメ度:★★★☆☆

■古い年式は相場に停滞感 日産 GT-R(2007年12月~)

●オススメ&購入ポイント

 日本のおもてなしの文化が生んだジャパニーズスーパースポーツカーが2007年に登場した日産GT-R。発売開始から12年が経過したが、その進化は現在進行形だ。

 GT-Rの中古車の平均価格の推移を見てみると、3カ月前が719万円だったが、今月は686万円と33万円も下がっている。古い年式ほど値落ちしているかと思いがちだが、実際はそうではなく2012~2013年式が3カ月で42万円と最も大きな値落ち幅を示した。

 これは3回目の車検サイクルを迎えたことが要因のひとつといえる。また、流通台数は約170~190台をキープしている。

 GT-Rの最も多いグレードは装備の充実したプレミアムエディションで、約42.1%となっている。新車時価格1000万円近いクルマがその半分の500万円で手に入ると考えると割安感は高い。

●中古車相場:428万~2080万円(新車時価格:1023万840~1870万200円)
●流通度:★★☆☆☆
●オススメ度:★★★☆☆
※GT-Rの中古相場はNISMOモデルの価格を含む

*   *   *

■中古国産スポーツ現行型のオススメは86/BRZ!

 現行型のスポーツモデルの中から、8車種について最新の中古車事情を紹介した。では、いったいこの中でどのモデルがオススメなのか。実はこれが非常に難しい。

 確かに新車時価格の半額であのGT-Rを手に入れられるのはウレシイが、それでも500万円。そして莫大にかかるメンテナンス費用を考えたら軽々しく薦められない。

 そこで、今回は購入費用、走りの楽しさ、そしてスポーツカーらしいチューニングする楽しさという3つのポイントでオススメモデルをピックアップしてみた結果、国産スポーツカーの中古車でお薦めなのは、トヨタ86/スバルBRZとしたい。

 現行車ではトヨタ86/スバルBRZが一番オススメ。スイフトスポーツなら未使用中古車狙いがいいかもしれない。

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ